« 鍵盤ハーモニカ | トップページ | ホテルレイクサイドつくば(2014/07) »

2014年7月20日 (日)

鎧武:第38話 プロフェッサーの帰還

サブタイトル通り、戦極陵馬がふらっと舞い戻ってきます。

光実は貴虎の幻影に苛まれながらも、覚悟を決めて舞を連れ去っていきます。

サブタイトルは「プロフェッサーの帰還」と戦極陵馬がメインのようなものですが、今回の話のメインは「光実の葛藤」でしたね。

自らの手で実兄である貴虎を倒した光実。これで、貴虎を超えることができたと思いながらも、その貴虎の幻影に苛まれることに。
しかし、そこで壊れることなく、むしろ覚悟を決めた感じで紘汰たちの前に現れます。紘汰にまだ迷いがあるとはいえ、極アームズを凌駕するほどの力を発揮しました。ラストまでにどのようになるかが気になるところです。

あっという間に復活かと思われた貴虎、今回は光実に対する幻影としての登場でした。

|

« 鍵盤ハーモニカ | トップページ | ホテルレイクサイドつくば(2014/07) »

仮面ライダー」カテゴリの記事

鎧武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/60016287

この記事へのトラックバック一覧です: 鎧武:第38話 プロフェッサーの帰還:

« 鍵盤ハーモニカ | トップページ | ホテルレイクサイドつくば(2014/07) »