« 3月を振り返る | トップページ | 4月を振り返る »

2008年12月21日 (日)

キバ:第45話 ウィズユー 最後の変身

今週も1986年が舞台。2008年ではビショップが…。

  • キング、本性を表わす
  • 音也、「闇のキバ」を纏う
  • II世が音也に力を貸した理由は何と!
  • 次狼さんたち、解放される
  • ビショップ、太牙からの仕打ちの果てに…

ということで、今週も現代編から。

2008年:
深央の写真を手に悲嘆にくれる太牙。その太牙に「もう忘れなさい」と諭すビショップ。そして、事の真相を明かす。
太牙を庇い、キバの「エンペラー・ムーン・ブレイク」を受けた深央。そのまま崖下に転落したが、そこに待ち受けていたのはビショップ。そして、「キングを傷つけた報い」として、深央にとどめを刺していたのだ。
真相を知った太牙は怒り狂い、ビショップに手をあげる。愛する者(美央と渡)を奪ったビショップに対し、その怒りは収まらなかった。命からがら、太牙の元から逃れたビショップ、謂れのない仕打ちに対し、ある行動を起こす。
街中、無差別に人々のライフエナジーを奪い取るビショップ。太牙をキングの座から引き摺り下ろし、新たなキングを生み出すためだ。だが、そこに名護が現われ、ライジング・イクサに変身。ビショップを止めようとする。

