2019年6月24日 (月)

au WALLET、現金によるチャージ手段にセブン銀行ATM追加

auのポイントサービス「au WALLET」。ポイントを貯め、そのポイントで買物ができ、また「au PAY」にチャージすることで、バーコード決済ができるようになるわけですが、このポイントチャージの手段にセブン銀行のATMが加わりました。
#元記事はこちら

セブン銀行ATMでのチャージ方法は、現金によるチャージ。これまで、現金によるチャージは、auショップかローソンでしか行なうことができませんでした。また、その際にはau WALLETカードが必要でした(プリペイド式クレジットカードにチャージして使う方式のため)。今回追加されたセブン銀行でのチャージでは、スマートフォンにau WALLETアプリをインストールしてあればOK。
チャージするには、

  1. アプリを起動し、「チャージ(入金)」を選択
  2. 「その他チャージ方法」から「セブン銀行ATMチャージ」を選択
  3. セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択
  4. 画面にQRコードが表示されるので、アプリ画面に表示されている「QRコードをスキャン」をタップ
  5. ATMの画面で「次へ」ボタンを押し、スマホ画面に表示されている企業番号をATMに入力
  6. ATMの案内に従い、チャージ金額を1000円単位で入金
  7. ATMの画面で入金金額を確認

以上でセブン銀行ATMでの入金が完了します。

これまではショップやローソンの店員を介在させなければなりませんでしたが、これによりチャージがより簡単にできるようになります。何より、au WALLETカードを読み取り機に通す必要が無くなるのが便利ですね。通し方によっては、何度もやり直す羽目になりますから。
後は、ローソンATMでもできるようになるといいかなと。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

ビジュアルクイーン撮影会2019

雨が降ったり止んだりと安定しない天気だった今日、ワンエイトプロモーションが主催する撮影会「ビジュアルクイーン撮影会」に行ってきました。
年に1回、この時期に「としまえん」のプールを舞台に開催する撮影会、毎年行ってみようと思いながら、色々と予定が重なって行けずにいましたが、今年はようやく行くことができました。
全体で3部構成になっている内、ラストの第3部に参加。時折、ポツポツと雨が降る中、90分の撮影会を楽しみました。

参加したモデルは

  • 青山ひかる
  • 彩川ひなの
  • 伊織もえ
  • 江藤菜摘
  • えなこ
  • 忍野さら
  • 火将ロシエル
  • 片岡沙耶
  • COCO
  • 沙倉しずか
  • 椎名香奈江
  • 清水あいり
  • 霜月めあ
  • 祥子
  • 鈴木ふみ奈
  • 高橋凛
  • 谷かえ
  • ちとせよしの
  • 長澤茉里奈
  • 奈月セナ
  • 夏本あさみ
  • 花咲れあ
  • 林ゆめ
  • 早瀬あや
  • 平嶋夏海
  • 山吹りょう
  • RaMu
  • 璃子

の28名。そこに、光文社が開催しているオーディション「ミスFLASH2020」の参加者から、上位10名の参加者がモデルとして参加しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

「ヤヌスの鏡」、34年振りに再映像化

1985年にフジテレビで「ヤヌスの鏡」というドラマが放映されていましたが、この「ヤヌスの鏡」が34年振りに映像化されることになりました。
#元記事はこちら

原作は1981年から1982年に「週刊セブンティーン」にて連載されていた、宮脇明子氏の人気漫画。今回の映像化に当たっては、フジテレビが再び制作するのですが、地上波での放送ではなく、FOD(フジテレビ・オン・デマンド)での配信という形で展開されます。
ただ、FODでの配信番組であっても、後々に地上波で放送されることもあるので、今回の「ヤヌスの鏡」も地上波で放送されるかもしれませんね。

さて、この新版「ヤヌスの鏡」ですが、8月からの配信開始となります。キャストは主人公の小沢裕美(ひろみ)/ユミを桜井日奈子が担当します。今回、桜井日奈子が選ばれた理由として、

この役柄はとにかく普段とのギャップ、不良少女のイメージからかけ離れている方に尽きる!

