« もうTBSは… | トップページ | 「Windows 7」発売「7」日前 »

2009年10月14日 (水)

そらのおとしもの

さて、10月も2週目なので、秋アニメも出揃い、目ぼしそうなのはとりあえず見ました。で、お題の「そらのおとしもの」もその1作品。

原作は「月刊エース」連載のコミック。内容としては、ある片田舎の町に住む高校生の少年の目の前に羽根の生えた一人の少女(「エンジェロイド」という存在)、「イカロス」が空から降ってきて、少年を「ご主人様」(マスター)と扱い、未知の力でご奉仕するのだが、いろいろと…、ってな感じの話です。
ここで、イカロスの持つ(アイテムの)能力というのが、「シナプスから感受したことを具現化する」というもの。早い話が「思ったもの(こと)を形にします」ということです。で、主人公の少年が「煩悩の塊」で、それが元で騒動を繰り広げるというのがパターンです。

で、主人公の少年、桜井智樹を演じるのが保志総一郎。そうです、「キラ」です。ギャグっぽいところもあるので(突如2頭身キャラになりますし)、役柄的には「バルカ」が近い気もしますが、思いっきり、
キラ
ですw。

さて、地上波で2話まで放送されましたが、この第2話が「世界的」に話題に。第2話のエンディングだけがYouTubeにアップされたらしいのですが、これを見て、世界の人が「日本大丈夫か?」とか、「日本ヘンタイ」とコメントを寄せているらしいです。
どのようなものかというと、フォークソングの名曲「岬めぐり」がエンディングテーマとして流れたのですが、それに合わせて流れたアニメパートというのが、
パンティが空を飛んでゆく
というもの。あたかも、雁のように、編隊飛行をするんですね。しかも、このパンティ、CGによる描写ですw。
#無駄に力を掛けてるなw。
何でそんなものが流れるのかというと、第2話のストーリーの展開上、あったためです。つまり、本編からずっと見ていれば「自然な流れ」(って言うのもなんだがw)の描写なんですね。ただ、YouTubeにはエンディングだけがアップされたので、色々と物議がと言った感じらしいです。

しかし、やはりシュールな画だよなw。

|

« もうTBSは… | トップページ | 「Windows 7」発売「7」日前 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/46487650

この記事へのトラックバック一覧です: そらのおとしもの:

» そらのおとしもの [とおるのささやき]
そらのおとしもの さて、10月も2週目なので、秋アニメも出揃い、目ぼしそうなのは... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 02時41分

« もうTBSは… | トップページ | 「Windows 7」発売「7」日前 »