« 壇臣幸、逝去 | トップページ | 「艦これ」カフェ、期間限定オープン »

2013年10月13日 (日)

鎧武:第2話 必殺!パインキック!

突如手に入れた「仮面ライダーの力」。その使い道を手探りで探しだすといったところでしょうか。
2つ目のフォーム「パインアームズ」登場。やはり頭上からパインが現れて、頭にかぶさるのね。

今回は後に仮面ライダーバロンとなる駆紋戎斗との邂逅がメインの話です。

偶然手に入れた「戦極ドライバー」で仮面ライダーの力を手にした葛葉紘汰、興奮のあまり、家でも変身しまくりです。しかし、戦極ドライバーの音声って、響き渡るのね。夜中にも変身して、姉の晶に怒られます(笑)。
「仮面ライダーの力」を手にしても、その使い道がわからない紘汰。とりあえずバイト先で使ってみるも、失敗ばかり。そんなバイトの帰り、木に登って降りられなくなった少年に会う。またも、ライダーに変身して助けようとしますが、ロックシードが見つからなくて右往左往。そこに、チームバロンのリーダー、駆紋戎斗が現れ、少年に発破をかけます。戎斗の言葉に促され、木から飛び降りる少年。戎斗はその少年を受け止めて、この件は解決となります。ここで、紘汰と戎斗の最初の邂逅が果たされるわけですね。

西のエリアでダンスパフォーマンスを繰り広げるチームバロン。そこに、チームレイドワイルドが乱入してインベスゲームが始まります。レイドワイルドが1体のインベスで戦うのに対し、チームバロンは3体のインベスで対抗、力でねじ伏せてしまいます。急なインベスゲームで興を削がれた観客たち。その中のカップルが鎧武の踊りを見たかったのに、と不満を漏らして立ち去っていきます。それを聞いた戎斗は、チーム鎧武のガレージに向かい、チームの存亡をかけたインベスゲームを持ちかけます。呉島光実からの連絡でガレージに現れた紘汰、代わりにインベスゲームに挑むことに。
チームバロンとチーム鎧武のインベスゲームが始まる。3体のインベスを使う戎斗に対し、クラスAのインベス1体で対抗する紘汰。状況としては紘汰が有利(というか、ほぼ勝負が決まった状態)だったが、チームバロンのペコがスリングショットで放った礫でロックシードを落としてしまい、インベスが暴走してしまう。
インベスの暴走に混乱する会場。紘汰はこの混乱の中、ようやく仮面ライダーの力の使い道に気付く。そして、鎧武に変身すると、インベスに立ち向かっていく。だが、インベスはロックシードを見つけると、それを食べてしまい、巨大化し、さらに凶暴になってしまう。巨大化したインベスに歯が立たず、ピンチに陥る鎧武。が、その鎧武をピンチから救ったのは戎斗だった。が、生身の人間で状況を打破することはできず、依然ピンチのまま。その時、紘汰は戎斗にロックシードを要求する。パインのロックシードを受け取ると、戦極ドライバーにはめ、パインアームズを装着。パワー戦でインベスト戦い、これを倒す。

二人目(とはいえ、斬月がアバンで登場しているので、画面登場としては三人目となるかな)のライダーとなる駆紋戎斗にスポットが当てられた回といったところですかね。力を信奉するタイプのようですが、「バロン」を名乗る通り、筋の通った男のようで、ザックとペロの不正を許せない厳としたリーダータイプのようです。

|

« 壇臣幸、逝去 | トップページ | 「艦これ」カフェ、期間限定オープン »

仮面ライダー」カテゴリの記事

鎧武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/58375415

この記事へのトラックバック一覧です: 鎧武:第2話 必殺!パインキック!:

« 壇臣幸、逝去 | トップページ | 「艦これ」カフェ、期間限定オープン »