ということから選ばれたそうです。
元記事の方では、裕美とユミのイメージショットが掲載されていますが、たしかにギャップはありますが、旧作ほどの大きな変化はないんですよね。まあ、「不良少女」のイメージが34年前とは変わってきているのかもしれませんが、ちょっと「おとなし目な変化」なような気がします。旧作では大胆に変わりましたからね。メイクもきつめで若干濃い目で、髪型もパーマを当てたスタイルだったんですよね、旧作は。とは言え、別人格であることは表現できているかなと。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

富士フィルム、白黒フィルムを今秋に発売

今や写真と言えば、デジタルデータのものが主流でありますが、チェキやフィルムによる写真も根強く支持されています。そんな中、富士フィルムは、この秋に、新たな白黒フィルムを発売します。それが「ネオパン100 ACROS II」。
#元記事はこちら

発売されるサイズは35mmとブローニーサイズで感度はISO 100。
富士フィルムでは、2018年の秋に、需要減少と原材料の入手困難を理由に、白黒フィルムの販売を終了していましたが、愛好家やSNS世代の若年層を中心に販売継続を求める声が多く寄せられたことを受けて、再開のための検討を進めてきたそうです。そこで、入手困難となった原材料の代替品を探すことから始め、新たな原材料に合わせた製造プロセスの見直しによりアクロス IIを開発。従来品の「ネオパン 100 ACROS」に比べてハイライト部の階調をメリハリのある設計とし、立体的な階調再現としました。

ユーザーからの熱い要望で、まさかの再販、よりグレードをアップしての新発売となりました。フィルム写真については、古くからの愛好家はもちろんのこと、SNSでデジタルから始めた若年層にも人気が広まりつつあり、今でも一定量の供給はされているのですが、白黒フィルムについては、先述の通り、販売が終了していました。しかし、そうした人たちからの熱い要望で、新たに研究し、発売される運びとなりました。こうした形で復活するというのはいいものですね。
白黒フィルム、基本的に低感度のフィルムなのですが、それだけに肌目の細かい描写をしてくれますので、独特の味わいがあって、好んで使う人もいらっしゃいますよね。また、フィルムなので、気に入った写真は大きく引き伸ばすこともできますし。
フィルム写真に興味があって、白黒写真を撮ったことがない人は、一度は試してみるのもいいと思います。

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

au、迷惑SMS、電話を検知するアプリ

KDDI、沖縄セルラーは、本日6/4、迷惑SMS・電話を検知し、スマホに警告表示するサービス「迷惑メッセージ・電話ブロック」アプリの提供を開始しました。
#元記事はこちら
アプリはiOS版、Android版の両方をリリース。ただし、利用するにはauスマートパス会員、もしくはauスマートパスプレミアム会員のいずれかに加入していなければなりません。

このサービス(並びにアプリ)は、警察・自治体からの情報提供や、トビラシステムズが収集し構築した「迷惑電話番号データベース」を使い、迷惑SMS・電話と思われる電話番号からの着信を自動的に検知し、警告表示を行なうもの。迷惑SMS・電話と思われる電話番号からの着信時に警告画面を表示。iOSのメッセージの場合は迷惑SMSフォルダに振り分けられるようになっています。
また、トビラシステムズの事業者電話番号データベースをもとに、公共施設や企業などからの着信時に、発信元名称を自動で表示。スマホのアドレス帳に登録のない番号でも、着信元がわかるため、電話に出るべきかどうかの判断をしやすくなるとしています。

架空請求詐欺、オレオレ詐欺、還付金詐欺などの特殊詐欺による2018年の被害総額は363.9億円、被害認知件数は16,000件以上に上ると言われています。さらに近年は迷惑電話に加え、宅配業者を装った詐称SMSなど、SMSを用いた巧妙な手口による架空請求被害も増加。こういった事情を踏まえ、KDDIは、これまで迷惑電話対策として提供してきた「トビラフォンモバイル for au」に迷惑SMS対策機能を追加し、新たなサービスとして迷惑メッセージ・電話ブロックを提供するとしています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

