« お勧めのFirefoxアドオン | トップページ | 今日の東スポ »

2009年1月18日 (日)

キバ:最終話 フィナーレ キバを継ぐ者

ついにラスト。
締め方はあらかた予想通りだったが、「キバを継ぐ者」がああなってくの?って感じの「笑いオチ」にしてるのが御大らしいw。

最後の最後に1986年ソング:
とはいっても、現代だけどね。最後に流れたのは第9話でも流れた、渡辺美里の「My Revolution」。確かに「改革」ですね。ナイスな選曲だと思います。




新たなキングになることを宣言し、玉座に座す渡。そこにビショップが現れる。渡を「まがい物のキング」と罵り、玉座から追い立てようとする。
cafe mald'amour。視力が戻らない名後は自分にはイクサを使う資格がないと、イクサナックルを嶋に返そうとする。だが、嶋がイクサナックルを受け取ろうとした時、恵が奪い取り、名護を連れ出そうとする。その手を振り解く名護に
「何逃げてんのよ!何甘えてんのよ!本気でファンガイアを倒したいんだったらね、あんたと私のコンビネーションを磨くしかないでしょ!!」
と名護を叱咤する。そして、コンビネーションの特訓を始める名護と恵。その特訓の中、互いに素直に尊敬しあう。
キャッスル・ドラン。渡の前に太牙が現れる。真夜を手にかけ、「闇のキバ」を手にしたことを明かす太牙。そして、最後の決着を渡に挑む。母が死んだと聞かされ、怒りに震える渡、その挑戦を受ける。それぞれのキバを纏う兄弟。雌雄を決すべく、再び相見える。二人の戦いの中、ビショップが再びファンガイアの大群を引き連れ二人に襲い掛かる。そこにガルル、バッシャー、ドッガが助太刀にはいる。ファンガイアの大群が殲滅され、最後の力をふりしぼったビショップが挑みかかろうとした時、名護が飛び込み、ビショップとの因縁にかたをつけるべく挑む。戦いの中、目が見えぬことを悟られながらも、恵とのコンビネーションで挑むイクサ。そして、とどめを刺すべく、剣を振りかぶって襲い来るスワローテイル・ファンガイアに対し、コンビネーションがようやく噛み合った恵とイクサ、ビショップをついに倒す。だが、ビショップは自分の命をバット・ファンガイア復活の為の最後の一つとし、ついにバット・ファンガイアが甦ってしまう。
変身が解けた太牙と渡。なおも戦いを続けようとする太牙に渡は近付くと抱きしめる。思わぬ行動に動揺する太牙。渡は
「わかる、兄さんの孤独が。僕が側にいる、ずっと…」
と戦おうとはしなかった。そこに嶋が現われ、渡の真意を太牙に明かす。嶋が太牙のことを渡に託そうとした夜、渡は自分がキングと名乗ることで太牙を守ろうと考えていたのだ。兄弟のわだかまりが消えようとしたとき、復活を遂げたバット・ファンガイアが現れる。その姿に驚く渡。その渡にバット・ファンガイアが攻撃を仕掛ける。だが、太牙が渡を庇い、難を逃れる。そして、兄弟、力を合わせてバット・ファンガイアに戦いを挑む。再びキバに変身する二人。だが、二人の力を以ってしても復活したバット・ファンガイアには通じない。変身が解け、窮する二人。バット・ファンガイアは渡を摑まえると、その爪で切り裂き、崖下に放り捨てた。崖を転がり落ちる渡。咄嗟に腕を伸ばし「物」を掴むことで崖底に落ちずに済む。そして、渡が手にしたものはイクサの腕であった。22年前、バット・ファンガイアによって粉砕されたイクサの腕が残っており、渡の命を救ったのだ。そして、音也が渡を勇気付ける。
バット・ファンガイアは今度は太牙を襲う。太牙を守ろうと、キバット・バット・II世とIII世、タツロットがバット・ファンガイアに挑む。その背後に這い上がってきた渡の姿を見つける太牙。そして、お互いに戦う気力が残っていることを確かめ、再度キバに変身する。二人のキバに襲い掛かるバット・ファンガイア。だが、兄弟、力を合わせてキバの紋章を繰り出し、バット・ファンガイアの動きを封じる。兄弟、二人の力を合わせた攻撃に追い詰められるバット・ファンガイア。そして、ダーク・キバがジャコーダーでバット・ファンガイアを吊り下げ、キバがエンペラー・ムーン・ブレイクを決めることでついにバット・ファンガイアを倒したのだった。
わだかまりの消えた二人、変身を解くも、これまで自分がしてきたことの罪の重さを改めて渡に明かす太牙。だが、渡はそんな太牙の罪も一緒に背負っていくとともに苦難の道を歩んでいくことを決意する。そこに真夜が現れる。大河から死んだと聞かされていた渡はその姿に驚く。実は太牙は貫くことはできず、当て身を当てただけだったのだ。非情に徹しきれない自分はキングに相応しくないのではとキングの座を退こうとするが、渡はそんな太牙こそがキングに相応しいと、太牙ならば人間とファンガイアの架け橋になることができると励ます。そして、太牙は渡に最後の戦いを申し出る。自分のそしてお互いの存在意義を確かめる戦いを…。
数日後、恵と名護の結婚式の日。渡を迎えに静香が駆け込んでくる。だが、当の渡は仕度にてんてこ舞い。cafe Mald'amour、マスターを迎えに来た嶋と健吾。だが、カウンターに山のようにあるプレゼントにビックリ!さらにマスターは風邪でダウンしたので、代わりに持ってってとたくさんのプレゼントを抱えていくはめに…。結婚式場、新婦の控え室。一人感慨にふける恵。ウェディングドレス姿を母に見せたかったなと思うと、椅子にゆりの幻が。そして、我が子に祝福の言葉をかける。チャペル、嶋に手を引かれながらヴァージンロードを進む恵。多くの人たちの祝福を受けながら祭壇に立つ恵と名護。
一方、太牙の会社では再び太牙が新社長として立ち、新たな方針=人類との共存のためにライフエナジーに代わる新たなエネルギーの開発を打ち出し、新たな一歩を踏み出す。
オチ:
結婚式場、「誓いのキス」の段になる。しゃちほこばる名護に業を煮やした恵は自分から「誓いの口づけ」をする。そして、二人の門出を祝うために渡のバイオリンの演奏に入ろうとしたとき、
「パパ~ン!」
と怪しい男が割り込んでくる。「正男」と名乗る男は22年後の世界から来た渡の息子だといい、22年後の未来が大変なんだと渡に会いに来たというのである。外に出ると、上空に怪しげな光が。異変に気付いた太牙も駆けつけ、ネオ・ファンガイアに対峙する。そして、太牙、渡、正男、名護、さらには次狼、ラモン、力たちも変身し、ネオ・ファンガイアに向かっていくのだった。

