« イー・アクセス、ウィルコムを吸収合併 | トップページ | 和風カントリーマアム「いちご大福」 »

2013年12月 4日 (水)

HTML5プロフェッショナル認定試験

LPI-Japanは2014年1月1日より「HTML5プロフェッショナル認定試験」の配信を開始すると発表しました。
#元記事はこちら

HTML5は次世代のWeb標準プラットフォームとして注目されており、WEBはもちろんのこと、ゲームやモバイルコミュニケーションでの普及が見込まれています。が、今までは、HTML5を扱う能力を測る基準がなく、技術力をアピールしたい技術者、評価したい企業、双方にとって問題でした。そこで登場したのが、HTML5技術者のデザイン、設計、構築に関する体系だった知識とスキルを、中立的な立場で認定する本試験。
試験プログラムは、HTML5活用を推進する企業やHTML5コミュニティの協力を得て、オープンコミュニティの枠組みで開発されたそうです。試験は、静的なWebコンテンツをデザイン・作成するスキルを測る「レベル1(2014年1月1日リリース)」と、Webアプリケーションや動的Webコ ンテンツの開発・設計スキルを測る「レベル2(2014年後半リリース予定)」の2つのレベルで構成。受験料は各1万5000円(税別)。

ちなみに、2つのレベルの詳細は以下の通り。

レベル1

  • HTML5を使った静的コンテンツを作成できる。
  • ユーザビリティ、ビジリティの高いWebコンテンツを設計/作成できる。
  • スマートフォンや車載コンテンツなど、様々なデバイスに対応したコンテンツ作成ができる。

レベル2

  • 動的に動作させて高いユーザビリティを実現するリッチインタフェースアプリケーションを作成できる。
  • マルチデバイスに対応し、高パフォーマンスで動作する動的コンテンツを作成できる。
  • システム間連携を行ないリアルタイムな情報を提供するアプリケーションを作成できる。

この辺りを踏まえて、挑戦されるのもいいのではないでしょうか。

|

« イー・アクセス、ウィルコムを吸収合併 | トップページ | 和風カントリーマアム「いちご大福」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/58699030

この記事へのトラックバック一覧です: HTML5プロフェッショナル認定試験:

« イー・アクセス、ウィルコムを吸収合併 | トップページ | 和風カントリーマアム「いちご大福」 »