« 「7」が「Vista」抜く | トップページ | 「Google Wave」の開発中止 »

2010年8月 4日 (水)

「イカタコウィルス」作者、再逮捕

平成20年に著作権法違反で逮捕された「原田ウィルス」の作者を再逮捕したとのこと。今回の容疑は「器物破損罪」。コンピュータウィルスを使った犯罪で器物破損罪が適用されたのは初のケース。
#元記事はこちら

今回のウィルスは感染時に「イカ」や「タコ」のキャラクターが出てくることで「イカタコウィルス」と呼ばれるものらしいのですが、(リンク先にある)可愛らしいキャラクターが出てくる割に凶悪なウィルスで、感染者のPC上にあるファイルを片っ端から改変していくというもの。しかも、PCの電源を落としているときは改変は止まりますが(当たり前ですが)、PCを立ち上げると、再度、改変を行ない、結果的に全ファイルを改変してしまうそうです。
今回、被害にあった北海道在住の男性の使用PCを使用不能の状態にしたということで「器物破損罪」を適用したそうです。

で、動機が

前回の逮捕からプログラミング技術が向上しているかを試したかったのと、違法ダウンロードをしている人達を懲らしめたかった

という典型的な「自己陶酔」型。まあ、後者は「後付」だろうね。
前回は「著作権法違反」で逮捕されているわけですが、これを踏まえ、

自分が描いた絵ならば、逮捕されないと思った

とも。つまり、懲りていなかったわけです。
#まあ、今回「器物破損罪」を適用した事情の一つには
#イラストが自分が描いたものであるため、「著作権法違反」
#は適用できなかったこともあるそうです。とはいえ、他人の
#持ち物(=PC)を使用不可の状態にしているので、今回の
#「器物破損罪」は妥当かも。

前回は執行猶予がついていたようですが、今回は「実刑」だろうね。

|

« 「7」が「Vista」抜く | トップページ | 「Google Wave」の開発中止 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/49062821

この記事へのトラックバック一覧です: 「イカタコウィルス」作者、再逮捕:

« 「7」が「Vista」抜く | トップページ | 「Google Wave」の開発中止 »