« W:第45話 Kが求めたもの/悪魔のしっぽ | トップページ | ウィルコム、ソフトバンクをスポンサーに »

2010年8月 1日 (日)

高校生のための「NVIDIA CUDAサマーキャンプ2010」開催

イベント名が示す通り、NVIDIAは現役高校生を対象にGPUコンピューティングの能力育成を目的とした「NVIDIA CUDAサマーキャンプ2010」を8/30に開催するそうです。
#元記事はこちら

専用サイト にてすでに参加者の募集をしており、その定員は50名。定員になり次第締め切るそうです。参加費用は無料。

講義内容は「GPUとは」といった、アーキテクチャの説明に始まり、CUDAの説明、(開発環境の)インストールから基本的なプログラミングまでを予定しているそうです。

なお、参加者には参加特典としてはじめてのCUDAプログラミング―驚異の開発環境[GPU+CUDA]を使いこなす! が参加者全員にプレゼントされる他、参加者に抽選でグラフィックボードGLADIAC GTX 460 1GBが3台、液晶モニタS243HLbmii2台がプレゼントされるそうです。

参加無料(まあ、対象が高校生ですからね)と高校生であれば誰でも参加できますが、内容的にも高度になるものと思われるため、制限ではないですが、下記のうち2つは当てはまる学生の参加が望ましいとされてます。

  1. CPUとGPUの役割や処理能力の違いにとても興味を持っている
  2. for文などの制御構造を活用したプログラムが書ける
  3. ポインタ変数やアドレス演算について理解している
  4. 行列計算のプログラムが書ける(一から書けなくても、サンプルプログラムを読んで内容を理解できる)
  5. Visual C++ 2008/2010 Express Editionでの開発経験がある

まあ、まず「C言語」を知っていないとプログラミングの講義内容は分からないでしょうね。また、APIはあるとしても、ハードウェアを意識したプログラムになるはずなので、ポインタ変数やアドレス演算を知らないとついていけないでしょう。
#それに、プログラミングができない。

しかし、こういったイベントは、分野を問わず、この業界の将来を見据えた意味でも、どんどんやって欲しいですね。

|

« W:第45話 Kが求めたもの/悪魔のしっぽ | トップページ | ウィルコム、ソフトバンクをスポンサーに »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/49033680

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生のための「NVIDIA CUDAサマーキャンプ2010」開催:

« W:第45話 Kが求めたもの/悪魔のしっぽ | トップページ | ウィルコム、ソフトバンクをスポンサーに »