2017年12月14日 (木)

フィッシングメール

この年の瀬に入って、フィッシングメールがいつもより多く飛び交ってるようですね。私のところにも何通か飛んできましたが、いずれも、私が利用していないところを装ったものだったので、迷わずに迷惑メール設定にしています。
とは言え、中には「それなりの文章」を書いて、まことしやかに誘導したりするのでたちが悪いものです。で、簡単な見分けでウッカリと地雷を踏まないようにしましょう。

フィッシングメールの送り主は「自分のサイトに誘導する」のが目的ですので、ハイパーリンクが使えるHTMLメールで送ってきます。例えば、下の図のような感じです。

Fishing

これは@niftyのWebメール画面で開いたところです(Gmailでも基本は同じになるかと)。HTML表示にして、文面が表示されるようにしましたが、中ほどに「こちら」で示されたハイパーリンクの部分があります。ここにマウスカーソルを乗せてみましょう(乗せるだけですよ!クリックしちゃダメよ!)。すると、ブラウザの最下部にあるステータスバーにそのリンクが指し示す先のURLが表示されます。これと、差出人のメールアドレスのドメイン部分を見比べてみましょう。「ぜんぜん違うドメイン」になってますね(メールアドレスの方は「apple.com」となっているのに、文中のリンクのリンク先の方は「warnning-app1eid-cloudio.online」になってますね。このケースの場合、さらに小文字の「l」を数字の「1」にして紛らわしくしています)。明らかに「怪しい」です。フィッシングメールであることは明らかですね。
とまあ、こんな簡単なチェックでも見破ることが可能だったりします。
後、自分が使っているサービスからのメールの場合、差出人のアドレスを前もってチェックしておくのも「手」です。どうしても判断がつかないような場合は、ご自分が利用されているサービスのサイトに行って、カスタマーサポートに確認するようにしましょう。決して、届いたメールへの返信やリンクをクリックすると言ったことはしてはいけません。

今回はWebメールの画面での確認を例にしましたが、ThunderbirdやOutlookと言ったメーラーでも同様の確認をすることができます。メーラーの場合でも、リンクにカーソルを乗せれば、ステータスバーにリンク先のアドレスが表示されます。

十分注意してネットライフをお過ごしください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

インスタプリント

2017年の流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」なる言葉まで生み出すほど、かなり浸透してきた写真型SNSのInstagram。何と、そのInstagramに投稿された写真を、「カメラのキタムラ」で有名な、株式会社キタムラが写真プリントするサービス、「インスタプリント」を開始しました(元記事はこちら)。

プリントされるものは、写真画像はもちろんのこと、ハッシュタグやコメント、アカウント名、投稿日。これらをLサイズのプリントとして仕上げるそうです。価格は1枚あたり、税込みで86円。
注文はキタムラのWebサイト「インスタプリント」で受け付けており、Instagramのアカウントでログインすると、Snap Memoryが画像やコメントを自動抽出し、プリントしたい画像が選べるようになっています。仕上がりは最短10分で、受取は任意のキタムラの店舗で受け取ることができるようになっているとのこと。

これはなかなか面白いのではないでしょうか。何より、ハッシュタグやコメントもプリントできるところが、「らしい」ところですかね。
Instagramの写真って、基本、正方形になるのですが、プリント紙の長方形であることも相まって、どことなく「ポラロイド写真」で撮ったような感じになるのが、また面白いところではないかと(投稿日も印字されますしね)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

東京メトロのバーチャル旅行アプリ「tento.」

東京メトロはバーチャル旅行アプリ「tento.」(テント)を12/5から配信すると発表しました(元記事はこちら)。対応プラットフォームはiOS。

このアプリは「毎日の通勤・通学を楽しく〜通勤時間を旅の時間に〜」をコンセプトに、通勤・通学区間の累積距離をもとに国内や世界中をバーチャル旅行体験できるコンテンツを収録しております。
また、「東京マラソンコース」、「国内のある文学作品にまつわるコース」、「海外のある大陸を横断するコース」の3つのコースを用意。それぞれのコースを1回ずつクリアすると、最後に隠しコースが選択できるようになるという仕掛けも用意され、1つで4回楽しめる趣向が凝らされています。
「旅を楽しむ」他に、チェックインしているユーザー同士が会話できるチャット機能を用意。チェックイン後2時間のみ利用可能で、発言した内容は30秒で消えるようになっているそうです。