外国人の部下とうまくコミュニケーションを取るコツ

昔に比べて、昨今は、外国人労働者と一緒に仕事をする現場が増えていますね。ソフトウェア開発の現場は、他の業種に比べていち早くそうした状況になっています。私が勤めている会社は日本人労働者と外国人労働者の割合がほぼ半々でして、社内に戻ると、色々な言語が飛び交うといったことがあります(基本的には、外国籍の方々も日本語が話せるので、全くコミュニケーションが取れないというわけではないです)。
そうしたオフィスの状況変化もあり、外国人の部下を持つことも当たり前のことになりつつあります。今回は、外国人労働者と一緒に仕事をすることになった場合に、どのようにコミュニケーションをとるべきかを紹介しましょう。元記事はlifehackerです。

さて、私はそんな風には思わないのですが、外国人労働者を部下に持った日本人マネージャーは彼らに対し、「指示通りにやってくれず、期限も守らない」 といった不満を抱いているそうです。ただ、これには日本人マネージャー側に問題がある場合が多いそうです。問題となるのは「指示の伝え方」で、多くの日本人マネージャーの伝え方は

  1. 伝わりにくい言葉を多用する
  2. 伝わりにくい話し方をする
  3. 言わなくてもわかっていると思う

の3パターンになるそうです。ここが外国人労働者とのコミュニケーションの阻害要因となるとのことで、これを改善する必要があるということです。

まずは「伝わりにくい言葉を多用する」から。ここで言う「伝わりにくい言葉」とは、あいまい言葉、カタカナ言葉、専門的すぎる言葉の3種類だそうです。あいまい言葉とは、例えば「例の報告書」「できるだけ早く」「キリのいいところで」といった、日本人なら当たり前のように使っている表現です。実際、古来から日本人は大切なことをぼやかして伝えることがありますね。しかし、外国人からすれば、「どの報告書なのか?」「何日、何時までになのか?」「どの時点で、なのか?」となり、重要なところがわからないままとなり、仕事の進行に支障をきたすのです。
カタカナ言葉も意外と落とし穴になるそうです。カタカナ言葉と言うと、「外来語じゃないの?」と思われがちですが、和製英語なんかも混じっています。これが厄介ですね。しかもそもそもカタカナ言葉は「日本語に置き換えるのが困難な言葉を音的にカタカナで表現している言葉」だそうで、根本的な問題で、その言葉の本質を理解していないことを表しているんですね。なので、これまたあいまい言葉になって、意味が通じていないことがあるそうです。
それと専門用語の多用も問題となるようです。「専門用語くらい覚えておけ」と思うかもしれませんが、本当の意味での専門用語(Technical Term)ならいいですが、業界固有(または社内固有)の言葉を使われても、「それはどういう意味ですか?」となって、やはりコミュニケーションの阻害要因となります。
(元記事では「サッカー」という、コンビニエンスストアで使われる言葉が例として挙がっていますが、業界以外の人間にとっては、十中八九、球技の「サッカー」を思い浮かべますよね)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

紙巻タバコ、追いやられる

健康上の観点で、喫煙者は日々、肩身の狭い思いを強いられていますが、紙巻たばこを巡っては更に厳しくなりそうです。

まずは喫茶店のルノアールは、2020年4月1日からグループ全店舗での紙巻たばこの喫煙を禁止することを発表しました。2020年4月に施行される受動喫煙防止法に基づいたルール変更によるもので、現在は、一部の完全禁煙の店舗を除いて、喫煙席、禁煙席と分煙化されていますが、2020年4月以降は、喫煙席では加熱式タバコのみが利用可能となり、紙巻タバコは完全禁止となるそうです。
#元記事はこちら

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

コクヨ、姿勢を改善する新型オフィス向けデスク「UPTIS」発表

昨日、この記事で正しい姿勢を撮ろうとすると、日本のオフィス向けデスクはうつむき加減の姿勢になってしまうということを書きましたが、タイムリーにも、コクヨからそんなうつむき加減となる姿勢を正せるオフィス向けデスク「UPTIS」(アプティス)が発表されました。
#元記事はこちら

特徴は、座る人に合わせて天板が8段階(最大12度)に傾けられること。傾斜によってノートPCのディスプレイを高い位置に配置できるため、自然とディスプレイを見上げる姿勢になり、首や手首への負担を軽減できるといいます。
傾けられるスペースの横には、小物を収納したり飲み物を置けるサイドテーブルを備え、オプションでメモやマグネットを貼り付けられるデスクトップパネルやPCディスプレイ台なども用意するそうです。

