« ゴセイジャー:epic 24 ミラクルアタック・ゴセイジャー | トップページ | 高校生のための「NVIDIA CUDAサマーキャンプ2010」開催 »

2010年8月 1日 (日)

W:第45話 Kが求めたもの/悪魔のしっぽ

ゲストに「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のメレ役、平田裕香が出演。キャラクター設定が「メレ」そのままですね。

フィリップもついに自分の「過去」を知ることとなり…。

風都タワーの再建工事を見ながら物思いにふける翔太郎。そこに、風都博物館の学芸員、轟響子。憧れの存在である博物館館長である、園咲琉兵衛が「なくしたもの」を探し出して欲しいとの依頼。園咲琉兵衛絡みということで、断ろうとする亜樹子だったが、翔太郎は「これも運命」と引き受ける。
風都タワーが再建の状態となっているので、「劇場版の出来事」を挟んでの話ということになりますね。しかし、平田裕香演じる轟響子の扮装、「遺跡発掘」だからか、インディージョーンズ ですね(笑)。

園咲邸、ミックにエサをやる琉兵衛。そこに若菜がやって来る。計画が最終段階に入り、若菜を「地球の巫女」として差し出すことに「花嫁の父の心境だ」と物思いにふける。そして、ミックに「evil tail」の捜索を命じる。

星降谷発掘現場、かつて、園咲琉兵衛が「何か」を発掘し、付近の住民から遠ざけるために土地を買い占め、今の園咲邸がある場所。そこに捜索に入る轟、翔太郎、そして亜樹子。邸宅の地下に遺跡があることに驚く翔太郎。が、どこをどう探したらいいか分からない。そんな時、「おまけ」のように付いて来た亜樹子はダウジングで探し始める。
半信半疑(いや、まるっきり信じちゃいないが)で亜樹子について行く轟と翔太郎。昔の発掘現場にたどり着く。そして、「何かある」と感じる亜樹子。瓦礫の山を探る翔太郎。そして、「evil tail」と記された箱を見つけ出す。琉兵衛が探し求めていた「evil tail」を見つけ出し、喜ぶ轟。が、そこにスミロドン・ドーパントが現われる。
一方、「地球の本棚」で園咲琉兵衛に関する項目の検索を試みるフィリップ。だが、相変わらず、ロックされていて探すことができない。が、突然、検索に引っかかった「本」が導きだされる。突然のことに驚くフィリップ。そして、その中に、「Raito Sonozaki」と自分の名前が記された「本」を見つけ出す。自分の「過去」が記された「本」。フィリップは一度は手に取るが、自分のことを知ることが怖くなり、「本棚」から飛び出してしまう。その様子を見届けるわかな。実は、突然、検索ができるようになったのは、若菜がセキュリティを解除したからであった。
スミロドン・ドーパントの出現にWで立ち向かおうとする翔太郎。フィリップにもドライバーが装着され、サイクロンジョーカーに変身する。地下遺跡跡で「evil tail」の争奪戦を繰り広げるWとスミロドン・ドーパント。そこに、テラー・ドーパントが現われる。「evil tail」が、琉兵衛がこれから引き起こそうとしている、「ガイアインパクト」に必要なものだと説くテラー・ドーパント。何としても奪おうとする。立ち向かおうとする翔太郎だが、亜樹子たちに危険が迫ることを感じたフィリップはひとまず退散することにする。
と、ここで、琉兵衛の最終目的が「ガイアインパクト」であることが明かされました。話数も話数なので、「終着点」を出しましたね。

鳴海探偵社、園咲琉兵衛の目的が「ガイアインパクト」であることを知った面々。轟は尊敬していた琉兵衛の本性を知り、動揺する。フィリップは自分の「本」を読まなかったことを後悔する。そんなフィリップを励ます翔太郎。そして、まずは「evil tail」をどうするかを考えることに。と、その矢先、轟は「evil tail」を持ったまま姿を消す。琉兵衛の元へ向かったと感じた翔太郎と照井は轟を追い、フィリップは自分の「本」を読むことを決意する。
まず、ここでフィリップが「自分の過去を知る」、または「自分の全てを受け入れる」という「恐怖」に立ち向かうことになりますね。「恐怖」に立ち向かう=琉兵衛(=テラー・ドーパント)に立ち向かうに繋がるわけです。
#「恐怖」=「テラー」(Terror)ですからね。