なかなか面白そうなサービスですね。先述の4つのコースにはチェックポイント(世界遺産などの有名スポット)が設定されているとのことなので、スタンプラリー的な要素も加わって、存分に楽しめるのではないかと。
これ、東京都内の地下鉄にこだわらず、単純に累積距離だけで計測するなら、全国各地でも楽しめそうですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

TBSラジオ、プロ野球ナイター中継に幕

TBSラジオは、プロ野球のナイター中継を、この2017年度で終了すると発表しました(元記事はこちら)。
開局の翌年から放送を始め、約65年にも渡って続けていた中継放送に幕を下ろすこととなりました。今回の発表に関して、

首都圏ラジオのプロ野球中継の現状なども鑑み、TBSラジオでは新しいレギュラー番組を開発・編成し、既存リスナーだけでなく、今ラジオを聴いていない新規リスナー獲得を強く目指すことを選択した

としています。そうなると、来年の4月からの放送に「穴」ができるわけですが、それに関しては「現在全社的なプロジェクトチームで検討しており、詳細は来年早々には発表できる予定」としています。

という事で、首都圏ラジオ局では、プロ野球のナイター中継から完全撤退するというのは「初」ではないでしょうか。テレビの方も、地上波ではプロ野球のナイトゲームの中継が不定期となってから大分経ちますが、ラジオの方はそれでも続けていたんですよね。ニッポン放送や文化放送でもやってますからね。文化放送に至っては、試合終了まで完全中継ですし(あまりにも遅くまで続くと、番組が「飛ぶ」ということもあったりします)。そんな中、完全にナイター中継から撤退するというのは、やはりテレビの場合と同じ考えからですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

avex、マストドンへ参入

avexがマストドンへ参入したそうです(元記事はこちら)。ダンスに特化したインスタンス「DANCE-DANCE-DANCE.SPACE」を開設し、11/15から稼働しているそうです。
インスタンスの概要としては「ダンス好きな人が、自分の好きなダンス動画を共有したり、自分で踊ったダンスを投稿したりして、楽しむ」ことだそうです。

このインスタンスにはWebブラウザを通してのアクセスの他、iOS向けに専用のアプリが用意されています。通常、マストドンへアクセスする際には、他のSNSと同様、メールアドレスを使った登録が必要となりますが、このアプリを使うと、avexのマストドンのドメインでのメールアドレスとパスワードが新たに発行され、個人のメールアドレスを収集しないような仕組みになっているそうです。つまり、iOSユーザーは専用アプリを使うだけで簡単にavexのインスタンスへ参加ができるようになるわけですね。

今年に入って、にわかに人気が高まっているマストドンですが、こうした大手企業の参入がきっかけとなって、Twitter並に広まりますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

「SONAR」開発終了

かつてはローランド社製ハードウェア音源にバンドルされ、また単独でも販売されて数多くの人たちに音楽制作の楽しさを広めていたDTMソフト「SONAR」の開発終了が発表されました。
#元記事はこちら
「SONAR」シリーズを開発しているCakewalk社のソフトを販売するギブソンが発表したもの。ギブソンは今回の開発終了を

Philipsブランドにおけるコンシューマオーディオビジネスの成長に重点を置くという同グループの買収戦略に沿って決定した

としています。

昼にこのニュースを見た時は驚きましたね。「SONAR」と言えば、その歴史は古く、DTM(今だと、DAWの方がしっくりきますかね)ソフトの老舗とも言えるソフトでした。結構こなれたインターフェースを持ち、様々なアプローチで音楽を制作することができるという印象でしたね。

とは言え、このソフトも色々あったなぁ。開発自体はCakewalk社が一貫して行なっていたのですが、販売は色々な会社を渡って行われていました。まずはローランド。先述の通り、自社製のハードウェア音源とのバンドルに始まり、単体での販売もしていました。
しかし、2013年にギブソン(って、ギターメーカーだよね)に譲渡され、TASCAMブランドで販売されるようになりました。
そして、この度の開発終了で幕を下ろすことに。