1986年:
その圧倒的な力でイクサを苦しめる「闇のキバ」、キング。父の危機を感じた渡はウェークアップ・フィーバーを発動、「エンペラー・ムーン・ブレイク」をキングに放つ。音也と真夜の息子である渡に傷つけられたキングは怒りと嫉妬のあまり、「闇のキバ」を脱ぎ捨て、ファンガイア態であるバット・ファンガイアへ変貌した。そして、絶大なるパワーをキバとイクサに向ける。だが、渡と音也は何とか逃れる。
キングの前から逃げ切った渡と音也。ボロボロになりながらも親子の絆を深め合う。そして、真夜に会いに行こうとする音也を止めようとする渡。音也はそんな渡に「お尻ペンペン」のお仕置きをして、真夜の待つ場所へ。
デートの場所に辿り着き、真夜を探す音也。そこにキバット・バット・II世が真夜からの言伝を音也に伝える、「もう会えない」と。II世の言葉を信じられない音也はII世の後を追いかける。
競技場、一人佇む真夜。そこにII世が戻ってくる。そして、II世を追って来た音也が現われ、「もう会えない」理由を問いただす。さらに、音也を追って来た渡も現われる。そして、真夜は音也に会えない理由を明かす。
ファンガイアの力を抜かれ、キングから自由の身となったが、音也に会えば太牙を殺すと言われたのだ。裏切り者の血を引く子は必要ないという理由で。我が子の命さえ利用するキングのやり方に怒りを覚える音也。そして、「真夜の子供ならば、俺の子供だ」と太牙を助け出そうとする。だが、真夜はそんなことは無理だと言う。その時、II世が
「俺が力を貸してやろうか?俺ならお前を闇のキバにすることができる。そうすれば、あるいは、勝ち目があるかもな」
と協力を申し出る。それでも真夜は「人間が闇のキバになったら死ぬ」と音也を止めようとする。そして、渡に力を貸してくれる様に頼む。だが、音也は渡に手を出させないように釘をさす。
街をさまよう渡。その前にキングが現れる。そして、キングは「ダークキバ」になり、渡はエンペラー・フォームへと変身。二つのキバがついに相見える。だが、キングの方に分があり、苦戦する渡。そこに音也が現われる。キングは渡を離すと、魔力を音也に向ける。渡は音也の前に飛び出し、音也を庇う。変身が解けた渡に駆けつける音也。そして、
「蝙蝠もどき、力を貸せ!」
と叫ぶと、II世はキングから離れる。II世の行動に驚くキング。
「お前が真夜にしたことが気に食わん。そういうことだ」
そういい残して音也の元へ。そして、音也をダークキバへと変身させた。人間が「闇のキバ」を纏ったことに怒るキング。再びバット・ファンガイアの姿になり、音也のダークキバと相対する。お互いの蹴りが炸裂するが、力は五分。だが、キングは姿を消した。変身を解いた音也、ボロボロになりながらも渡に駆け寄る。傷付きながらも支えあう父子。だが、音也は「野暮用」と称し、あるところへ向かおうとしていた。渡は止めようとするが、音也は渡に当て身を食らわせ、「野暮用」に向かう。
東屋で気が付く渡。介抱していたのはゆりだった。まだ、自分がいなくなればいいと考えている渡にゆりは
「そんなことをしても、きっと深央ちゃんは喜ばない。あんたに出会わないからだ。深央ちゃんはきっと後悔していない。あたしだってそうだ。音也と別れたことは、ある意味、死ぬことだからな。でも、あたしは後悔していない。」
と語り、渡を諭すのであった。
ボロボロの音也。その前に真夜が現れ、優しく抱きしめる。音也が「闇のキバ」に変身したことを感じた真夜は音也を諌める。そして、もう二度と「闇のキバ」に変身しないことを誓わせようとする。だが音也の
「俺と一緒に生きていく覚悟があると言ったろ。俺にも覚悟がある。愛するもののために、命をかける覚悟。真夜、俺の命を受け取ってくれないのか?そんな弱い女だったか?」
の言葉に音也の覚悟の程を知る真夜。そして道を開ける。
音也を探す渡。その前に現れる真夜。そして、渡に音也を助けるように頼む。それはまた、音也の命(=生き様)を受け取ることでもあった。
キャッスルドラン。潜入した音也は一室に置かれていた、次狼たちが封印された彫像を探し出した。そこにキングが現われ、音也を痛めつける。一方、渡もキャッスルドランに潜入する。そして、音也に匿われ、キングをやり過ごす。音也は渡にまだ自分が消えればいいと考えているのかを尋ねる。
「彼女を生かすためには、お前が強く生きるしかない。人は前に進むものだ。悲しみを飲み込み、大きくなった時、彼女はそこにいる」
音也はその言葉を渡に贈り、自分がいなくなることは何の解決にもならないことを諭す。その言葉を聞き、深央の欠片を取り出す渡。浮かび上がる深央に
「僕、いいのかな?生きて」
と問いかける。そして深央は優しく微笑んでくれた。深央の姿が消えるとともに、欠片も消えた。渡の中から迷いが消えたその時、キングに見つかる。音也は渡に太牙のことを任せ、再びダークキバに変身する。渡は玉座に座り、泣きじゃくる幼い太牙を見つけると、抱きかかえ、連れ出す。
キングと相対する音也のダークキバ。だが、キングの力に圧倒される。勢いのあまり、彫像を手放してしまうが、封印が解ける。解放され、事態を掴めない次狼たちは目の前で繰り広げられているバット・ファンガイアとダークキバの戦いを尻目に、チャンスとばかり、逃げ出す。
音也は「キバの紋章」をキングに投げ、動きを封じ込める。そして、ウェークアップ・フエッスルを使い、「ダークネス・ヘル・クラッシュ」を放つ。思わぬ一撃に飛ばされるキング。だが、倒されたファンガイアたちの魂を集め、それをキャッスルドランに融合させる。凶暴化するキャッスルドラン。そのキャッスルドランから太牙を抱えて渡が飛び出す。暴れるキャッスルドランの攻撃の中、渡は太牙を真夜に託し、キバに変身。さらに飛翔態へと変身し、キャッスルドランに取り付く。再びエンペラー・フォームに戻ると、ザンバットソードを抜き、ファイナル・ザンバット・斬でキャッスルドランに取り付いたファンガイアの霊魂を切り離す。
一方、地上ではバット・ファンガイアの攻撃についに倒れるダークキバ。変身が解けてしまう。だが、それでも音也は立ち上がり、バット・ファンガイアに向かっていく。しかし、ついに力尽き、音也は倒れてしまう。

