« Emacs、「24.1」リリース | トップページ | 平成ライダー映像集「ミュージックビデオライダー」 »

2012年6月15日 (金)

LED電球の明るさ誇大表示に再発防止命令

消費者庁はLED電球の明るさの表示を誇張していたとして、12社に対し、景品表示法に違反する行為として、再発防止を含む措置命令を下しました。
#元記事はこちら

違反表示とされたのは全光束での明るさの白熱球に対する割合。例えば「白熱球40W相当」と表示している場合、JISで定められた比較基準、全光束485lm(ルーメン)以上でなければならないところ、基準値を下回っていたとのこと。
指摘された12社の製品の内、基準値との比率幅が最大で30.9%、最小で86.6%だったとのこと。
#つまり、最低なもので基準値の3割程度の
#明るさしかなかったということです。

LED電球といえば、指向性があることがよく言われますが、スポットライトなど一定方向だけを照らすような器具についてはこの基準には従う必要はないそうなのですが、空間全体を照らすような器具に取り付けるものの場合はJISで定められた基準(元記事に参考値があります)を満たさなければならないそうです。

さて、今回は「全光束の数値が基準よりも大幅に低い」ということで問題となったわけですが、明るさを表わす単位って、1つじゃないんですね。

まず、今回の全光束。これは光源から全方位に向かって発せられる光の束の総和を表わすそうです。
次いでルクス。こちらが結構一般的ではないでしょうか。これは「単位面積当たりの明るさ」を表わします。よく机の上や新聞紙等を照らす時の明るさの単位として使われるので、こちらの方が見慣れ(聞き慣れ)ているかと。
そしてカンデラ。これは、ある方向への光の強さを表わすそうです。液晶ディスプレイのスペックの一つにもありますね(「輝度」と呼ばれるものです)。

|

« Emacs、「24.1」リリース | トップページ | 平成ライダー映像集「ミュージックビデオライダー」 »

ニュース」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/54974658

この記事へのトラックバック一覧です: LED電球の明るさ誇大表示に再発防止命令:

« Emacs、「24.1」リリース | トップページ | 平成ライダー映像集「ミュージックビデオライダー」 »