« 東京写真連盟撮影会 in 油壺(2011/5) | トップページ | IS、スーパー耐久シリーズに参戦 »

2011年5月28日 (土)

NGNでのIPv6接続

NTT東西が展開しているNGN(次世代ネットワーク。サービス名称:フレッツ光ネクスト)において、IPv6接続が本格化するようです。まずはトンネリング方式での接続を6/1から、ネイティブなIPv6接続を7/26から開始するそうです。
#元記事はこちら

ちなみにトンネリング方式とはIPv6通信のパケットをIPv4通信(つまり従来の通信)の中を通すために、「IPv6通信パケットをIPv4通信でのデータと見立てて」通信させる方式です。
#あたかも、従来の通信部分がトンネルのように
#なるので。
ネイティブはその名の通り、完全なIPv6での通信となります。
いずれにしても、ユーザー側はIPv6アドレスが付与されることとなるので、専用のアダプタを購入(またはレンタル)する必要があります。NTTでは、東西ともに、5/30からアダプタの販売を開始するそうです。

また、7/26開始のネイティブ接続に関してはNECビッグローブが同日からのサービス開始を表明しております。
#元記事はこちら

IPv6アドレスへの転換が提案されてから何年か(およそ10年くらい)経ちましたが、IPv4アドレスの枯渇が現実化した今年、「IPv6元年」となりますかね。

|

« 東京写真連盟撮影会 in 油壺(2011/5) | トップページ | IS、スーパー耐久シリーズに参戦 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/51789930

この記事へのトラックバック一覧です: NGNでのIPv6接続:

« 東京写真連盟撮影会 in 油壺(2011/5) | トップページ | IS、スーパー耐久シリーズに参戦 »