« Walkman Z/Fシリーズ、12月にアップデート | トップページ | 2012年の新語・流行語候補発表 »

2012年11月 7日 (水)

「ポップアップ型ウィルス」を警察庁が検出

最近、銀行のネットバンキングサイトなどで話題となっているポップアップ型ウィルス(ログイン直後にポップアップを表示し、暗証番号などを入力させようとする)。このウィルスについて、警察庁が被害にあったユーザーのパソコンからウィルスを検出したと公表しました。
#元記事はこちら

このポップアップ型ウイルスについては、警察庁の「警察庁不正プログラム解析センター」が一部のユーザーの協力を得て、利用しているパソコンを解析した結果、 「不正な入力画面を表示する動作をすると見られるウイルスを検出できた」としているそうです。また、該当するウイルスはウイルス対策ソフト(複数)の定義ファイル を最新の定義ファイルに更新することにより、駆除可能であることも分かったとのこと。

ウィルス対策ソフトのアップデートは確実に実施しておきましょう。

|

« Walkman Z/Fシリーズ、12月にアップデート | トップページ | 2012年の新語・流行語候補発表 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/56065032

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポップアップ型ウィルス」を警察庁が検出:

« Walkman Z/Fシリーズ、12月にアップデート | トップページ | 2012年の新語・流行語候補発表 »