« 秋葉原のホコ天 | トップページ | 早食い競争をするなら »

2011年7月22日 (金)

フィギュア状の3Dモーションキャプチャ装置

ソフトイーサ(株)がフィギュア状の3Dモーションキャプチャデバイスを開発したそうです。
#元記事はこちら

ソフトイーサ、セルシス、ビビアンの3社で共同開発した「QUMA」という技術を応用したハードウェア製品だそうで、各関節を動かすと、センサーが感知し、USB経由でモーションデータをPCに転送する仕組みだそうです。
この製品の登場により、直感的な操作で3Dモデリングのモーションキャプチャが容易にできるようになるとのこと。

ちなみに、元記事のページでは使い方の動画もアップされてます。

しかし、この製品の開発をソフトイーサが行なったというのが驚き。ソフトイーサって、社名が表わす通り、VPNなどの通信系のソフトウェアを開発(ならびに、ソリューションの提供)をしてるところなんだよね。

|

« 秋葉原のホコ天 | トップページ | 早食い競争をするなら »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/52276308

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア状の3Dモーションキャプチャ装置:

« 秋葉原のホコ天 | トップページ | 早食い競争をするなら »