« 梅雨が明けて | トップページ | アクセス解析スタート »

2006年8月 2日 (水)

杉山清貴:The Sunshine Band

皆さんが「夏」に聞く音楽ってなんですかねぇ。やっぱり、サザンとかTUBEですかね。最近だと、ORANGE RANGEですかね。
私は杉山サウンドです(オメガトライブ時代も含めて)。で、その杉山清貴さんが7/26に最新アルバム「The Sunshine Band」を発表しました。収録曲は

  1. Gift
  2. 夢の在処
  3. 明け方届いたメール
  4. A HOT SUMMER DAY
  5. BELLA
  6. THIS IS LIFE
  7. Fallin' Love
  8. 情熱楽園
  9. 愛が燈る場所
  10. 忘れないでいて
  11. DAWN

の計12曲。では、簡単に感想を。
1曲目の「Gift」。ギターから始まるこの曲。とても心が温まるメロディラインの曲です。まさにタイトル通りの「贈り物」といったところでしょうか。
2曲目の「夢の在処」は「日本サーフィン連盟」のオフィシャルソングとして選ばれた曲。潮風に吹かれながら、ビーチで聴いてみたい曲ですね。何か、こう、疲れきった心を癒してくれるような、それでいて励ましてくれるような1曲です。
3曲目の「明け方届いたメール」はメロウなサウンドのラブソング。遠く離れた彼女(かな?それとも身内かも)からのメールに相手に思いを馳せると言った内容。
4曲目の「A HOT SUMMER DAY」はテレビ朝日で放送中の「ちい散歩」のエンディングテーマ。ちょっとノスタルジックな1曲。懐かしさと言うのをこみ上げてくれるような曲です。
5曲目の「波」もメロウなサウンド。ほんわかとしたラブソングです。
6曲目の「BELLA」もまたラブソング。何となくフレンチ・ポップな感じの1曲です。
7曲目の「THIS IS LIFE」はbjリーグの埼玉ブロンコスのオフィシャルサポートソング。サポートソングだけあって、中から湧き上がってくるものを感じさせる曲です。それでも、ラブソングです。
8曲目の「Fallin' Love」はタイトル通りのラブソング。でも切ないです。終わった恋ですからね。
9曲目の「情熱楽園」は1970年代のグループサウンズを思い起こさせるような1曲。
10曲目の「愛が燈る場所」はまあ、ラブソングですよね。なんか、全てを優しく包み込むような「愛」の曲です。
11曲目の「忘れないでいて」は、こう「グッ」と胸が締め付けられるような曲。
12曲目の「DAWN」はタイトル通り「夜明け」を舞台にした1曲。ゆったりとした時の流れを感じさせる曲ですね。

全体的にゆったりとした曲で構成されています。聴いていて心地良いですね。
また、演奏が杉山さん自身が組んでいる「KT SUNSHINE BAND」でして、バンドの生演奏となっているところがまたそのような心地良さを出しているのかもしれません。今時ですと、大概「打ち込み」が主体となると思いますが(特にこうしたアルバムとかは)、「生音」と「手作り」の「温かさ」といったものが感じられます。
そんな杉山さんも今年でソロ活動20周年ということで、色々と企画が組まれているようです。

| |

« 梅雨が明けて | トップページ | アクセス解析スタート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉山清貴:The Sunshine Band:

« 梅雨が明けて | トップページ | アクセス解析スタート »