« W:第32話 風が呼ぶB/今、輝きの中で | トップページ | 「YouTube」で自己PR »

2010年4月26日 (月)

ソニー、フロッピーディスクの販売を2010年度で終了

日本国内に限りますが、ソニーはフロッピーディスクの販売を2011年3月に終了すると発表しました。
#元記事はこちら
ちなみに、ソニーのフロッピーディスク販売シェアは70%だそうで。

まあ、小型で大容量のメディアも安価で入手しやすくなりましたし、「フロッピーでなければダメ」と言われいた「BIOS書換」もWindows上からできたり、USBメモリから実行できるようになったで、フロッピーディスクが活躍する場が無くなってきてますね。
まあ、今では「フロッピーディスクって何ですか?」とその存在を知らない人もいますし。

しかし、元記事で「安価で大容量のストレージ媒体」として紹介されているのが、

  • CD
  • DVD
  • Zip
  • USBドライブ

の4つ。CD/DVD、USBドライブはわかるが、Zipって…。Zipドライブのことだと思うのだが、まだ使われているのか?正直、もう見ないのだが。
もうひとつツッコミを入れるとしたら、MOは?ZipよりもMOの方がまだ見るし、むしろ、MOの方がZipドライブよりも普及していたと思うんだよね。
それと、「USBドライブ」って?もしかして、「USB接続のハードディスク」を指しているのか?厳密に言えば、「USBドライブ」は媒体ではなく、「USB接続を用いるドライブ(装置)全般」であって、「記録媒体」を指す言葉ではないと思うのだが。

|

« W:第32話 風が呼ぶB/今、輝きの中で | トップページ | 「YouTube」で自己PR »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/48192698

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー、フロッピーディスクの販売を2010年度で終了:

« W:第32話 風が呼ぶB/今、輝きの中で | トップページ | 「YouTube」で自己PR »