二つの時間軸を同時に描くという、なかなか難しいストーリー展開で進めたキバも今回で終了。締め方は大方の予想通りでした。真夜も生きてましたしね。というか、「家族の絆」が隠れたテーマでもあるこの作品、最後の最後に「母殺し」はあってはいけないでしょう。ということで、「実は刺していませんでした」というタネ明かし。
「オチ」の結婚式場のシーン。参列者の中にキバットとタツロット、ちゃんと正装している(笑。キバットはシルクハットを被り、タツロットは蝶ネクタイ)。ちゃんと「ミッチー」こと光秀君も出してくれてますね(1回しか出てないのに)。でも、紋付袴なのね(やはり「呉服問屋」だからか)。力さんはやはりいい味出してるな。一人でかなり盛り上がって、次狼さんもタジタジw。
でも、最大のオチは武田航平君でしょう、しかも二役で。イメージ音也でかっこ良く締めたかと思ったら、「正男」になって現れる。しかも、ノリはかつての「音也」そのもの。きっと本人も「最後においしいところを持っていけた」と思っているに違いないw。で、その「正男」もキバに変身したわけですが、ちゃんと別のキバット(IV世)がいましたね。しかも「祭だ祭りだ」と…。結構ヤンチャなのかも。
恵も最後にみんなと揃ってネオ・ファンガイアに立ち向かおうと武器を取り出し…って、おい!何を隠し持ってんねん!

|

« お勧めのFirefoxアドオン | トップページ | 今日の東スポ »

キバ」カテゴリの記事

仮面ライダー」カテゴリの記事

コメント

>行くなよと止められてますが花嫁姿での戦いも見たかったなぁ。
花嫁姿で戦うのって、何かありませんでしたっけ?
>武田航平君はホントに最後の最後までイイトコどりですよね(笑)
もう、最終回のイメージはあれしか残ってませんw。いやぁ、「真」の主役ということでしょうかw。

ディケイド、書くかどうかわかりませんが、ちょくちょく見に来てください。

投稿: あ~かいば | 2009年1月19日 (月) 23時32分

恵、うわ~気がつかなかったです!!(笑)
ホントだぁ、結婚式なのに戦う準備をしている!!
行くなよと止められてますが花嫁姿での戦いも見たかったなぁ。
武田航平君はホントに最後の最後までイイトコどりですよね(笑)
音也似な息子を見てると時は巡るんだなぁと思いました(笑)
色々ありましたがキバも今回で終りという事で
長い間ありがとうございました♪ディケイドも面白いといいですね。

投稿: 日向。 | 2009年1月19日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/43774201

この記事へのトラックバック一覧です: キバ:最終話 フィナーレ キバを継ぐ者:

» 仮面ライダーキバ 第48話「フィナーレ・キバを継ぐ者」 [OPUS MAGNUM]
今回は第48話「フィナーレ・キバを継ぐ者」。 ストーリーは仮面ライダーキバ 第48話「フィナーレ・キバを継ぐ者」で! あー、とうとう終わってしまいましたねぇ、仮面ライダーキバ。 1年間、なんやかんや色々と感想を書きましたが、総評としては面白かったです。 終わりよければ…って感じですかねぇ。 まぁ、でも、今回の終わり方は賛否両論ありそうな感じですね。 時を題材にしているだけに「1年後」とかいうお決まりのパターンはありませんでしたが。 で、最後はなんと「紅正夫」と名乗る人物が登場。 なんと!22... [続きを読む]

受信: 2009年1月18日 (日) 19時46分

» 仮面ライダーキバ 最終話 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
「フィナーレ・キバを継ぐ者」 脚本:井上敏樹 監督:石田秀範 アクション監督:竹田道弘 「じいちゃんとは違うでしょう?」 現在。キャッスルドランの玉座に座る渡のもとに現れたビショップ。「紛い物のキング」と挑発するが・・・。 【最終話の息子】 ※崖からころげ落ちそうになって、必死に掴んだモノは・・・。 【最終話の娘】 ※ウェディングドレス。 【最終話のオトヤン】 ※渡の心の中に語りかける。 【最終話の母親】 ※結婚式当日、恵の心に語りかける。 【最終話の過去クィーン】 ※生きてた。 ※... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月) 01時01分

« お勧めのFirefoxアドオン | トップページ | 今日の東スポ »