« Google、Windowsの社内利用を中止 | トップページ | 仮面ライダーエターナル »

2010年6月 3日 (木)

米国でパケット定額制廃止へ

アメリカでのことですが、日本も遠からず、他人事とは言えないことになるかもです。

アメリカの通信大手、AT&Tはこれまで提供してきていたパケット定額プランを廃止し、段階的従量制のプランを開始するそうです。
ひとまず、基本は月額いくらで通信データ量がいくらまでかで課金し、それを超過する(しそうな)分には追加で通信データ量単位での課金をするプランだそうです。

こう聞くと、「スマートフォンも出て、携帯でもリッチコンテンツを見る時代に、逆行的な」と思う人もいるかと思いますが、これに踏み切った理由は、その「パケット通信量」。想像以上に増大しており、トラフィックもかなりなものらしく、通信品質に響くやもといった感じらしいです。そのトラフィックを抑える意味も含めての従量制らしいです。

まあ、これには裏もあり、データ通信量が増える一方、通話量が減ってきているというのも一因ではないかと。つまり、キャリアにとっては「身入りが細くなる一方」の状況なわけですね。

で、日本でも実際には同様な状況になっておりまして、通話量よりもデータ通信量の方が遥かに多くなっております。となると、日本でも同様なことが起きるのではないかと。

確かに、携帯で「話す」ってのは、あまりないからなぁ。よっぽどのことがない限り、メールで済ませますからね。その上、無料通話分だって、毎月残るし。

|

« Google、Windowsの社内利用を中止 | トップページ | 仮面ライダーエターナル »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/48536628

この記事へのトラックバック一覧です: 米国でパケット定額制廃止へ:

« Google、Windowsの社内利用を中止 | トップページ | 仮面ライダーエターナル »