« 週刊.jp | トップページ | 今年も半分、終わりましたね »

2008年6月29日 (日)

キバ:第22話 序曲 運命の交差点

1986年も、2008年も「恋バナ」で盛り上がってます。とりあえず、1986年でのゆりが誰と結ばれるかが気にはなりますね。
しかし、深央ちゃんがレギュラーだったとは…。
#しかも、渡にとっての運命的な存在になるらしい。
#あれ?じゃあ、静香ちゃんは?w

1986年:
「cafe mald'amour」のカウンターで次狼との結婚式を夢に見て寝ていたゆり。マスターからは「幸せそうな寝顔をしてた」と言われ、ちょっと戸惑う。奥のテーブルでは「合コン」で再会した久美と音也がなにやら真剣な話を…。どうも久美の兄が足を骨折して働けなくなったらしい。そんな久美の頼みを聞いて音也は土方の仕事を始める。
ブティック「Laxur」でショッピングをするゆりと次狼。そこで組と居合わせる。久美は店長に緑のスーツを売らないように頼み込み、店を後にする。不思議に思ったゆりはスーツの値段を確かめる。そしてある疑いを持つ。
バイト代を久美に渡す音也。しかし、久美は「兄の足は直ったが、今度は尾骶骨を折った」と音也にさらなるバイトを要求する。止む無く引き受ける音也。そんな音也にゆりはちょっとご立腹。
さらにバイトで得た給料を久美に渡す音也。前回分と合わせてスーツの代金となり、喜びいさんで「Laxur」へ向かう久美。その様子を見て音也に真実を告げるゆり。しかし、音也は怒るどころか、「怪我をした兄ちゃんはいないんだ」とすべてを水に流す。そこに嶋がやって来て、「Laxur」の客が次々といなくなっている事件が発生していることを話す。もしやと思い、店を飛び出すゆりと音也。
「Laxur」にスーツを買いにきた久美。だが、一足遅く、売れてしまっていた。公園、「Laxur」のスーツを身に纏った「女性」の前に店長、山下が現れる。そして、その「女性」のライフ・エナジーを摂ろうとした瞬間、相手を見て驚く。「女性」と思ったのは「女装」した音也だったのだ。囮となり、山下=カメレオン・ファンガイアをおびき出したのである。騙されついでに怒り心頭のカメレオン・ファンガイア。音也に襲い掛かるが、そこにゆりと次狼が駆けつけ、ゆりの攻撃にカメレオン・ファンガイアは逃げ出す。
ゆりにプロポーズの返事を聞く次狼。ゆりはひとまず無かったことにしようとプロポーズを断る。そして指輪を次狼に返そうとする。だが、なかなか外れない。
「その指輪は外れない。俺とお前は運命で結ばれている。その証拠だ」
何とか、ゆりの心を射止めようとする次狼。そこに、音也が現れ、難なく指輪を外す。
「お前達の間には何の運命もない」
そう言うと、指輪を池に投げ捨てる。

2008年:
前回の「合コン」の感想を名護に聞きに来た健吾。そもそも、本来の目的とは違った目的で参加していた名護にとって、そんなことはどうでもいいことであった。そこに、「合コン」で名護を気に入った幸江がやって来て、名護に猛烈にアタック!「合コン」そのものを忘れてしまいたい名護は「cafe mald'amour」を飛び出す。健吾は続けて渡にも「合コン」の感想を聞く。渡は渡で、慣れない場でどうしようもなかったことを告げる。さらに、健吾は「合コン」をやった店のウェイトレス、鈴木深央を気に入ったことを告白する。そして、健吾は深央をデートに誘う。
健吾の一方的な振る舞いに振り回され疲れた深央は「ついていけない…」と告白。それを聞いた恵は今度は渡に深央を任せようとする。そこに健吾が居合わせる。深央は申し訳ないとばかりに「cafe mald'amour」を飛び出す。深央を追いかけるように渡をたきつける恵。健吾を思い、追いかけられずにいた渡だったが、健吾は渡にすべてを任せる。
深央を追いかけてきた渡。自己嫌悪になってる深央を慰める。そして「人は変われる」と深央を励ます。そこに前回の豆腐屋がまたも豆腐を売りつけようとする。渡はそれを断り、深央の手を引いて隠れる。何気に急接近の渡と深央。深央は渡の言葉を聞いて、自分も変わろうとする。そしてそれを渡に見届けてもらおうと思う。
まずは手始めに「Casuar」(=山下の2008年での店)で自分が気に入った服を購入する。早速買ったばかりの服を着て、渡と一緒に街を歩く。そしてアクセサリーも買おうとする。だが、指輪だけは渡に選んでもらうのだった。自分に自信がついたのか、以前と比べて明るくなった深央。常連客からの受けもいい。だが、冷麺を運ぶ際、つい、こぼしてしまう。とうとう、店長から「クビ」を宣言され、泣きながら店を出る深央。そんな深央の前に山下が現れ、カメレオン・ファンガイアの正体を表す。深央に襲い掛かり、ライフ・エナジーを摂ろうとするが、深央が普通じゃないことに気付く。そこにキバが現われ、カメレオン・ファンガイアを深央から引き離す。この隙に深央は逃げ出し、キバはカメレオン・ファンガイアと戦う。だが、姿を消すことができるカメレオン・ファンガイアに苦戦を強いられるキバ。そこで、キバットはドッガハンマーを召喚。「トゥルー・アイ」でカメレオン・ファンガイアの居場所を探し出し、ハンマーを投げ当てる。最後は「サンダー・クラップ」で粉砕する。
結局、何も変わっていなかったことに再び自己嫌悪になる深央。
「こんなものをつけるのも早かったんです」
と、イヤリングと指輪を外す深央。何も言えず、ただ深央を見守るだけの渡。でも、深央は指輪だけは着けていようと思う。渡が選んでくれた指輪を。深央は指輪を渡に渡すと、渡はその指輪を深央にはめてあげるのであった。

