2020年8月 3日 (月)

「ALL ABOUT namco」復刻

ナムコ(現バンダイナムコ)が1978年から1985年に発表したアーケードゲームの解説、キャラクターのドット絵パターン、BGMの楽譜などを集めた資料集「ALL ABOUT namco ーナムコのすべてー」。この本が復刻再版されました。
#元記事はこちら

この本の初版が刊行されたのは1985年。なんと35年前。まだ「昭和」と呼ばれていた時代なんですね。この頃からナムコのゲームは人気作品が目白押しでしたね。今でも世界中で愛されるキャラクター「パックマン」や「スペースインベーダー」を色々な角度で進化させたかのような「ギャラクシアン」、その進化版「ギャラガ」、「裏」ストーリーとも呼べる設定が魅力的だった「ゼビウス」。これらのゲームが生まれたのが、この本にまとめられている1978年から1985年なんですね。
内容も盛りだくさんで、先述したように、各ゲームのキャラクターのドット絵パターンやイメージイラスト、ゲーム中に流れるBGMの楽譜、ステージマップなども掲載されていました。私、実はこの初版本を持っていました。内容がかなり充実していますので、厚みのある一冊でしたね。まさに「事典」もしくは「聖書(と書いて「バイブル」)」ともいえる一冊です(時期は忘れましたが、後に続編である「ALL ABOUT namco Ⅱ」も刊行されました)。楽譜が掲載されていたので、自宅のパソコンで演奏させたりしていましたね。当時のナムコゲームファンにとっては「必携の書」とも言えましたね。

今回の再販、全国発売は8月31日なのですが、先行して、一部店舗では8月22日から販売されるそうです。価格は税込みで4730円。初版本っていくらだったかなぁ。確か3000円はしていなかった記憶があります(当時のLPアルバムと同等だった気がするなぁ。中学生でも買えたくらいだから)。
中身としてはかなり古いですが、今見ると、新しい発見があるかもしれませんね。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

関東梅雨明け

8月に入った今日、関東甲信地方は梅雨明け宣言が出されました。

関東地方で8月に梅雨明け宣言が出されたのは13年振りとのこと。例年よりも11日遅い梅雨明けとなりました。

例年ならば、7月も下旬になれば梅雨も明け、学生たちも夏休みが始まったところなので、「夏本番」と言えるような状況ですが、今年は対照的に長雨の日が続きました。そのため、結構鬱々とした日々が続きましたね。連日の雨で外に出かける機会も、例年に比べると減っていたのではないでしょうか。
それが、8月に入った途端(まさに入った途端)、久し振りに太陽が燦燦と輝き、夏らしい気温の日となりました。そして「梅雨明け宣言」。今年はタイミングよく切り替わった感じですね。

さて、これからが「夏本番」となるわけですが、今年はコロナ禍の中ですので、マスクが手放せない状況となります。マスクの中は蒸れやすく、マスクが無い状態よりも水分を失いやすくなりますので、熱中症には例年以上に気を付けてください。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

セブンイレブン、9月からセルフレジスタート

セブン‐イレブン・ジャパンは「お会計セルフレジ」を、9月以降順次、全国のセブン‐イレブン店舗に導入。2021年8月までに、全エリアへの導入完了を目指すそうです。
#元記事はこちら。

形としては、既存のPOSレジスターを活用しながら、現金会計用の精算機やカード読み取り端末を設置。現金での会計は、客側に設置された精算機を使用し、客自身で行ない、キャッシュレス決済の場合は、決済方法を選択して会計する方式を採ります。

コンビニ大手の中では最後にセルフレジを導入することになったセブンイレブンですが、現金決済も対応するんですね。これはファミリーマートやローソンには無いので、「最遅ならではの差別化」と言ったところでしょうか。実際、まだキャッシュレス決済に踏み切れていない人もいますし、そうした人にも使われるためには、こうした設備も必要になりますね。スーパーなどで導入してるセルフレジのシステムとコンビニのシステムを合わせた感じでしょうか。

徐々にセルフレジを導入するところが増えています。導入当初は老若男女問わず、皆戸惑っていたりしていましたが、人間「慣れる」もので、スーパーでもそんなにまごつく人は見かけなくなりましたね(まあ、小銭を使おうとすると手数が増えますが)。
レジ業務については、どんどん省力化が進むのかな。

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

定額給付金、ようやく振込

本日、コロナの特別定額給付金が振り込まれました。

私が住んでいる地域は5月に申込用紙の配布が始まりました。申し込みに必要な書類を集めて、5月下旬に郵送で申し込みました。なので、申し込みから振込まで2カ月ほどかかったことになります。
給付金の申し込みから振込までは各市区町村で行なわれるため、自治体によっては申し込みから振込までの期間は大きな幅があります。早いところは一月以内に振込まで行われていましたからね。実際、どれだけの開きがあるかわからないので、一概には言えませんが、自治体によってスピード感が違うかなと。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

