2019年4月22日 (月)

日本マイクロソフト、今夏、週休3日制を試験導入

政策としても「働き方改革」が叫ばれる今日、日本マイクロソフトがこの夏に面白いことを実験します。それがお題にある「週休3日制」。
#元記事はこちら

これは、日本マイクロソフトの自社実践プロジェクト「ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏」の中で実践するもの。8月の金曜日をすべて休業とし、オフィスを閉めて同社2300人ほどが特別有給休暇を取得するというもの。
日本マイクロソフトは、2007年に在宅勤務の基盤を整備したり、2011年から働き方改革を本格的に推進するなど、「働き方改革」については、他社より一歩抜きん出て取り組んでいる会社。そうした中で今回、週休3日制を試験的に導入することを決めました。
また、この「ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏」では、休日に行われる自己学習や社会貢献活動、私生活を充実させるための費用を最大10万円程度支援し、異文化業種体験や社会貢献活動の紹介なども行うとのこと。同プロジェクトはさまざまな項目で効果測定を行い、今後の働き方改革にフィードバックする他、2020年の8月も同様に実践プロジェクトを実施する予定としています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

ドトールコーヒー、6月からdポイントに乗り換える

ドトールコーヒーは、2019年6月3日から全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオールカフェなどで、NTTドコモの「dポイント」の取り扱いを始めることを発表しました。
#元記事はこちら。

ドトールはこれまで、CCCの「Tポイント」を採用していましたが、4月19日に「Tポイント」の扱いを取りやめ、6月3日から「dポイント」の取り扱いを始めることになります。
「dポイント」の取り扱いを始めるまで間が空きますが、4月22日から全国のドトールコーヒーやエクセルシオール カフェで、dポイント会員向けのコーヒー サイズアップキャンペーンを実施します。第1弾は4月22日から28日まで、第2弾は5月22日から31日まで。SからM、MからLなど同じ料金でワンサイズアップが図れます。

元ドコモユーザーの私としては、今回のニュースは「よりを戻したのかな」といった感じです。「dポイント」の前身である「ドコモプレミアクラブ」時代に、ドトールはワンサイズアップクーポンを提供していたんですよね。「Tポイント」の取扱をしてる間はどうだったかはわかりませんが、再びドコモとタッグを組むんだなと言った感じです。
しかし、「Tポイント」はどんどんパートナー企業が抜けていくな。ファミリーマートも抜けるという話がありましたが、今のところは取り扱いを続けるみたいですけど。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

日本漫画界の巨星墜つ

今週は、日本漫画界において、悲しい話が続きましたね。

まずは17日に発表された、モンキー・パンチ先生の逝去。4/11に肺炎のため、81歳でお亡くなりになられました。モンキー・パンチ先生といえば、「ルパン三世」シリーズが思い浮かびますね。1967年に「週刊漫画アクション」で連載が開始され、TVアニメ化、劇場版、実写劇場版、果ては宝塚での舞台化とあらゆるメディアで展開されてきました。
また、「ルパン三世」だけではなく、多くの作品もアニメ化されました。

そして、本日訃報が知らされたのが小池一夫先生。小池先生は17日に肺炎のため、82歳でお亡くなりになられました。
小池先生は漫画家として画は描かず、漫画の原作を書き続けられていました。しかも、誰一人と固定とせず、多くの漫画家の方たちとタッグを組み、多くの作品を世に出されました。中でも有名なのはやはり、「子連れ狼」でしょうか。ジャンルも多岐に渡り、先の「子連れ狼」や「弐十手物語」、「乾いて候」といった時代劇作品から、「クライングフリーマン」や「マッド★ブル34」、「修羅雪姫」といったハードボイルド作品までいろいろな作品の原作を手がけられました。1970年にはモンキー・パンチ先生と組まれて、「書記官鳥」(セクレタリー・バード)という作品も発表されていますね。
また、漫画原作だけではなく、作詞も手がけられていました。「マジンガーZ」、「グレートマジンガー」、「電子戦隊デンジマン」、「大戦隊ゴーグルファイブ」、「科学戦隊ダイナマン」のオープニング、エンディングテーマの作詞を手がけられていたんですね。もちろん、小池先生の代表作、「子連れ狼」の主題歌も先生が手がけられています。

