« フォーゼ:20 超・絶・磁・力 | トップページ | Uchi Cafeシリーズ「ワッフル(チョコレート&オレンジソース) »

2012年1月30日 (月)

劇場版「海賊戦隊ゴーカイジャー v.s. 宇宙刑事ギャバン」

1/28(土)に見に行ってきました。映画館で見るのはこの記事 で書いた桜井まり(現、吉永まり)主演の「十年愛」以来です。
#実に3年振り。

行ったのは池袋にある「シネマサンシャイン池袋」。18:50からの公演で最終枠でした。最終枠だからか、それほど混んでもいなく、前よりの真ん中ほどの座席で鑑賞しました。
また、劇場では劇場版用のダイスオーカードが配られました。ちなみに、私が入手したのはこれ。

Diceo

18:50からと言っても、実際には19:00をまわって、ようやく本編が上映されました。

で、中身。いやぁ、楽しめましたよ、いろんな意味で。まず、ギャバンのコンバットスーツが今回の映画用に新造されたんですよね。オリジナルはアップ用とアクション用とが思いっきり変わってましたが(素材的に)、今回はアクション用もメタリック感を保ったものとなりました。いやぁ、これも技術の進歩ですかね。そういえば、冒頭でギャバンがゴーカイジャーを捕縛する際、レーザーブレードが鞭のようになったんですよね。これって、宇宙刑事シャイダーのレーザーブレードがこうなるんですよね。まあ、その辺の装備は支給されていると言うことで…。
それと、コンバットスーツの転送シーケンスの映像が変わってましたね。

「結構、贅沢なキャスティングだなぁ」と思ったのが佐野史郎。宇宙警察総裁ウィーバル(正体は魔空監獄獄長アシュラーダ)役として出たのですが、冒頭でその正体がばれ、すぐにアシュラーダの姿になってしまったんですよね(ただし、アシュラーダの声で出演は続けてますが)。
それと、ゲストキャラ。テレビではスーパー戦隊側がゲストとして出ますが(まあ、当然ですけど)、今回の劇場版では敵側キャラがかなり出てきました。「炎神戦隊ゴーオンジャー」からは3大臣が揃って登場。ちゃんと、害水大臣ケガレシア役で及川奈央も出演しました。また、「轟轟戦隊ボウケンジャー」からはネガティブシンジケートの一つ、「ダークシャドウ」の「幻のゲッコウ」と「風のシズカ」が登場。当然、風のシズカ役で山崎真美が出演です。それから、「魔法戦隊マジレンジャー」からはバンキュリア、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」からはバエ、「爆竜戦隊アバレンジャー」からはヤツデンワニが出てきてました。あ、ゴーカイジャーからも一人(?)出ていて、温泉場へ駆け落ちしたはずのジェラシットが出てました(笑)。まあ、他にも出てはいましたけど、このキャラたちが出てきたのがギャグパートなので、結構印象に残ってます。「いい仕事」してますね。

見所はギャバンの戦闘シーンですかね。ギャバンとギャバンブートレグの対決は剣技の応酬でかなり見応えがありました。
カンゼンゴーカイオーが電子星獣ドルに跨り共闘しますが、最後はマーベラスがゴーカイオーを降り、ギャバンと共にドルの頭に立って、ギャバンダイナミックとファイナルウェイブを決めるところが今回のストーリーの展開にあっててよかったのではないかと。

しかし、欲を言えば、電子星獣ドルはプロップでやって欲しかったな。CGで再現してたのですが、これはプロップでやってもらいたかった。そういう点では、昔って、「職人技」と言うか、今よりつくりが凝ってたんだなと感心してしまいます。
それと、この作品では「よろしく勇気」がキーワードになってたのですが、やはり違和感があるんだよな。この言葉って、「宇宙刑事ギャバン」の主題歌の1フレーズなのですが、「宇宙刑事ギャバン」の劇中で使われたことってないんだよね。でも、さもキャッチフレーズのようになっているところが、ちょっと…。
あ、劇中で串田アキラさんが唄う「宇宙刑事ギャバン」も流れました。そういう意味でも、かなり楽しめました。

|

« フォーゼ:20 超・絶・磁・力 | トップページ | Uchi Cafeシリーズ「ワッフル(チョコレート&オレンジソース) »

ゴーカイジャー」カテゴリの記事

戦隊シリーズ」カテゴリの記事

コメント

>天の声の要望はシャイダーの最終回以来だったね。
この3人の揃い踏みは予想外でしたね。大葉さんが3役やると言うのだけでも驚きだったので。

>ぶっちゃけ、BFやデンジマンの頃は「VSシリーズ」なんてなかったから、
>ケニアとデンジブルーのそろい踏みなんてありえなかったし。
ですね。というか、戦隊シリーズもここまで続くとは思わなかったでしょうし。
でも、「ケニアの名乗りのポーズって、あんなんだったかなぁ」と。正直、BFの名乗りのポーズって、フランスとコサックしか記憶に残ってないんですよね。
#今思えば、フランスがフラメンコってのが
#今一、納得できませんが。

投稿: あ~かいば | 2012年2月 2日 (木) 14時39分

天の声の要望はシャイダーの最終回以来だったね。

ぶっちゃけ、BFやデンジマンの頃は「VSシリーズ」なんてなかったから、ケニアとデンジブルーのそろい踏みなんてありえなかったし。

投稿: FusionJack | 2012年1月31日 (火) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/53858148

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版「海賊戦隊ゴーカイジャー v.s. 宇宙刑事ギャバン」:

» さらばサントラ愚連隊第03回:『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』 [INTRO]
銀色に耀くコンバット・スーツを身に纏ったヒーロー、宇宙刑事ギャバンが今年、スクリーンで復活した。子供だけでなく大人も魅了した伝説のメタルヒーローがなんと、スーパー戦隊シリーズ35作の記念ヒーロー、海賊戦隊ゴーカイジャーと夢の競演を果たしたのである。宇宙刑事ギャバンのヒーローとしての魅力はなんといっても、そのコンバット・スーツと呼ばれる戦闘用強化服の美しさと力強さを兼ね備えたデザインだ。ボディ全体に銀メッキ処理が施され、頭...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 13時54分

» 『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』 実は40周年記念作! [映画のブログ]
 『宇宙刑事ギャバン』が『特捜戦隊デカレンジャー』と世界観の整合を図っていたとは知らなかった。  ギャバンは銀河連邦警察の刑事だったはずなのに、『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOV...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 14時48分

« フォーゼ:20 超・絶・磁・力 | トップページ | Uchi Cafeシリーズ「ワッフル(チョコレート&オレンジソース) »