« Amazon.co.jpで「お坊さん」便 | トップページ | 「STAR WARS」ストリートビュー »

2015年12月12日 (土)

キングジム「ポータブック」

文具メーカーのキングジムからWindows10 Home 64ビットを搭載したモバイルノートPC「ポータブック XMC10」が発表されました。
#元記事はこちら
2016年の2/12に発売予定。

スペックは、CPUがAtom x7-Z8700(1.6GHzクアッドコア)、メモリが2GB、ストレージがeMMCの32GB、ディスプレイが8インチのノングレア液晶(解像度は1280×768ピクセル)。インターフェースとしては、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI、VGA、USB 2.0ポート×1、SDカードスロットなど。充電端子としてmicro USB端子を備え、ACアダプターによる給電のほか、モバイルバッテリーによる給電(5V/2A)に対応。なお、バッテリーでの駆動時間は5時間となります。
「ポータブック」の名前の通り、その大きさが特徴的。重量は約830g。折りたたみ時は約204×153×34mm(幅×奥行×高さ)とほぼA5サイズ。ノートPCなので、キーボードが付くわけですが、折りたたみ時に収納されているキーボードは展開することができ、展開した時のサイズは横が260mmとなります。またポインティングデバイスとして、光学式のフィンガーマウスを搭載。

で、この「ポータブック」、ヨドバシAkibaにデモ機がありまして、触ってきました。

ディスプレイが8インチなのですが、それほど小さいとは思いませんでしたね。まあ、タブレットでは標準的なサイズなので、見づらいということはありませんでした(解像度も高いですしね)。
そして最大の特徴のキーボード。「スライドアークキーボード」と名付けられたそのキーボードは、その名の通り、中央で半分に分かれたキーボードが、それぞれが「弧」を描くように動いてフルサイズのキーボードになります。この動きもスムーズで、使うのに戸惑うこともないのではと思います。

Windows10を搭載していることからノートPCとされていますが、メモリ搭載量やストレージの容量を踏まえると、ノートPCとタブレットの間を埋めるような位置付けになるのではないかと思います。一応、SDカードスロットは備えていますが、基本的にはデータはクラウドストレージに配置する使い方を想定しているように思えます。
キングジムとしては初めてのPCになるわけですが、どうなりますことか。

|

« Amazon.co.jpで「お坊さん」便 | トップページ | 「STAR WARS」ストリートビュー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/62857463

この記事へのトラックバック一覧です: キングジム「ポータブック」:

« Amazon.co.jpで「お坊さん」便 | トップページ | 「STAR WARS」ストリートビュー »