風都博物館、琉兵衛に面と向かって真相を問う轟。琉兵衛は、博物館にある絶滅種の剥製を見て、人類もいずれ絶滅してしまうことを憂い、人類が永遠に地球上に残る「種」となる手段(=地球と一つになること)を見出したことを語る。それこそが「ガイアインパクト」の真相であった。そして、その為に「evil tail」が必要だと、轟に渡すように歩み寄る琉兵衛。そこに翔太郎と照井が駆けつける。琉兵衛の思い通りにはさせないと意気込む翔太郎と照井。が、琉兵衛が翔太郎を睨んだ瞬間、翔太郎は身動きが取れなくなる。翔太郎は琉兵衛に対し、計り知れない「恐怖」を感じていたのだった。そして、琉兵衛は翔太郎が自分(=テラー・ドーパント)と何度か接触しているうちに、翔太郎が無意識に自分との接触を拒むようになっていたことを説く。そこから、「Terror」の能力が相手の「恐怖心」を増幅させるものだと察する照井。
琉兵衛はミック(=スミロドン・ドーパント)を呼び出し、轟から「evil tail」を奪い取ろうとする。照井は轟と「evil tail」を守るため、アクセルに変身し、轟とスミロドン・ドーパントを追う。琉兵衛は翔太郎が初めて自分(=テラー・ドーパント)の姿を見た時から自分に負けていたのだと、勝ち誇りながら後にする。琉兵衛への恐怖で崩れ落ちる翔太郎。
一方、「地球の本棚」で自分の「本」を読むフィリップ。そこから自分の「過去」を知っていく。そして、驚愕の「真実」を知ってしまう。

「evil tail」を持って逃げる轟。それを追うスミロドン・ドーパント。それを阻止するアクセル。スミロドン・ドーパントの動きについていけないアクセルはアクセルトライアルに変身する。が、「Trial」のメモリを以てしても、スミロドン・ドーパントの動きについて行けない。
琉兵衛に対する恐怖で心身ともに憔悴しきった翔太郎、そうなりながらも、照井たちの後を追って外に出る。フィリップもまた、「自分の真実」を知り、無我夢中で飛び出してしまう。
アクセルトライアルとスミロドン・ドーパントの戦いの場にたどり着く翔太郎。が、琉兵衛への恐怖が翔太郎の体を支配し、何もできずにいた。そこに駆けつけるフィリップ。自分の身に何が起こったのかを翔太郎に話そうとしていた。が、翔太郎は無意識に照井の戦いを見ているだけだった。フィリップはアクセルトライアルの戦いを見て我に返る。翔太郎に「変身だ!」と呼びかけるフィリップ。フィリップの言葉に、ようやく自分を取り戻す翔太郎。そして、サイクロンジョーカーに変身して、アクセルトライアルの援護に入る。が、スミロドン・ドーパントの変則的な動きに手の打ちようがない。フィリップは自分の「記憶」から策を講じ、メタルのメモリを使う。そして、メタルロッドを振ってある「ポーズ」をとる。それを見て、大人しくなるスミロドン・ドーパント。さらに、スタッグフォンを装着し、メタルのマキシマムドライブを発動、「スタッグブレイク」でスミロドン・ドーパントのドライバとメモリを破壊する。ガイアメモリを破壊されたことで、元の「猫」の姿に戻る。幹部の一人が「猫」であったことに驚き、力が抜けるアクセルトライアル。
「策」の全容を語るフィリップ、それは自分の「すべて」を知った証でもあった。そして、「真実」を告げようとした矢先、テラー・ドーパントが現われる。来人(=フィリップ)がすべてを知ったことを祝福するテラー・ドーパント。そして、来人と「evil tail」が揃った時、自分が望む「ガイアインパクト」が実現すると、己の野望を明かす。テラー・ドーパントに対し、再びWで立ち向かおうとするフィリップ。だが、翔太郎はテラー・ドーパントに対しての「恐怖」で何も出来ない状態であった。勝ち誇るテラー・ドーパント。そこに、「Jet」で攻撃を仕掛けるアクセルトライアル。照井が「精神干渉攻撃」を受け付けない体質であることを知っていたテラー・ドーパント。が、自分の攻撃が「精神干渉攻撃」だけではないと、頭部の飾りを化物と化し、アクセルトライアルに襲わせる。化物に食いつかれるアクセルトライアル。「精神干渉攻撃」がだめなら、直接「物理的攻撃」で仕留めようとするテラー・ドーパント。

琉兵衛の本性を目の当たりにした轟。そこに若菜が現われ、「evil tail」を奪おうとする。「evil tail」と来人、若菜とすべてが揃ったことに勝利を確信するテラー・ドーパント。フィリップを招き入れようとする若菜。フィリップは「本」に記されていたことを否定する。が、琉兵衛の口から、フィリップが12年前に既に死んでしまったという「真実」が明かされる。幼い来人は12年前に発掘現場にあった「泉」と呼ばれる井戸に誤って落ちてしまい、それが元で死んでしまったのだ。が、その時、エクストリームの光に包まれ、それを目にした琉兵衛は今の計画を思い立ち、実行に移していたのだった。琉兵衛の言葉に恐怖に震えながらも、フィリップに真相を問う翔太郎。そして、フィリップの口からそれが「真実」であることが告げられる。

