« 鎧武:第20話 世界のおわり はじまる侵略 | トップページ | マイクロソフト、新規PC購入者向けに無償移行サポート提供 »

2014年3月 3日 (月)

初代プレステなどアフターサービス終了

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、初代プレイステーションなどの同社のゲーム機について、故障の修理などアフターサービスの受け付けを3月31日で終了すると発表しました。
#元記事はこちら
理由は「部品の確保が難しいことにより」とのこと。

対象となるのは、

  1. 初代プレイステーション全機種(PlayStation One含む)
  2. プレイステーション 2のうち、「SCPH-50000MB/NH」(PlayStation BB Unit同梱モデル)と「SCPH-90000」シリーズ(最終型)を除く全機種
  3. プレイステーション・ポータブル(PSP)の「PSP-1000」(初代)、「PSP-2000」(第2世代)

これらの機種のアフターサービスが必要な場合、3月31日までに申し込む必要があるそうです。

初代プレイステーションは1994年12月の発売ということで、実に、20年近くもアフターサービスを続けていたということになりますね。

もう動かしてはいないのですが、私も初代プレイステーションとプレステ2を持っているんですよね。
#どっちも今回の対象モデル(笑)。

初代プレステもプレステ2も新作ソフトはもう出てないですからね、まあ、ここら辺りが潮時なんだろうな。
#プレステ2は全モデルじゃないけど。

| |

« 鎧武:第20話 世界のおわり はじまる侵略 | トップページ | マイクロソフト、新規PC購入者向けに無償移行サポート提供 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初代プレステなどアフターサービス終了:

« 鎧武:第20話 世界のおわり はじまる侵略 | トップページ | マイクロソフト、新規PC購入者向けに無償移行サポート提供 »