意外なところで渡と深央の「恋」が始まってしまいました(∀`*)ゞ。しかし、深央ちゃんがレギュラーだったとは思いませんでしたね。
#テレビ朝日のキバ公式サイトにある「CAST」にある
#相関図にも登場してます。
しかも、位置付け的にはヒロイン相当ですよね。「純」な二人がこの先どうなるのかが気になりますし、楽しみです。
一方の1986年パート、朝っぱらから「女装」を見させられるとは…orz。まあ、これはさておき、ゆりも次狼と音也との間で揺れ動いていますね。ここの三角関係もこの先どうなるのかが気になります。
#というか、恵の父親は誰なのかが
#一番、気になる!
#後、ガルルが守っている音也との
#「約束」も。
しかし、ちょっと気になった1986年パート。「Laxur」の買い物客がエスカレーターで山下とすれ違った時、その時点で、明らかにおののいていたのはおかしいだろw。あの時点で不穏な空気を読んだことになるよね。

ドッガフォーム。まさに「ハンマー投げ」をやってくれました。

今週の1986年ソング:
今週はチェッカーズの「song for U.S.A.」。

|

« 週刊.jp | トップページ | 今年も半分、終わりましたね »

キバ」カテゴリの記事

仮面ライダー」カテゴリの記事

コメント

>静香ちゃん、どんどん端へ追いやられてますねぇ。
>渡が一人で歩き出したから、保護者はもう要らないとか?
今回の「合コン」編には組み込むのは無理でしょうw。
とはいえ、出てこないと何か淋しいですね
(´・ω・`)

>ファンガイアが驚いていた理由も気になるところです。
>これもまさか!な展開が待ってるんですかね~。
実は一度死んでいるとか…w。
#「555」のこれもビックリでしたけど。

投稿: あ~かいば | 2008年7月 4日 (金) 00時19分

静香ちゃん、どんどん端へ追いやられてますねぇ。
渡が一人で歩き出したから、保護者はもう要らないとか?
成長をしていってるのはいい事なんですけれども
出てこないと寂しいですねぇ。
あんなに煩かったのに(笑)てっきり静香ちゃんとくっつくのかと思ってました。
深央ちゃんのレギュラー化には同じく驚きです。
まさかですよね~。
ファンガイアが驚いていた理由も気になるところです。
これもまさか!な展開が待ってるんですかね~。

投稿: 日向。 | 2008年6月29日 (日) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/41679294

この記事へのトラックバック一覧です: キバ:第22話 序曲 運命の交差点:

» 仮面ライダーキバ 第22話「序曲・運命の交差点」 [MAGI☆の日記]
仮面ライダーキバの第22話を見ました。第22話 序曲・運命の交差点1986年。『綺麗だ、ゆり…』次狼からプロポーズの返事を迫られるゆりだが、音也のことも気になり、なかなか「うん」とは言えずにいた。その音也は再会した幼なじみの久美から足を骨折した兄の代わりに働い...... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 10時37分

» 仮面ライダーキバ#22 序曲・運命の交差点 [§相棒馬鹿]
前回が合コン編だったから今回はどんなのになるかと思えば合コンその後、編。 今回も真夜の登場はなくて残念だ。予告に出ていたので次回に持... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 13時23分

» 仮面ライダーキバ 第22話「序曲・運命の交差点」 [OPUS MAGNUM]
今回は第22話「序曲・運命の交差点」。 ストーリーは仮面ライダーキバ 第22話「序曲・運命の交差点」で! あーぁ、やっぱり見る価値あるのは最後の5分程度だね…。 というか、その5分も微妙…。 とにかく、前半はつまらない!!! ホント、昼メロそのものだね。 さらに苛つくシーンもたくさん。 相変わらず詐欺とか犯罪者が出てくるし…。 しかも、だました人間は制裁は加えられない。 結局、人をだました人も守ってあげたりするし…。 あと、朝から吐き気を催す仕草は勘弁して欲しい…。 しかも何度も何度も…。... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 20時49分

» 仮面ライダーキバ(6/29) [オイラの妄想感想日記]
音也は騙されたのか、騙されてあげたのか。 まぁ、後者だろうけどね。 たぶんに女性に関しては嘘と解って乗ってあげるんでしょうね。 なんでそんな事をするのか? そりゃ暇だからだよ(笑) バイオリニストは辞めてるし、金が無いわけじゃないから働く必要も無い。 暇を....... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 21時27分

« 週刊.jp | トップページ | 今年も半分、終わりましたね »