« mora、ハイレゾ音源配信を10月に開始 | トップページ | 東京写真連盟 in 大宮公園水泳場(2013/09) »

2013年9月29日 (日)

ウィザード:第53話 終わらない物語

これでおしまいのウィザード。次期ライダーの鎧武との引き継ぎも無事に行われました。

しかし、ノリが「スーパーヒーロー大戦」だな、この番外編エピソードは。

#昭和ライダーはいないけど。

ウィザード、本当に最後のエピソード。こんな異世界の話ならばと、登場のディケイド=門矢士。考えて見れば、平成ライダーで「縦の繋がり」がきちんと描かれたのかなといった感じでしょうかね。基本的にパラレルワールドの話になりますからね、平成ライダーは。まあ、それをぶっ壊しているのがディケイドですが。今回、それがいい意味で「縦の繋がり」を作ったような感じです。

さて、今回の話では「仮面ライダー」は怪人たちと同じ力の源から生まれ出た存在とされました。これって、昭和ライダーシリーズに対するオマージュとも言える設定ですかね。で、その力の源の持ち主がアマダムということになっていました。そういう意味ではアマダムは「岩石大首領」的な位置になるわけだな。
クライマックスは全ライダーの究極の形態でのキックの連続。ただ、OOOはスーパータトバコンボなんだよね。それはそれでいいのか?
#まあ、プトティラコンボも出てはいたけど。

最後に少年と少女の名前。少女の方は先週の話で、「コヨミ」なのはわかっていましたが、少年の方はというと、やはり、「ハルト」でした。晴人はハルトの「最後の希望」となるべく、インフィニティの指輪を託して、この世界を後にして旅を続けることに。
少年と少女は、結局、怪人に「変身」することなく(かと言って、成り損ないでもない)良い結末を迎えました。これは本編がバッドエンドだったことに対する、「もうひとつの終わり」だったのかもしれません。

|

« mora、ハイレゾ音源配信を10月に開始 | トップページ | 東京写真連盟 in 大宮公園水泳場(2013/09) »

ウィザード」カテゴリの記事

仮面ライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/58290453

この記事へのトラックバック一覧です: ウィザード:第53話 終わらない物語:

« mora、ハイレゾ音源配信を10月に開始 | トップページ | 東京写真連盟 in 大宮公園水泳場(2013/09) »