« ADAMS~ | トップページ | ANIME HOT WAVE 2 »

2008年4月 8日 (火)

ANIME HOT WAVE

日曜日の事ですが、前々から買おう買おうと思っていたCDを買いました。
それがお題の「ANIME HOT WAVE」
とりあえず、無印のパート1からパート4まであるようで、それぞれに押さえておきたい曲が収録されているので、結果的に全部買うのかと…。
収録している曲ですが、発売元がVAPということもあって、日本テレビで放映されたアニメのテーマ曲が収録されています。パート1に収録されているのは

  1. そのままの君でいて
  2. ロ・ロ・ロ・ロシアン・ルーレット
  3. DON'T LOOK BACK
  4. ピュアストーン
  5. メロスのように~LONELY WAY~
  6. 不思議 CALL ME
  7. 宇宙の王者!ゴッドマーズ
  8. デリケートに好きして
  9. 見知らぬ国のトリッパー
  10. 不思議色ハピネス
  11. 金のリボンでRockして
  12. ドリーミー・ドリーマー
  13. Dang Dang気になる
  14. NIGHT OF SUMMER SIDE
  15. CAT'S EYE

の計15曲。
#全部80年代の作品ですね。

1曲目の「そのままの君でいて」は「機動警察パトレイバー」の初期のオープニング・テーマ。歌うのは仁藤優子。当時、「週刊少年サンデー」の連載と並行してアニメの方も展開していたんですよね。で、このテーマ曲は主人公達が所属する「特車2課」をうまく描いていると思います。
2曲目の「ロ・ロ・ロ・ロシアン・ルーレット」は「ダーティペア」のオープニング。歌うのは中原めいこ。後に「きまぐれオレンジロード」の後期オープニング(確か、3曲目)「鏡の中のアクトレス」も歌います。意外な布陣だなと当時思いましたね。中原めいこと言うと、「君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね」が思い浮かぶんで…。この曲、作詞/作曲が中原めいこ自身なのですが、うまくダーティペアの二人を描いているなと思います。
3曲目の「DON'T LOOK BACK」は「超音戦士ボーグマン」の前期オープニング・テーマ。歌うのはアニメとは結び付くのが難しい、ロックバンド、アースシェイカー。もちろん、曲調もロックですが、ガッツンガッツンのロックではなく、ちょっとライトな感じになっています。
4曲目の「ピュアストーン」は「赤い光弾 ジリオン」のオープニング・テーマ。歌うのは結城梨沙。あ~、でも、「ジリオン」見てなかったんだよねw。何となくサビにあたる歌詞がそれとなく作品を歌ってるのかなぁと思ったりはしますが。作曲が大内義昭ですね(「愛が生まれた日」の)。
5曲目の「メロスのように~LONELY WAY~」は「蒼き流星SPTレイズナー」のオープニングテーマ。歌うのはAIRMAIL from NAGASAKI。はっきり言います、この曲が目的で買いましたw。もうサントラも手に入らないし、再販されたシングルCDも入手困難ですし、ネットでも無いですからね、これを外すと音源が…。まあ、影山ヒロノブが「スパロボ魂」か何かでカバーしていますが、やっぱり、オリジナルとは違いますよ、全然!力強いボーカルはこの曲には合いません!テレビではイントロにあるギターソロが省略されていたのですが、ここも必聴ですよ。
6曲目の「不思議 CALL ME」は「星銃士ビスマルク」のオープニング・テーマ。歌うのはMIO(現MIQ)。いやぁ、「MIOサウンド」ですね。「ビスマルク」も見てなかったんだよなぁ(次にあたる「飛影」は見てたんだけどw)。
7曲目の「宇宙の王者!ゴッドマーズ」はずばり「六神合体ゴッドマーズ」のオープニング・テーマ。歌うのは樋浦一帆。まさに「ヒーローロボット」アニメの主題歌ですね。で、80年代の初期の作品と言うことで、シンセサイザーがふんだんに使われてますね。間奏のシンセの音が「シャアがくる」っぽいのが…。後、2コーラス目の歌詞で「光の速さで歩け」ってのも…。
