« 今年は「AIBO」などが登録。未来技術遺産 | トップページ | コクヨ ソフトリングノート »

2015年9月12日 (土)

「Office 2016」、2015/9/23より提供開始

日本マイクロソフトはOffice 365ユーザーを対象に「Office」シリーズの最新バージョン「Office 2016」を2015/9/23から提供を開始することを発表しました。
#元記事はこちら

対象となるユーザーは法人および個人向けのOffice 365ユーザー(Office Premiumを含む)。なお、永続ライセンス(パッケージ版)の発売は後日発表とのこと。
「Office 2016」は出ますが、サブスクリプションモデルの「Office 365」も引き続き提供されます。

パッケージ版はいくらになりますかねぇ。Officeシリーズは大体、3年毎に新しいバージョンがリリースされますが、個人で買うにはかなり高額な部類なんですよね。まあ、個人向けのエディションがありますが、機能の「差」がかなり激しいかなと。Word、Excelはともかくとして、PowerPointの有無は結構でかい「差」ですよね。一方で、Outlookが付属しますが、個人で使うかなぁと思うんですよ。
ここで個人は「Office 365 Solo」がいいのではないかと思ったりします。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Access、OneDriveがパッケージングされ、サブスクリプションモデルで、1年間のライセンス料金は12,744円。「Office」のリリース間隔に換算すると、38,232円とパッケージ版より安くなるんですよね。コストで見ると、「Office 365」の方が優れているので、パッケージ版を買わなくてもいいのかと思ったりします。まあ、この辺は使い方次第ですね。

|

« 今年は「AIBO」などが登録。未来技術遺産 | トップページ | コクヨ ソフトリングノート »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/62269341

この記事へのトラックバック一覧です: 「Office 2016」、2015/9/23より提供開始:

« 今年は「AIBO」などが登録。未来技術遺産 | トップページ | コクヨ ソフトリングノート »