« ゲキレンジャー:修行その49 ズンズン!獣拳は、ずっと… | トップページ | 2007年度のスーパー・ヒーロー・タイム »

2008年2月10日 (日)

キバ:第3話 英雄 パーフェクトハンター

第1話、第2話と1話完結の展開でしたが、今回は、いつも通り、2話完結のパターンになるようで。そして、今回からキバの命をつけねらう名護啓介が登場。

渡の下に弁護士の夏川が訪れる。彼女は22年前に父、音也から何らかの被害にあった人たちの依頼で音也を探していたのだった。母親からは「立派な人」としか聞かされていなかった渡はにわかに信じられず、夏川から預かった資料を基に「被害にあった人」を訪ね歩くことに…。

1986年:
バブル景気で浮かれる人々。そんな中、音也はマイペースであった。次々と女性をナンパする音也。そこに麻生ゆりが現われ、ゆりから盗った武器を返すようにと音也を締め上げる。そこにモス・ファインガイアが現われる。音也は武器を手にモス・ファンガイアに立ち向かう。だが、モス・ファンガイアに捕らえられる。音也を捕まえたままゆりに向かうファンガイア。だが、ゆりはファンガイアの腕を絡めとり、武器を奪い返すと反撃に転ずる。ファンガイアは燐粉を撒き散らし、逃げ去ってしまう。この様子を見ていた嶋は音也をスカウトしようとする。音也の性格を知るゆりは反対するが…。

で、音也の悪行(?):
その1:バブルで一夜にして大金を手にした男に「遊び」を指南。さらには銀座中の店を買い占めるようにいい、男は買い占めるが、経営が立ち行かず、一気に破産。
その2:ラスベガスのカジノでルーレットに興じる音也。だが、一向に勝てず、タネ銭が切れてしまう。負け分の支払いをどうするかの店長の交渉に、バイオリンを奏で出す音也。そして、
「俺の演奏は一曲10億ドルだぁ~。釣りはいらねぇ~」
と踏み倒してしまう。結果、この男も破産する。

2008年:
母から聞かされていた人物像とまるっきり違う真実を突きつけられた渡は途方に暮れる。「何か一つでもいい事をしているのならば、許す」と被害者の人たちは言ってくれているようだが、資料にある件数からも、とても「いいこと」をしているようには思えない。
そんな時、モス・ファンガイアが麻生恵と対峙する。ファンガイアの出現にバイオリンが鳴り、キバット・バット・3世は飛び出す。渡もそれを感じ、ファンガイアがいるところへ。恵が苦戦している様子を見て、キバに変身する渡。そして、モス・ファンガイアに立ち向かう。終始、有利に進め、ファンガイアを追い詰めるキバ。そして、とどめを刺そうとした時、ファンガイアから「音也」の名前が叫ばれ、父に被害を被った人々の顔を思い浮かべ、攻撃の手が止まるキバ。その隙を突き、モス・ファンガイアは燐粉を撒き散らし、逃げ去る。
モス・ファンガイアとの戦いで傷ついた恵の下に名護啓介が現われる。そして、キバの出現を知り…。

今回のゲストは橘実里。去年のこの時期にテレビ東京の「Xenos」に出てましたが、やはり、あまり見なくなりましたね。これまでの流れからすると、彼女が「モス・ファンガイア」な気がするのですが、今回の「1986年パート」は音也の人物像とスカウトに繋がる話しか出ていないので、モス・ファンガイアがどう絡むのかがわかりませんね。

今週の「1986年ソング」:
小林明子の「恋におちて」と小林旭の「熱き心に」でした。しかし、前回、前々回とおニャン子が流れ、今週は時期的にも国生さゆりの「バレンタイン・キッス」かと思ったのですが…。
#今週、バレンタインデーがありますからね

で、来週:
ガルルさんが「久し振りに、シャバの空気を吸い」に出てくるようだ。

|

« ゲキレンジャー:修行その49 ズンズン!獣拳は、ずっと… | トップページ | 2007年度のスーパー・ヒーロー・タイム »

キバ」カテゴリの記事

仮面ライダー」カテゴリの記事

コメント

To 日向。さん

とりあえず出てきますねぇ、ガルルさん。
>シャバの空気って閉じ込められてるんですかねぇ
一応、あの「城」の中に幽閉されている身ですから。

>来週も出てきたら終りってオチじゃない事を祈りたいです。
とりあえず、「ガルルフォーム」にはなるようなので、何かしら活躍はしてくれそうです。
#でも、「ガルルフォーム」になった途端、
#「また来週~」だったりしてw
#でも、3話跨ぎなんてないですし…。

投稿: あ~かいば | 2008年2月11日 (月) 19時56分

ガルルさんは次週やっと動き回る姿が見られるのか
今週来るかと思ってたので個人的にはこっちの方が肩透かしでした~。
シャバの空気って閉じ込められてるんですかねぇ
来週も出てきたら終りってオチじゃない事を祈りたいです。
バレンタイン・キッス、流れませんでしたねぇ。時期的にすごくありえそうなのに。

