« シンケンジャー:第二十一幕 親子熊 | トップページ | 次は博多ラーメンらしい »

2009年7月19日 (日)

ディケイド:第25話 外道ライダー、参る!

先週に引き続き「シンケンジャーの世界」。今週は前枠の「シンケンジャー」にも伏線を張っておいてのストーリー展開。
アヤカシライダーが「カイジンライド」しますw。

  • イーグルアンデッド(from 剣)
  • ムースファンガイア(from キバ)

出てきた怪人は上記の2体。一応、「カメンライド」で「剣」も出してますね。

前枠「シンケンジャー」のおまけカットからの続き。

世界の異物:
鳴滝から、この世界が「ライダー」の浸食を受け、その元凶が「ディケイド」てあることを聞かされる丈瑠。そこに士が現れ、一戦交える気配。だが、アヤカシディエンドが現れ、丈瑠はそちらを倒すことに。一方、士も加勢しようするが、鳴滝が現れ、
「ここだけじゃない。あらゆる世界がお前という異物に拒絶反応を起こす。もう旅を終わらせろ。お前は消えることで世界を救える」
と士に自らの存在を消すように言い含める。この鳴滝の言葉に迷う士。そうこうしているうちに、シンケンレッドはナナシ連中を一掃し、アヤカシディエンドは逃げ去る。
今回も変身シーケンスを微妙に変えているシンケンレッド。通常なら変身してからシンケンマルを抜いて見得を切りますが、今回はシンケンマルを抜くまでが丈瑠で見得を切ると同時にシンケンレッドに変わるようになってます。

今年のヒーロー集合:
士が「通りすがりのライダーだ」と名乗ったことに無茶苦茶反応して現れた源太。烏賊折神を海東に奪われている源太は士も仲間と思い込み(海東も「通りすがりの仮面ライダー」と名乗っているので)、激しく口撃。そばで見ていた夏海は士を庇い、誤解を取り除くために「光寫真館」へ連れて行く。
チノマナコの攻撃に負傷した海東はユウスケに手当てを受ける。そこに、丈瑠達を連れて夏海が帰ってくる。ようやく海東を捕まえた源太、「烏賊ちゃんを返せ~!」と掴みかかる。奥で栄次郎さんとくつろいでいた彦馬さん、騒ぎに目をやると丈瑠が来ていることに気付き、慌てるw。
#ボウルで顔を隠そうにも、ガラスボウルだしw
一方、志葉家。一緒に戻ったはずの丈瑠の姿が無いことに気付く。そこに丈瑠を尾けていた黒子が帰ってくる、黒子の様子がおかしいことに流ノ介は…。
事情を知った面々。ユウスケは海東に「烏賊折神」を返すように言うが、きっぱりと拒否する海東。そこで、「取引」を提案する丈瑠。海東がディエンドライバーを奪われていることを知り、ディエンドライバーとの交換を条件として出したのだが、それも拒否する海東。そこに駆けつけた流ノ介ら四人。「ライダー」が世界を破壊することまで聞いており、とにかく丈瑠を守ることに必死(なのは、流ノ介くらいw)。そんな四人に士をその「破壊者」として紹介し、士のカメラを「爆弾」と偽って混乱させる。そして、この混乱に乗じて海東は逃げ出す。が、源太はそれを見逃さず、海東を追う。

夏海の悲しみ:
世界が変わっていることと、ライダーという得体の知れない存在を疎む流ノ介らの言動にいたたまれなくなった夏海。どこの世界に行っても、同じように迎えいれてもらえず、士の存在自体が否定されることに悲しみを覚える。

シンケンジャー対アヤカシライダー:
海東を追ってきた源太、だが、アヤカシライダーが暴れているところに出くわす。海東に
「僕を追いかけるより、あいつを倒すことの方が先なんじゃないかな。この世界を守るシンケンジャーとしては」
と言われて、ジレンマの源太。結局、人々を守ることに。そして、その源太から連絡が入り、現場へ向かうシンケンジャー。だが、その前に士にカメラを返すことで詫びる。
予想外のパワーに一人でピンチのシンケンゴールド。そこにようやく五人が集う。だが、あろうことか、アヤカシライダーは「カイジンライド」で怪人を召喚する。アヤカシとは違う怪人に翻弄されるシンケンジャー。

それぞれの役目:
シンケンジャーが心配のユウスケは居ても立ってもいられず、加勢に向かう。せっかくコーヒーを淹れたのにとがっくりの栄次郎さん。彦馬さんはシンケンジャーが騒いでいったことに詫びを入れると共に、栄次郎もまた「留守を守る身」であったとして、尊敬する。士が「そんなたいしたもんじゃない」と代わりに応えるが、「あの平常心こそ見習いたい」と彦馬さんはいたく感銘する。そして、「待ってどうにもなるわけではないが、待つことしかできない」という自分の歯がゆさを吐露する。その彦馬さんの姿を見て士は急いでフィルムを入れ、その姿を収める。そして、
「待つのも無駄じゃないって気がするなぁ。待ってる人間がいれば、そこが帰る場所だ。這ってでも帰ってくるもんだろ。そういう場所に」
と待つことも大切なことだと説く。その言葉を聞く夏海。そして士は「主役の登場」と戦いの場に赴く。栄次郎さんは彦馬さんをクッキー作りに誘う。「また…」と思う夏海。だが、幼い頃から、夏見の帰る場所には栄次郎さんが居て、温かく迎えてくれていたことを思い出す。そして、「待つ身」であることも大切なことと知る。
しかし、彦馬さん、あの上にエプロンて…w。

