« アドビ、ついに断念 | トップページ | 彩音まい、3年越しの「了解」 »

2010年4月23日 (金)

IME 2010、Office登録ユーザーに無償配布

マイクロソフトはオフィススイート「MS-Office 2010」に搭載される日本語IME「IME 2010」がオフィス登録ユーザーに対して、無償で配布するそうです。
#元記事はこちら

対象となるOfficeは「Office XP」以降の「2003」、「2007」、「2010」。「Office 2010」が販売開始される6/17にダウンロードを開始するそうです。

「2000」は対象外になるんですね(泣)。でも、「2000」って、まだ使われてないか?
#少なくとも、私は「2000」ですが。
動作が軽いので、あまり、(バージョンを)上げる気が無いんですよね。

しかし、こうなると、ジャストシステムのATOKはますます立つ瀬が無くなりますね。その変換精度は誰もが認めるものであるものの、「一太郎を購入してもらう」、「単体で購入してもらう」以外にユーザーに触れてもらう機会が無いので、なかなかシェアが広がらないんですよね。その上、Googleやbyduもフリーで提供を開始したので、さらにシェアが伸び悩み始めてますね。

企業も個人も「MS-Office」を使う人が殆どで「一太郎」を使うのはMS-DOS時代からのユーザーくらいですかね。また、単体で販売するも、ライセンスの絡みで企業ユーザーはインストールを認めないというのが実情ですからね。また、それが個人ユーザーにも影響を与えてるんですよね。つまり、「会社と自宅とで使い勝手を変えたくない」という心理が働いて、ATOKを選ばないという結果に繋がってしまうと。
ただ、この春モデルからのパソコンに(店舗限定とは言え)プリインストールしてPCと抱合せにするという販売戦略をとってますね。なので、今年からのPC入れ替えを狙って、シェアの拡大を狙っているのかと。

機能はいいんだよね。MS-IMEとは比べものにならないくらい。
#Vista搭載のMS-IMEは最悪のモノだったらしいが

|

« アドビ、ついに断念 | トップページ | 彩音まい、3年越しの「了解」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/48163415

この記事へのトラックバック一覧です: IME 2010、Office登録ユーザーに無償配布:

« アドビ、ついに断念 | トップページ | 彩音まい、3年越しの「了解」 »