投稿: 日向。 | 2008年2月11日 (月) 19時42分

っていうか、「バレンタイン・キッス」、今年、リメイクされてましたね。
#そういう意味では、「懐かしさ」も
#なかったのかもw

投稿: あ~かいば | 2008年2月10日 (日) 23時36分

国生のは完全に肩透かしだったね
まぁ、毎年今頃になるとかららずどっかで聞くからね、そういう意味では新鮮味ないかも
あれ「永遠の名曲」なのか?(藁)

投稿: FusionJack | 2008年2月10日 (日) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/40066074

この記事へのトラックバック一覧です: キバ:第3話 英雄 パーフェクトハンター:

» 【仮面ライダーキバ】感想 第3話「英雄・パーフェクトハンター」 [読書とジャンプ]
リオ様とメレのツーショットがないとゲキレンジャーつまんねぇ。最終回なんだから意味なく生き返ればいいのに!という今までのストーリーを激無視する発言ははさておき、耽美でバラまみれのOPとは真逆に、キバット三世が小動物にしか見えない今日この頃、音也パパ、相変...... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 12時03分

» 仮面ライダーキバ第3話 [S2+]
う、う〜ん???1,2話くらいなら謎が多くてもそれが逆に興味をそそるから良いと思うんですけど、いい加減にちゃんとした説明をして欲しいです。多分、キャラのつながりとか目的とかがはっきりしていたらもっと楽しめると思うんですけど…。とりあえず、初っ端か...... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 14時05分

» 今週の仮面ライダーキバ「第3話 英雄♯♯♯パーフェクトハンター」 [さすがブログだ、なんともないぜ!]
色々と無理がありすぎで、演出が薄ら寒い・・・。 アクションは良いのですが、ちょっとカバーしきれてません。 [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 14時35分

» 仮面ライダーキバ第3話 「英雄 パーフェクトハンター」 [OPUS MAGNUM]
今回は第3話「英雄 パーフェクトハンター」!! ストーリーは仮面ライダーキバ第3話 「英雄 パーフェクトハンター」で! またまた新キャラ登場ですね! バウンティーハンターの名護慶祐。 今回は極道を倒して警察へ渡し、賞金はいつものところへ寄付…。 名護のキャラは冷静沈着。 言葉遣いも落ち着きがある…。 しかし、かなり自分に酔っている感じですが…。 その代わり、麻生恵は短気で勝ち気…。 すねると黙ってスタスタ消えていきます。 しかも、かなり年下の野村静香にもつっかかるし。 弱いものには強気なの... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 21時22分

» 仮面ライダーキバ#3「英雄・パーフェクトハンター」 [Sweetパラダイス]
「ウェイク!アーップ!」いきなりキバの登場!!お〜今回はキバのお風呂シーン!?脱げ〜!脱げ〜!脱いじゃいなYo〜〜〜〜!!玄関のベルが鳴っても出ない渡。しつこい!!!新聞の方だった。今なら洗剤もトイレットペーパーもタオル付きだよ!!もう新聞5紙も取って...... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 22時15分

» 仮面ライダーキバ 第3話 [ヤジャの奇妙な独り言]
ゲキレンジャーのラストは 「ドラゴンボール」の最終回みたいな終わり方でしたな (原作の方ね [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 09時10分

» 仮面ライダーキバ 第3話 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
「英雄♯♯♯バンパイア・ハンター」タイトルに音楽記号入れるの止めて欲しいな。テレ朝の方の粗筋には入ってないんですから。脚本:井上敏樹監督:石田秀範アクション監督:竹田道弘朝晩新聞テーブルの天板をくれたお礼にカフェ・マル・ダムールを訪れた渡と静香。マスターは「紅」の苗字に反応し・・・... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 15時11分

» 仮面ライダーキバ 第3話 [§相棒馬鹿]
英雄・パーフェクトハンター ガルルが出てくるのかと待っていたのに1週スルーのようで哀しい今週。 30分が長いと思ったのは初めてだよ。 ... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 20時04分

» 仮面ライダーキバ#3 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
今回は、脚本家をはじめ、監督、プロデューサーのこの番組の捉え方について、大いに疑問を感じることが出てくる物語であった。兎に角、モラルのないスタッフに呆れるばかりであった。こんなのを見たら、後味も悪く、「「楽しむ」なんてことは不可能である。 それは「横断歩道は右を見て左を見て渡りましょう」というところである。正しいのは「横断歩道は右を見て左を見て、もう一度右を見てから渡りましょう」である。 この番組は、お子様たちをメイン・ターゲットにしている番組である。子供は大人よりもテレビで言ったことをより真に受け... [続きを読む]

受信: 2008年2月13日 (水) 18時34分

« ゲキレンジャー:修行その49 ズンズン!獣拳は、ずっと… | トップページ | 2007年度のスーパー・ヒーロー・タイム »