« Visual Studio Community 2013 | トップページ | 名優、高倉健 逝去 »

2014年11月15日 (土)

マイクロソフト、「.Net」をオープンソース化

マイクロソフトは.NETのサーバ側コアスタックをオープンソース化し、Windowsに加えてLinuxとMac OS Xにも対応させる計画を発表しました。
#元記事はこちら

マイクロソフトはGitHubを使用して、.NETのサーバ側コアランタイムのオープンソース化と移植を進める。オープンソース化と移植が完了すれば、開発者はWindows、Linux、Mac OS X環境で実行可能なASP.NET 5.0アプリケーションを構築できるようになる。

.NET Framework互換のオープンソースプロジェクトとしてはLinux、FreeBSDなどで動作するMono Projectがありますが、今回は本家本元のマイクロソフトが満を持して登場といったところですね。というか、ゆくゆくはMono Projectの成果も統合する予定のようです。
クロスプラットフォームでアプリを動作させる環境としてはJavaがありますが、これって、Javaとの置き換えも狙っているんですかね。
#.NET Frameworkも出た時は「マイクロソフト版Java」と
#呼ばれたりしましたけど。

|

« Visual Studio Community 2013 | トップページ | 名優、高倉健 逝去 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/60659200

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト、「.Net」をオープンソース化:

« Visual Studio Community 2013 | トップページ | 名優、高倉健 逝去 »