まあ、どんなソフトも突如として開発が終わってしまうことがあるもんですよね。
(Lotus 1-2-3とか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

声優 鶴ひろみさん逝去

声優の鶴ひろみさんが急逝されました。57歳。

11/16夜に、高速道路の路肩に停車中のところを発見され、病院へ救急搬送されましたが、搬送先の病院にて亡くなられたそうです。
死因は大動脈解離と発表されています。この大動脈解離という病気、突発的に発するそうですが、全身を激痛が駆け巡るそうです。車を運転中にこの大動脈解離に見舞われたようなのですが、体中を激痛が走る中、車を路肩へ寄せ、ハザードまで炊いて、他の車を巻き込まないようにしていたことに、鶴さんの心配りといいますか、凄さを感じざるを得ません。

番組開始当初から、「アンパンマン」のドキンちゃんの声を担当しておりましたが、他にも「ドラゴンボール」のブルマや「らんま1/2」の久遠寺右京などの声を担当されておりました。数々の役を演じられておりますが、私的には「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかが一番に思い浮かびますね。一本気というか、芯の通った女性の役が多かったような気がします。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝、PC事業も売却か

共同通信が、東芝がPC事業売却の方針を固めていると報じました
売却の交渉相手は台湾のASUS。

先日、テレビ事業を中国のハイセンスに売却することが報じられましたが、それに続いての事になります。
東芝は今年になって暗雲が立ち込めていましたが、後半、年の瀬に近づいてから一気に整理を進めてきましたね。長く務めていた、「サザエさん」のスポンサーからも降りるようですし、いよいよもってどうなるかが気になるところです。

これで売却が決まれば、かつては国内のPCの製造・販売を担っていた電機メーカーは軒並み撤退(しかも、海外メーカーに売却という形で)ということになります(コンシューマー向けに限って言えば)。
やむなしのところがあるとは言え、海外資本に持っていかれるというのが何とも言えないところですね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

Twitter、「名前」の文字数を50文字に拡張

Twitterのネタが続きますが、この程Twitterでは、1投稿の文字数拡張の仕様変更に続いて、ユーザー名の文字数をこれまでの20文字から50文字へと拡張しました。
#元記事はこちら

ここでいう「名前」というのは、"@"で始まるユーザーIDのことではなく、投稿時やユーザーページで表示される個々の利用者を識別するための名称のこと(私の場合だと「あ~かいば」がそれになります)。
どういった経緯で今回の仕様変更がされたのかが不明ですが、これにより、法人の公式アカウントなどで組織名が長い場合でも対応できるようになります。それと、芸能人辺りはイベントやCDやDVDのリリースなどの告知でもより明確な説明が書けるようになるかと。
なお、今回の変更は日本でも適用されます(というか、既にされています)。

Twitterを使ってブランディングや宣伝をしている人にとっては、今回の仕様変更は、かなり有益なことではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

Twitter、文字数制限を280文字に拡張

以前この記事でお伝えしたTwitterの文字数制限緩和テストですが、無事テストも終わり、正式に制限文字数を280文字に拡張したそうです。
#元記事はこちら
ただし、テストと同様、日本語、中国語、韓国語圏ではこの仕様は適用されないとのこと。

英語圏においては、全投稿における9%が140文字という文字数制限に引っかかっていたとのことですが、9月に行っていた緩和テストの結果、制限文字数を280文字にしたところ、制限に引っかかってしまった投稿は全体の1%までに低下したそうです。
制限文字数が増えたことで、1投稿当たりの文字数が増え、タイムラインが見辛くなるのではという懸念もあったそうですが、蓋を開けてみれば、1投稿当たりの文字数はテスト実施前と殆ど変わらず、こうした心配は杞憂に終わったということです。その結果を踏まえて、今回の文字数制限拡張の実装に踏み切ったそうです。
ただし、先にも述べた通り、日本語、中国語、韓国語については、従来通りの140文字が制限となります。

ただ、表向きでの文字数制限は140文字なのですが、ちょっとトリッキーな仕様となっておりまして、昔の表現を使うならば、全角文字では1字とカウントするのですが、半角文字を使うと0.5字というカウントになるそうです。まさか、UNICODE全盛となったこのご時世に、全角/半角の概念が再び出るとは思いませんでしたね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今年最後の三連休