共に、日本漫画界の発展のために色々とご尽力されていました。お二方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

LINE Pay、単体アプリになる

LINE Payは17日、LINE Pay専用アプリのAndroid版を提供開始しました。まずはAndroid版のみの提供で、iOS版は近日提供予定。
#元記事はこちら

これまで、LINE PayはLINEアプリの中のLINEウォレットの中から利用できるようになっていましたが、分離することにより、よりバーコード決済に特化した使用ができるようになります。これにより、バーコード決済をするために起動させた際、毎回パスワードを入力する必要があったものが、パスワード入力をなくし、簡略化されました(パスワード認証を使うようにもできます)。
決済機能の他、クーポンやキャンペーン情報をわかりやすくまとめたり、お店のマップも搭載。どこの店で使えるか、をよりわかりやすく提供していく予定になっています。

先週あたりに、Twitterでアンケートと言うか、意見を求める投稿をしてましたね。その時の要望がいくらか盛り込まれてたりすんですかね。まあ、単独で使えるようになったのはプラスではないでしょうか。他の「〇〇Pay」が単独アプリで、すぐに使えるようになっていることを考えると、LINEアプリとは別にしたことはいいことだと思います。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

au PAY

さて、キャッシュレス化の流れで、色々なところから「〇〇Pay」と言う、バーコード決済サービスが出てきていますが、auも4月9日からこれに参入しました。auのバーコード決済サービス「au PAY」です。

auには、既にキャッシュレス決済の手段として、「au Wallet」がありますが、「au Wallet」はプリペイド型のクレジットカードを使用した決済を提供していますが、今回の「au Pay」はこの「au Wallet」での「もう一つの決済手段」として登場しました。
多くの「〇〇Pay」は資金源(銀行口座やクレジットカードなど)とアプリを直結して決済できるようにしていますが、「au PAY」は「au Wallet」を資金源として活用されます。つまり、資金源(銀行口座やクレジットカード、auポイント)と直結せず、「au Wallet」を仲介して決済する仕組みになっています(下図を参照)。

Aupay

他の「〇〇Pay」と比べるとまどろっこしい感じがしますが、独自の「auポイント」もチャージ対象になるので、このような仕組みになったのでしょうね。このような仕組みからか、「au PAY」は新たにアプリをリリースせず、従来の「au Wallet」と一体化しています。そのため、「au Pay」を使うには「au Wallet」アプリを最新版にアップデートする必要があります。

試しに使ってみましたが、結構すんなり使えましたね。また、セキュリティ対策なのか、決済後にメールで通知されるようになっています。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

Amazonプライム値上げ

アマゾンは定額サービス「Amazonプライム」の値上げを発表しました。年会費、月会費共に値上がりで、年会費は3,900円から4,900円、月会費は400円から500円となります。また、学生向けの「Prime Student」も値上げで、年会費が1,900円から2,450円、月会費が200円から250円となります。

年会費が一気に1,000円も値上げしましたが、日本での値上げは、2007年のサービス開始から初めてのこと。今回の値上げについて、アマゾン側は

(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした。

としています。

日本においては「1,000円も…」と思う人が多いですが、アメリカでは2014年に年会費が79ドルから99ドル、2014年に月会費が10.99ドルから12.99ドル、年会費が2回目の値上げで99ドルから119ドルへと値上げをしています。今(2019/4/12現在、1ドル=約111円)のレートに換算すると、年会費が13,209円、月会費が1,442円となっており、実はそれほど高い値段ではなかったりします(まあ、物価や景気の違いがありますが)。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