ラストスパートに向けて、様々な「点」が「線」となって繋がってきました。しかし、フィリップが実は既に「死んでいた」というのは驚きの展開でしたね。となると、今の肉体がどういったものかが気になります。

|

« ゴセイジャー:epic 24 ミラクルアタック・ゴセイジャー | トップページ | 高校生のための「NVIDIA CUDAサマーキャンプ2010」開催 »

W」カテゴリの記事

仮面ライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/49027184

この記事へのトラックバック一覧です: W:第45話 Kが求めたもの/悪魔のしっぽ:

» 仮面ライダーW 第45話「Kが求めたもの/... [MAGI☆の日記]
仮面ライダーW(ダブル)の第45話を見ました。第45話 Kが求めたもの/悪魔のしっぽ冒険家のような格好をした轟響子という博物館の学芸員が鳴海探偵事務所を訪れ、恩人を助けたいと頼... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 11時52分

» こどもが喜ぶネタ満載 仮面ライダーW  ... [やっほっほ~]
まるでインディ・ジョーンズのような衣装に身を固めた響子(平田裕香さん)が、鳴海探偵事務所へとやってきた。博物館の学芸員だという彼女、あこがれの館長・園咲琉兵衛(寺田... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 12時35分

» 仮面ライダーW 第45話「Kが求めたもの/悪魔のしっぽ」 [破滅の闇日記]
仮面ライダーW(ダブル) VOL.7 [DVD](2010/08/06)桐山漣菅田将暉商品詳細を見る フィリップの謎が少しずつ明らかになりました。今までは園咲家に関する... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 12時38分

» いよいよ大詰め!仮面ライダーW 第45話 [ほかのさなぎ。]
なんのかんのでそれらしくなってきたダブル。とりあえずエターナル達は映画を待たずして倒されちゃったようですwやっぱりフツーの人間ではなかったフィリップ。おまえはすでに死ん... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 14時35分

» 仮面ライダーW45話「Kが求めたもの/悪魔のしっぽ」 [むとちゃん的BLOG ~我思う、故に我在り~]
女性版インディジョーンズが登場したかと思えば・・・メレ様じゃないですか(喜) お懐かしい!! で、そのメレ様の依頼が、博物館の館長を助けたいだと!?あのテラーをか!! 探すことになったブツが・・・イーヴィル・テイル! なんじゃそりゃ! 意外と簡単に見つかる訳で・・・(汗) しかも亜樹子の”ダウジングスリッパ”で(爆笑) ドラえもんか、お前は!! ・・・しかしテラーさん、もっとしっかり探しなさいよ!! フィリップ、遂に自らのことを検索! ・・・・えええええええっ!?実は12年前... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 20時16分

» 最終章突入~W45話~ [COLONYの裏側]
・今日の依頼人はメレこと平田裕香さん。勤め先の館長(=薗崎パパ)が探してる何かを一緒に探して欲しいと依頼。半ば脅しに近い形で受けることになったが、人によってコロコロ態度... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 22時16分

» 仮面ライダーW第45話「Kが求めたもの/悪魔のしっぽ」 [OPUS MAGNUM]
今回は第45話「Kが求めたもの/悪魔のしっぽ」。 ストーリーは仮面ライダーW第45話「Kが求めたもの/悪魔のしっぽ」で! そろそろ番組も終盤を迎えたということで、謎だった部分が色々と明らかになってきました。 そして今回はとうとうフィリップの謎が…。 フィリップの正体は園咲琉兵衛の息子であったことは以前判明しました。 要するに、園咲家の人間だったということですね。 そして今回解った新事実とは、なんと! フィリップ=園咲来人は12年前に死んでいた!ということでした。 12年前、園咲家が管理してい... [続きを読む]

受信: 2010年8月 2日 (月) 13時48分

» ◎仮面ライダーW第45話「Kが求めたもの/悪魔... [ぺろぺろキャンディー]
 まるでインディ・ジョーンズのような衣装を身に付けた女性・響子(平田裕香)が、鳴海探偵事務所にやってきた。博物館の学芸員だというが、憧れの恩人・博物館の館長を助けたい、... [続きを読む]

受信: 2010年12月10日 (金) 22時19分

« ゴセイジャー:epic 24 ミラクルアタック・ゴセイジャー | トップページ | 高校生のための「NVIDIA CUDAサマーキャンプ2010」開催 »