ということで、キングはファンガイア態の姿を表わしました。ついでにII世にも裏切られ、孤軍奮闘状態。しかし、圧倒的な力でそれら「障害」を振り払っていると言う感じですね。
そして、音也は「ダークキバ」に変身。しかし、それでもキングには敵わないといった所です。
しかし、II世がキングを見限るとは思いませんでしたね。その理由が「真夜をあんな目に遭わせたから」と言うもの。そういえば、真夜が初出の回、最後にシルエットだけとはいえ、付き従っていましたからね、実はキングよりは真夜の方が気に入っていたのかも。そして、キバット族も親子の対面。しかし、「父上!」じゃなくて、「父ちゃん!」なのが笑えた。

Kibatt

ビショップ、太牙のため、ファンガイアのために尽くしているのだが、深央の処刑は太牙の逆鱗に触れてしまったため、謂れのない仕打ちを受ける羽目に…。で、ついに暴走!新たな「キング」を作り出すために、無差別にライフエナジー集めてます。

次回は年明け。

|

« 3月を振り返る | トップページ | 4月を振り返る »

キバ」カテゴリの記事

仮面ライダー」カテゴリの記事

コメント

>キバット3世の父ちゃん!は個人的にはイメージ通りで
まあ、私も、これはイメージ通りだったのですが、でも、やっぱり笑ってしまいました。
#「父上」だと別な意味で
#笑えたかもw

>最近病んでる人にしか見えなかったので余計に(苦笑)
でも、何故かそういう役が多いんですよね、村田充さん。
#何故なんだろう?

>ライフエナジーでビショップに強さを取り戻していただきたいっす
多分、これが「奥の手」だと思うので、「フラグ」が立ったと…w。

投稿: あ~かいば | 2008年12月23日 (火) 21時09分

キバット3世の父ちゃん!は個人的にはイメージ通りで
先週父ちゃんって言ってほしいななんて思ってたんですが
本当に父ちゃんだった事に驚きました(笑)
あ、驚きといえばビショップがあんな方法でぽんぽんと
ライフエナジーを集められたのも驚き。
最近病んでる人にしか見えなかったので余計に(苦笑)
あの人はなんであんなに弱かったんですかねぇ。
正直新しいキングとかどうでもいいので
ライフエナジーでビショップに強さを取り戻していただきたいっす(笑)

投稿: 日向。 | 2008年12月23日 (火) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/43481725

この記事へのトラックバック一覧です: キバ:第45話 ウィズユー 最後の変身:

» 仮面ライダーキバ 第45話「ウィズユー・最後の変身」 [無限回廊幻想記譚]
 【ストーリー】1986年――歴史を変える一番良い方法、それは紅音也(武田航平)を殺す事だ、と告げるキング(新納慎也)。音也ほ攻撃するキングに対して、キックを放つ紅渡(瀬戸康史)。ダメージを受けたキングは、真夜と音也の子供である渡に激しい憎悪を燃やす。すると、ダー... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 15時50分

» 仮面ライダーキバ(12/21) [オイラの妄想感想日記]
深央はビショップに止めを刺されてたのか! ビショップはファンガイアの幹部としてまともな行動をしただけなのに殺されかけるとはちょっと可哀想だな。 深央もメロドラマして無いでビショップに殺られたと言わないと・・・・。 ま、そしたら話が直ぐに終わっちゃうけどね(笑)...... [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 00時19分

» 仮面ライダーキバ 第45話 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
「ウィズユー・最後の変身」 脚本:井上敏樹 監督:長石多可男 アクション監督:竹田道弘 「僕ねえ、この店長いことやってるけど、アンタみたいな暗いヒト初めてだよ」 過去。執拗に音也と真夜を引き離そうとする渡に、音也は・・・。 現在。深央を想う太牙。そこへビショップが「処刑されて当然の女」と言い放ち・・・。 【今週の息子】 ※音也にオシリペンペンされる。 ※赤ん坊の太牙をキャッスルドランから連れ出す。 【今週のオトヤン】 ※「デートの約束に遅刻するような男は、空き缶ほどの価値もないからな」 ※... [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 07時59分

« 3月を振り返る | トップページ | 4月を振り返る »