よく言われる話ですが、人間の頭は体重の一割ほどの重さがあり、それを頭より細い首が支えています。姿勢によってはかなりの悪影響があり、例えば、体重が60キロの人がうつむいた姿勢で頭を前に30度傾けると、首への負担は約18キロ相当、60度傾けると約27キロ相当までになるそうです。そんな負担を首にかけ続けていると、神経の圧迫や首まわりの筋肉疲労などで椎間板症や頸椎ヘルニア、さらに腰痛や膝の不調などの慢性疾患を引き起こすこともあり、耳鳴り、めまい、逆流性食道炎のような内部疾患や、自律神経失調症、脳梗塞、うつ病といった病気の引き金になることもあるそうです。
コクヨはスマートフォンやPCの普及によってうつむき姿勢が増えたオフィスワーカーに着目して、UPTISを開発。ユーザーが自然と姿勢を正せるようにするのを商品の狙いとしているそうです。
UPTISは6月3日からの発売予定で、価格は13万2000円(税別)からとなります。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

決めたことを毎日の習慣にするコツ

皆さん、何か習慣的に続けようとしているものはありますか?また、それは継続的に続いていますか?私もちょこちょこと何かやろうと思ったりするのですが、なかなか続かないことが多々あります。そのような人でも、決めたことを毎日の習慣にすることができる「コツ」をlifehackerでまとめています。見たところ、運動に関する習慣化についてまとめているようですが、運動以外にも適用できるのではないかと思います。

例えば、「月単位で目標を設定する」、「決意に理由をつける」なんかは、運動だけではなく、学習にも活用できそうですね。ただ、この中で「これはどうかな?」と思えるのが、「しっかりと座る」。まあ、きちんとした座り方をするのは大切なことだというのはわかるのですが、この中の

コンピュータの画面の高さを目のところまで上げる

というのが、場合によっては難しいかなと。自宅で使う机ならば、自分に合わせて選ぶことができるので、購入する際は椅子の高さ調整も踏まえて自分で選ぶことでこれを実現することができます。しかし、オフィスとなると話は別(むしろ、そのオフィスの方が長い時間いると思うのですが)。新しいオフィスだと、比較的オフィス家具も、こうした人間工学に基づいた設計のものもあって、それを選んでいるところもあると思うのですが、そうでないところだと厳しいですね。だいたい、椅子もそうですが、日本のオフィス家具って、低めに設定されているんですよね。しかし、近年の日本人の体型は欧米化しつつあり、座ったときでも、昔にくれべれば、目の位置が高い位置に来ています。そのため、旧来のデザインのオフィス家具で仕事をすると、ここで上げてる姿勢を保つのが難しいんですよね。実際、私も椅子の高さを調整して背筋が伸びるようにしているのですが、そうすると、コンピューターの画面は結構下の方になり、うつむき加減の姿勢で仕事をすることになるんですよ。これがまた苦痛。ただ座ってるだけなんですが、異様に疲れるんですよね。なので、座る姿勢は、場合によっては気を付けるのが難しいのではないかと思います。
それ以外については、まあ、何とかできるかなぁと。試しにやってみるのも悪くはないですね。

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

バイクのサブスクリプションサービス「月極ライダー」

ヤマハ発動機は、5月22日に埼玉県でオートバイの月額制の貸し出しサービス「月極ライダー」の実証実験を開始しました。リーズナブルな価格でバイクに乗れる機会を設け、免許を取ったばかりの人や“休眠ライダー”の需要を掘り起こすことを目指すようです。
#元記事はこちら

月額料金は、該当バイクの購入時にかかる総額(保険料や税金、メンテナンス費用などを含む)の5%の価格。そのため、車種によって料金が変わります。30日単位でレンタルすることができ、2ヶ月目以降は好きなタイミングで返却することができます。最長で6ヶ月間のレンタル機関ですが、気に入れば購入することも可能となるそうです。
実証実験は2020年5月末で実施(約1年の実施期間になりますね)。反響を踏まえ、同年以降にサービスエリアを拡大する予定だそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«文科省、小学校のプログラミング教育の研修教材を公開