« 「Windows 10」は7エディション | トップページ | 東京写真連盟 in 油壺(2015/5/17) »

2015年5月21日 (木)

東京都北区議会、音声文字化システムを導入

東京都の北区議会ですが、議会に音声文字化システムを導入するそうです。
#元記事はこちら

これは4月に行われた区議選で、「筆談ホステス」としても知られた、今期初当選の区議員、斉藤里恵議員の議会での意思疎通をしやすくするため。また、端末の持ち込みを許可し、その端末に対して、議会上での発言をリアルタイムに文字化し、斉藤議員の端末に表示して意思疎通を図るというもの。
本議会が始まる前に、斉藤議員を交えてテスト(区議会事務局が議事録を読むという実験)をしてみたところ、90~95%の認識率だったということです。

ただ、文字化システムには課題もあり、文字化システムに詳しい河原達也・京大教授(音声情報処理論)によると、「野次などで精度は落ちる。80%以下に精度が落ちた文章を読むと逆に混乱する」と課題を挙げています。

ならば、「野次は禁止」にすればいいでしょう。議会上で野次を飛ばすということ自体、モラルとしてあってはならぬことでしょうし。クリーンで、円滑に議会が進むと思いますけどね。これを機会に「野次を無くす」ということも実践してみてもいいんじゃないかと。

|

« 「Windows 10」は7エディション | トップページ | 東京写真連盟 in 油壺(2015/5/17) »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/61621210

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都北区議会、音声文字化システムを導入:

« 「Windows 10」は7エディション | トップページ | 東京写真連盟 in 油壺(2015/5/17) »