« 一番壊れにくいHDDはどこのか | トップページ | 永井一郎さん、急逝 »

2014年1月26日 (日)

鎧武:第15話 ベルトを開発した男

ユグドラシルに捕まった紘汰と戒斗。今回は二人の脱出劇がメイン。

貴虎、ついに光実が戦極ドライバーの保持者であることを知る。

ユグドラシルに捕まってしまった紘汰と戒斗、二人は戦極ドライバーの開発者である戦極凌馬の接見を受ける。これまでの研究結果から、ヘルヘイムの森や戦極ドライバーのことについて語る凌馬。その上で、紘汰と戒斗に引き続きドライバーの実験を続けてほしいと頼む。

一方、舞はバロン、レイドワイルド、インヴィットの残存メンバーを集め、インベスゲームをやめることを持ち出す。だが、各チームともリーダー不在の上、その話を飲めば、「鎧武」がトップのままになることに反感を持ち、どのチームも舞の話に耳を貸さないでいた。

ユグドラシルタワーの独房に閉じ込められた紘汰。そこにDJ.サガラが現れる。DJ.サガラもまた紘汰たちを利用しようとしていたが、紘汰が選んだ「道」を聞き、セキュリティカード、エナジーロックシード、アダプターを置いて紘汰の部屋から出て行く。
紘汰たちを探す光実、ようやく紘汰の部屋を見つける。紘汰は光実にセキュリティカードを渡し、解錠してもらう。次いで、戒斗を見つけ出し、揃って脱出を図る。
凌馬の研究室に入り、戦極ドライバーを取り戻す紘汰と戒斗。脱出しようとした時、モニターに裕也の姿を見つける紘汰。光実は紘汰をモニターから引き離し、モニターの映像を消した。と同時に、警報が鳴り、脱走がばれてしまう。
地下の研究施設へ向かう三人。が、黒影トルーパーが行く手を阻む。三人散り散りとなり、一人、地下へ向かう紘汰、クラックを固定している研究ブロックへ辿り着く。そこにシドが現れ、紘汰の行く手を阻む。紘汰はユグドラシルに代わって自分が沢芽市を守ると意を決し、鎧武に変身する。シドはそんな紘汰を再び連れ戻すため、シグルドに変身する。

ヘルヘイムの森の中、戦いを始める鎧武とシグルド。シグルドに実力差で追い詰められる鎧武。そこに、ローズアタッカーに乗ってバロンが駆けつける。鎧武もサクラハリケーンを出し、共同戦線を張って、シグルドに応戦する。
連携プレイでシグルドに一泡吹かせる鎧武とバロン。その隙に、脱出を図る。その二人にソニックアローの照準を合わせるシグルド。矢を放つも、マリカに邪魔をされる。

地下を一人で逃げる光実。出口が見えたと思えたのもつかの間、黒影トルーパーの部隊に行く手を阻まれる。光実は龍玄に変身し、黒影トルーパーの部隊と戦い始める。
光実がアーマードライダーに変身するのを見届けた貴虎、あまりの真実に驚愕する。

ついに、貴虎も光実がアーマードライダーとなっていることを知ってしまいました。次回は貴虎の口からこの計画について光実に語られるようですね。それを踏まえて、第1話の冒頭の状況になるのでしょうか。
貴虎らは「一枚岩」ではないようですね。結局、凌馬、DJ.サガラ、シドもそれぞれに思うところがあり、紘汰たちを利用しようとしているようです。

ここで出てきたのね、ダンデライナー。

|

« 一番壊れにくいHDDはどこのか | トップページ | 永井一郎さん、急逝 »

仮面ライダー」カテゴリの記事

鎧武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/59014726

この記事へのトラックバック一覧です: 鎧武:第15話 ベルトを開発した男:

« 一番壊れにくいHDDはどこのか | トップページ | 永井一郎さん、急逝 »