東京Lilyフォトセッション

今日は1月以来、久し振りに東京Lilyのフォトセッションに行ってきました。

1月に行った時には、他社のスタジオを借りて行っていましたが、元々撮影会を開催しているビルの中に1フロアを増床し、そこで開催するようになっていました。7つのブースに区切られ撮影できるようになっています。しかし、このご時世なので、フルに7つを同時には使用せず、4つのブースを使うようになっています。

さて、本日のセッションの参加モデルは、

  • 依東杏奈
  • 南かれん
  • 藤森わかば
  • 真野柚希
  • 藤乃あおい
  • ななせあらた
  • 鈴原かおり

の7名でした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

週プレの「スーパー戦隊ヒロイン」特集

さてさて、今週の週刊プレイボーイは「スーパー戦隊ヒロイン」を大々的に特集。過去にも戦隊シリーズやライダーシリーズ、ウルトラシリーズを特集したことはありましたが、今回の「スーパー戦隊ヒロイン」特集は、かなり力の入った(主にグラビア)特集でしたね。

結構グラビアも凝っていて、巻頭グラビアは、何と!「魔進戦隊キラメイジャー」のヒロインの一人、キラメイグリーン/速水瀬奈の撮り下ろしグラビア。続けて、その速水瀬奈を演じる新條由芽ちゃんのグラビアへと続きます。まさに「一粒で二度おいしい」グラビアですね。その新條由芽ちゃんに続いては、同じく「魔進戦隊キラメイジャー」にキラメイピンク/大治小夜役で出演中の工藤美桜ちゃんのグラビア。と、まずは現在放映中の「魔進戦隊キラメイジャー」の2人(3人?)のヒロインのグラビアでスタート。
(ちなみに、今週号の週プレのロゴは、新條由芽ちゃんが巻頭ということもあってか、キラメイグリーン仕様のロゴになってます)

センターグラビアは2012年放映の「特命戦隊ゴーバスターズ」でイエローバスター/宇佐見ヨーコを演じた小宮有紗が登場。戦隊のメインカラーと言えるピンクの水着の5パターンでのグラビア。しかし、それ以上に驚いたのが、スチルグラビアにもかかわらず、ナパームを使った爆破グラビアを撮っていたということですね。
同じくセンターグラビアには、2006年放映の「轟轟戦隊ボウケンジャー」で、敵役ではありますが、風のシズカ役を演じた山崎真美のグラビア。これは撮り下ろしじゃなく、過去のものじゃないかなぁ。

巻末グラビアは2017年放映の「宇宙戦隊キュウレンジャー」のカメレオングリーン/ハミィ役を演じた大久保桜子のグラビアでスタート。そこから、1992年放映の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」以降の作品でヒロインを演じた方々の週プレ掲載グラビアのカットをまとめて掲載。もう、普通のアイドル並みのグラビア掲載になっています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

撮影会関連の記事について

大分前に、noteを始めたことを書きました。今では利用も開始しており、記事の投稿もしています。
(まだ2件ですけど。2020/7/19現在)

撮影会に関する記事について、ちょっと色々と考えていたのですが、これからは

  • 参加した際のレポート的な記事はこちらに投稿する。
  • 個別のギャラリー的な記事はnoteに投稿する。

といった感じにします。

noteを使ってみて、記事を投稿する感覚は同等かなと思っています(若干、noteの方が上ですかね)。ただ、管理的なところはnoteの方に軍配が上がるかなと。ココログの方は「時代遅れ」感が否めないんですよね。一番大きいのは「タグ機能」。アメブロなど、他社のブログサービスでは「タグ機能」が実装されています。これにより、記事と情報の関連付けがブログ内はおろか、横断的にアメブロ内でも行われるようになり、より多くの人に読まれる機会が増えるようになりました。一方、ココログは未だに「タグ機能」は実装されていません。相当するのが「カテゴリー」になるかと思いますが、これは部分的(はっきり言えば、デフォルトで用意されたカテゴリー)にはココログ内を横断的に結び付けてくれたりしますが、ユーザーが定義したカテゴリーはユーザーのブログ内でしか使えず、人の目に触れにくい状態になるかなと思います。それに「カテゴリーの階層化」も無いですしね。整理がしにくいんですよ。いくら新規にカテゴリーが作れるとは言っても、管理が面倒なんですよね。
その点、「タグ」は手軽に使えますし、サービス全体を横断的に見渡して、情報の結びつきを作ってくれるので、CEO的な管理もやりやすいんですよね。
管理のしやすさ等を含めて、ギャラリーページは今後、noteの方に投稿していきます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