通りすがりのライダーだ:
アヤカシライダーと怪人のパワーに窮地に陥るシンケンジャーとクウガ。そこにマシンディケイダーに乗って士が駆けつける。そして、
「ライダーは必要なくても、この俺、門矢士は世界に必要だからな」
とディケイドに変身、加勢に入る。
こうして今年のスーパーヒーローが揃い踏み。今回は「シンケンジャー」らしく、錦絵をバックに見得を切ってますね。
そして、レッドとディケイドはアヤカシライダーを相手に共闘する。その最中、
「殿様、ここは勝って帰んねぇと、爺さんが泣くぞ」
「お前、何で?」
「多少の無理はさせてやれ。爺さんなりの戦いなんだろ。お前らの帰る場所守ってんだからな」
「あぁ、わかってる」
「だろうな」
と丈瑠と彦馬さんとの仲直りの仲介をする。そして、それに返すかのように
「士、俺はお前が破壊者だと思っていない」
「根拠は?」
「無い。強いて言えば、侍の勘だ。世界は知らないが俺たちはお前を追い出す気は無い」
と士を「不要な存在」とはしていないことを告げる。その言葉に嬉しいと思いながらも
「せっかくだが、この世界に居つくつもりはねぇ。何しろ俺は、通りすがりの仮面ライダーだからな」
と己が信念を迷うことなく貫き通すことを自分に言い聞かせる。ライダー、シンケンジャー、それぞれの思いが一つとなり、アヤカシライダーに立ち向かう。

大剣交換:
一丸となって立ち向かうライダーとシンケンジャー。ピンク、グリーン、ゴールドがムースファンガイアを、ブルー、イエロー、クウガがイーグルアンデッドを倒す。そして、ディケイドがコンプリート・フォームに変身。その間、一人でアヤカシライダーと剣を相手にしていたレッドと共闘を再開する。剣・キングフォームを召喚し、それぞれの技でアヤカシライダー、剣に一閃を浴びせる。そして、剣をファイナル・フォーム・ライドでブレイド・ブレードに変えると、烈火大斬刀と交換。謎のカードは「烈火大斬刀」のアイテムカードとなり、揃って大剣を振るいアヤカシライダーを倒す。
ということで、「ユニフォーム交換」ならぬ、「大剣交換」をしたディケイドとシンケンレッド。思わぬところで「共通の武器」があったんだなw。

それぞれの暮らしに:
アヤカシライダーを倒したところに海東が現れ、ディエンドライバーを拾おうとすると、すかさずシンケンゴールドがディエンドライバーを拾い上げ、烏賊ちゃんとの取引を要求。士も「あきらめろ」と笑ってあきらめさせる。
ようやく烏賊ちゃんを取り戻した源太。感激もひとしおに連れて帰る。茉子らシンケンジャーも志葉家への帰路に着く。士と丈瑠、ライダーとシンケンジャーと立場と「世界」は違えど、それぞれの「世界」を守る者同士、目で語り合い、それぞれの「帰る場所」へと帰る。志葉家では彦馬さんと彦馬さんが作った似顔絵クッキーが五人の帰りを温かく迎えてくれた。一方の「光寫真館」、全てのわだかまりが消えた夏海が玄関で帰りを待ち、迎えてあげるのだった。
と、最後は二人の「お爺ちゃん」が作った似顔絵クッキーで迎えるという温かな締めでした。志葉家の方は大喜びでしたね。彦馬さん、味の方を気にしていましたが…。ここで、カットが変わってしまったので、気になる「味」のほどはわからずじまいとなりましたが、何となく、
姐さん)のよりいい!」
と丈瑠、流ノ介、千明が言ってそうな気がしないでも無いw。

さて、次に巡る世界は「RXの世界」。ついに「昭和ライダー」の世界に訪れることになりましたね。劇場版公開一週前になるので、劇場版とのリンクになりそうですが。
#栄次郎さんも「あのマント」を翻していますし。
##あ、二週前だったよw
しかも、倉田てつを氏が出ますね。でも、BLACKも出るんですよね。ここはどうするんだろ?劇場版同様、別物扱いなのか、それとも素直にBLACK→RXの進化形とするのか?
とはいえ、期間的にもそうですが、士と士の妹、そしてこの二人を取り巻く人間関係からして、ここで終結になるのかなと思えたり。あるいは、劇場版が「ディケイド」のエンディングにするというのもありですね。

|

« シンケンジャー:第二十一幕 親子熊 | トップページ | 次は博多ラーメンらしい »

仮面ライダー」カテゴリの記事

コメント

そうそう

「君を巻き込んでしまって・・・・、本当にすまないと思ってる」ってセリフの人
(どきどきキャンプの岸か!)

投稿: FusionJack | 2009年7月20日 (月) 02時55分

>来週の士は「霞のジョー」なんだね、あの衣装
あぁ~( ・∀・)!
そういえば、あんな感じでしたっけ「霞のジョー」。
しかも、演じてたのが小山力也だったんですよね。

投稿: あ~かいば | 2009年7月19日 (日) 22時41分

来週の士は「霞のジョー」なんだね、あの衣装

投稿: FusionJack | 2009年7月19日 (日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/45674554

この記事へのトラックバック一覧です: ディケイド:第25話 外道ライダー、参る!:

» 仮面ライダーディケイド 第25話 「外道ライダー、参る」 感想 [新・天の光はすべて星]
せっかくのシンケンジャーとのコラボだったんですが、前回書いた通り次回予告で吹っ飛んでしまいました。とりあえず次回予告は最後に回して肝心の本編の感想を。殿はホント強いなぁ。前回同様、夏みかんが随分とキレ気味。どこへ行っても他人から攻められ続ける士を気にして....... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 10時09分

« シンケンジャー:第二十一幕 親子熊 | トップページ | 次は博多ラーメンらしい »