8曲目から11曲目は「スタジオぴえろ」制作の「魔法少女」シリーズのオープニングテーマ。この作品群って、ほぼ新人のアイドルに主題歌歌わせて、かつ主役を演じさせると言うパターンでしたね。と言うことで、「80年代アイドルソングの王道」とも言える曲です。
で、その8曲目の「デリケートに好きして」はその「スタジオぴえろ」制作「魔法少女」シリーズ第1弾、「魔法の天使クリーミーマミ」のオープニング・テーマ。歌うのは太田貴子。この後、NHKの番組「レッツゴーヤング」の「サンデーズ」としても活躍してたよね。そういえば、この曲、最近、誰かカバーしてなかったっけ?
9曲目の「見知らぬ国のトリッパー」はその次作の「魔法の妖精ペルシャ」のオープニング・テーマ。歌うのは岡本舞子(でも、主役のペルシャを演じたのは冨永み~ななんだよね。しかも、この作品だけがコミックの原作が存在するんじゃなかったかな)。岡本舞子といえば、土曜日の朝7:00にやっていた「モーニングサラダ」を思い出すなぁ(その後の「うるとら7:00」にも出てたけど)。
10曲目の「不思議色ハピネス」は「魔法のスターマジカルエミ」のオープニング。歌うのは主役も務めた小幡洋子。この後にも「天空の城ラピュタ」のイメージソング「もしも空を飛べたら」も歌いましたね。
11曲目の「金のリボンでRockして」は「魔法のアイドルパステルユーミ」のオープニング。歌うのは主役も務めた志賀真理子。「こんな歌い方してたんだぁ」ですね。「パステルユーミ」の前にNHKの「どんなモンダイQテレビ」に出てた方が記憶にあるんだよね。あんなこと(=留学先での事故。他界)がなければ、今はどうなってたんだろうと思いますね。
先に、「80年代のアイドル歌謡」と形容しましたが、歌唱としてはしっかりしてますよね。
12曲目の「ドリーミー・ドリーマー」は「燃える!お兄さん」のオープニング・テーマ。歌うのは石川優子。しかし、全然、作品とはマッチしない選曲だよな。曲自体はいいですよ。
13曲目の「Dang Dang気になる」は「美味しんぼ」の後期オープニング。歌うのは中村由真。確か、移籍後(フォーライフ→VAP)一発目じゃなかったかな。何気にこの曲も「美味しんぼ」には欠かせない曲になったよな。後にスペシャル版が作られたときも、この曲がテーマとして流れたし。まあ、作詞:売野雅勇、作曲:林哲司、編曲:船山基紀と鉄壁の作家陣だし。
14曲目の「NIGHT OF SUMMER SIDE」は「きまぐれオレンジロード」の最初のオープニング。歌うのは今では専ら俳優の池田政典。いわゆる「シティ・ポップス」ですね。系統的には当時の事務所の先輩であった杉山清貴(オメガトライブ含む)のあたりといった所。作曲はNOBODYなんだよね。
15曲目の「CAT'S EYE」はもう何も言うことはないでしょう(笑)。「CAT'S EYE」(1作目)のオープニング。歌うのはご存知、杏里。この曲で「アニソン」の歴史が変わったと言っても過言じゃないでしょう。「ザ・ベストテン」や「ザ・トップテン」と言った「音楽ランキング番組」に登場した魁ではないかと。でも、今、改めて聞くと、コード(と言うか、主旋律の)進行が「007」のテーマっぽい(イントロからAメロに入る辺り)。

こうしてみると、「アニメソング」と言えども、その時の「音楽事情」が色濃く反映されているなぁと思いますね。

|

« ADAMS~ | トップページ | ANIME HOT WAVE 2 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アフィリエイト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/40809998

この記事へのトラックバック一覧です: ANIME HOT WAVE:

« ADAMS~ | トップページ | ANIME HOT WAVE 2 »