瞬時に前方に移動できるリュック

「Perfect Suits Factory(P.S.FA)」を展開するはるやま商事から、同ブランドから、背負っていたリュックをワンタッチで前方に移動でき、電車の中やホームでも邪魔にならない「多機能3WAYバッグ」を発売しました。
#元記事はこちら

多機能3WAYバッグは、リュックで通勤するビジネスパーソンに向けた、電車に乗る際に前掛けが簡単にできるリュック。左ショルダーのバックルを外して右ショルダーに腕を通すことで瞬時に前方へ移動できる仕様で、電車内などでリュックが邪魔になりにくいと同時に、電車の乗り降りの際のリュックの背負い直しが不要となるという優れモノ。「3WAY」ということで、リュック以外にも、手提げバッグ、ショルダーバッグとしても利用可能。A4サイズ対応で、PCやタブレット収納用のクッションポケットや様々なサイズのポケットが備えられているほか、背面にはキャリーオン対応ベルトが付いています。カラーはブラックとネイビーの2色を展開。販売は全国のP.S.FA店舗、P.S.FAオンラインショップで取り扱います。

元記事の方に、アニメーションGIFで移動の様子を見せてくれているのですが、本当に簡単に後ろから前へ移動させることができます。
私も通勤にリュックを使っているのですが、ホームでの電車待ちから電車の中で背負い直すことが頻繁にあります。慣れればなんてことないですし、何気に背負い直し方を編み出せたりするんですよね。で、このバッグでの背負い直しの仕方なのですが、私が普段しているやり方と似ています。そう考えると、これが一番背負い直ししやすいやり方なのかなと思いました。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

大塚家具、サブスクリプションサービスを開始

大塚家具が、家具・インテリアのサブスクリプションサービス「airRoom」を運営するElalyと提携。airRoomにて、ソファやダイニングセットなどの家具を定額料金で使用できるサブスクリプションサービスを開始しました。
#元記事はこちら

ソファ、ダイニングセット、テレビボード、ベッドなど約70種類からスタート。ラインナップは、今後ニーズに合わせて拡充していく予定だそうです。
大塚家具もヤマダ電機とタッグを組んだりして、生き残りにかけていますね。今度はサブスクリプションに参加ですね。大塚家具と言えば「高級志向」の家具がウリですが、そのため、お値段も「高額」。買うのには、ちょっと勇気が必要ですね。しかし、サブスクリプションによって月額での支払いを可能にすることで、ちょっと手が届くようになる感じですかね。

家具のサブスクリプションと言えば、こちらの記事でも紹介しましたが、無印良品も参加しています。どんどん「所有する」から「必要な時に借りる」という方向になっていくんでしょうかね。

| | コメント (0)

2020年7月15日 (水)

眼鏡の除菌方法とやってはいけないこと

さて、ここ最近、また拡大傾向になってきているコロナウィルス。外出先から帰ってきたら、手洗いうがいはされてますでしょうか?
手洗いやうがいは、このコロナ禍で、皆さん入念に行われているかと思います。しかし、あまり気にかけないものが一つ。それは「眼鏡」。まあ、眼鏡を使われていない方にはそもそも無縁のものですが、この眼鏡も外気に晒されています。もしかすると、ウィルスが目から入るのを防いでいてくれたかもしれません。そこで、今回は眼鏡の掃除について紹介しようと思います。
#元記事はlifehacker

さて、まずは「どのくらいの頻度でクリーニングするか」ですが、「レンズについては毎日、眼鏡全体については週一(毎週)」だそうです。
では、どのようにクリーニングするかですが、以下の手順で行なうと良いようです。

  1. 眼鏡を細菌から守るために、まずは手を洗う
  2. 眼鏡に付いているゴミをマイクロファイバークロスでふき取る。
  3. ぬるま湯を流して眼鏡を洗う(硬水の場合は蒸留水を使う)。
  4. 眼鏡の内側と外側にクリーニングスプレーをかける。
  5. ゆすいで、余分な水分を振り落として乾かす。

4でクリーニングスプレーの代わりに食器用洗剤(中性洗剤)を使う場合は、レンズの両側に1滴ずつ垂らし、指で軽くこすると言いそうです。

そして、やってはいけないこと。これもまた4に関わるのですが、クリーニングスプレーの代わりに石鹸、ハンドソープ、シャンプーなどのアルカリ性の洗剤で洗ってはいけません。これはレンズのコーティング剤を剥がしてしまう恐れがあるためで、最初は目には見えなくても、徐々にレンズに傷が付いていきます。なので、アルカリ性の洗剤では洗わないようにしましょう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«パナソニックもデジカメをWebカメラにするソフトを発表