ファミマ、大きく動く

コンビニエンスストア大手のファミリーマートは、本日大きなニュースを発表しました。

まず1つは独自バーコード決済サービス「ファミペイ」。7月にリリースを予定しており、クーポンや電子レシート機能に加え、独自電子マネーによる決済機能や個人間送金、貸付/後払い、投資運用、保険に対応するそうです。 この記事でセブンーイレブンが同じくバーコード決済サービス「7pay」を始めることを書きましたが、奇しくも、こちらも7月からサービス開始を予定しています。発表的にはセブンーイレブンの方が早かったので、セブンーイレブンを意識してのことでしょうか。
#元記事はこちら

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

モバイルSuicaの銀行チャージ、9月に終了

JR東日本は、モバイルSuicaにおける「銀行チャージ」を7月24日より順次終了することを発表しました。
#JR東日本のニュースプレスはこちら

一斉に終了するわけではなく、銀行によって終了日が異なります。まずは7月24日に三菱UFJ銀行、9月25日にみずほ銀行とじぶん銀行でのサービスが終了します。
銀行チャージ(銀行口座からのチャージ)は、Androidスマートフォンとフィーチャーフォン(ガラケー)向けに提供されていたサービスですが、「ご利用状況をふまえ、お取り扱いを終了させていただくこととなった」とのこと。なお、クレジットカード決済や現金によるチャージは引き続き行われます。

まあ、確かに銀行口座からのチャージはちょっと中途半端かもしれませんね。クレジットカードを持てない(持たない)人であれば、現金でのチャージの方が早いですし、現金をあまり持ち歩かない人はクレジットカードで決済するでしょうしね。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

天気がいいのでブラブラと

先週、先々週と週末は肌寒い日でありましたが、今週は春らしく(初夏並み?)暖かな日となりました。なので、今日はカメラを持ってちょっとブラブラとしました。

まずは北区にある「名主の滝公園」。去年の11月にも行っているのですが、その時は滝は流れておらず、ちょっと肩透かしを喰らいましたが、今日は流れていました。

名主の滝

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

7月に登場「7pay」

7月からセブンーイレブンでバーコード決済「7pay」が開始します。
#元記事はこちら

7月のサービス開始当初は、「セブン‐イレブンアプリ」から登録して、QR/バーコード決済を可能とします。10月には専用の「7pay」アプリを配信し、新機能を追加、セブン&アイグループ外の加盟店でも利用可能になる予定。
使い方は「7pay」アプリにマネーをチャージして利用。チャージに使えるのは、店頭レジ、セブン銀行ATM、クレジットカードが用意されます。
「7pay」を利用することでの特典は、nanacoポイントが貯まり、支払200円(税抜)につき1nanacoポイントを付与。アプリに紐付したnanacoポイントやバッジ、グループの特典プログラムであるマイルも継続して貯められます。また、9月からは「セブンマイルプログラム」とも連携。グループ横断的なロイヤリティプログラム等も拡充していく予定としています。

ついにと言うか、コンビニエンスストアからも独自のバーコード決済サービスが登場しましたね。でも、既存の決済サービスと違って、セブンーイレブン、広がっても7&iグループのお店で閉じてしまうようですね。買い物のメインが7&iグループのお店の人は、まあ使えるんでしょうけども、そうじゃない人にとっては使い所があまり無さそう(いくら店舗数がコンビニチェーン店随一とは言え)。
それとnanacoポイント。「200円に付き1ポイントだと、使わない方がポイントが貯まるんじゃないか」と考える人もいるかと思います。確かに、現在は100円に付き1ポイントなのですが、同じく7月からポイントプログラムが変更され、通常の買い物でも200円に付き1ポイントに変更になります(元記事はこちら)。なので、「7pay」決済でもその他の決済でも、nanacoポイントの取得レートは変わりません。

なんか、迷走しているように見えるなぁ。少なくとも、私は利用する気にはなりませんね。セブンーイレブンも、何故今どき、自グループ内で閉じるようなサービスを展開しているんだろ。現状、Paypayなどのバーコード決済サービスには対応するつもりも無さそうだし。

| | コメント (0)

«CSテレ朝、GWに平成ライダー200話放送