« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

2016年も半分終わり

今日は6/30、6月最後の日です。ということで、2016年も半分が終わってしまいました。
う~ん、あっという間かな。何だかんだと今年も半分終わったかという感じです。振り返ると…、特に変化はないかなぁ。仕事的には長期の予定のものが、予算の都合で員数削減となり、その煽りを食らったというのが2回ありましたね。で、6月に半月ほど間が空いて、今の現場にいます。

撮影会も今年は4回行ってますね。全部、石原佑里子ちゃんの撮影会ですが(笑)。えぇ、目下、プッシュ中です(笑)。ミス湘南や東京写真連盟の方も行ってみたいとは思ってますが。

後は、熊本県を中心に九州地方が揺れましたね。東日本大震災以来の大型の地震でした。東京都も揺れましたかね。東京五輪とか、都知事の公私混同問題とかで。来月には参議院選挙がありますね。

さて、後半にはどんなことが待っていますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

BOSE、スピーカー自作キット「BOSEbuild Speaker Cube」リリース

スピーカー等で有名な音響機器メーカー、BOSEから自作スピーカーキット「BOSEbuild Speaker Cube」が発売されました。
#元記事はこちら

最大の特徴は8歳の子供でも簡単に組み立てられること。また、単なる組み立てキットではなくて、アプリを使って音遊びをしながら組み立てることで、スピーカーの仕組みに対する理解が自然と深まる学習ツールとなっているのも特徴となっています。
8歳の子供でも組み立てることができるということで、各パーツは工具や接着剤を使わずに、はめ込むだけで簡単に組み上げられるようになっています。「BOSEbuild Speaker Cube」のサイトにスペックも掲載されていますが、パーツ数も少ないですね。
音声入力も3.5mmオーディオプラグとBluetooth 3.0以降に対応しているので、結構本格的な作りのようです。

値段は上記サイトでの直販で149ドル。2016年6月末のレートで15,000円強といったところ。しかも、完成したスピーカーは2年間の保証が付くようですので、組み立てキットと侮れない製品になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

「アニメイト」、女性向け店舗を秋葉原に展開

アニメ関連グッズを取り扱う「アニメイト」ですが、7/16に「女性のためのアニメショップ」をコンセプトに、秋葉原に「アニメイトAKIBAガールズステーション」を出店するそうです。

場所は万世橋近くの「カラオケパセラ」の向かい。昔の「石丸電気クラシック館」(だったかな?)があった辺りですかね。秋葉原エリアでは一番駅に近い店舗になります。地上7階の大型店舗で、漫画やアニメなどを原作とした舞台作品のグッズを充実させた「2.5次元系フロア」や、女性向け書籍を充実させたフロアなどを展開。また内装からフロア展開まで、女性が入店・買い物しやすい店舗づくりとしているそうです。

しかし、現状、池袋エリアが女性向けのような気がするんだけどな。そもそも「乙女ロード」の由来はアニメイトの池袋店が始まりのはずだし。それこそ「萌え文化」については、「男の秋葉原」、「女の池袋」と住み分けができていたのに、秋葉原で入り乱れるというのもなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

「パタリロ!」舞台化

ここ連日、人気マンガ作品やアニメ作品の実写化の話が後を絶ちませんが、また名作(迷作?)が舞台化という形で3次元に登場する予定です。その作品は魔夜峰央原作の「パタリロ!」。1978年に『花とゆめ』で連載が始まり、82年にはアニメ化もされた作品です。
#元記事はこちら

舞台が上演されるのは今年の12/8~12/25、会場は東京紀伊国屋ホール。何と、クリスマスを絡めた上演期間ですね。
しかし気になるのはそのキャスト。特に主役であるパタリロを誰が演じるのかが気になります。というか、リアルでパタリロがはまる役者っているのか?ギャグセンスもさることながら、あのデフォルメ体型も持ち味のキャラクターなので、ちょっとやそっとじゃ納得されない気がするんだよなぁ。
それと、バンコランとその周辺をどう表現するのも気になる。いわゆる「薔薇族」的になるので、それを舞台でどう演出するのかが気になるところ。アニメでは「さすがに男同士でこの演技は…」ということで、マライヒを代表とする「美少年」の役は女性声優が充てたほどの作品ですからね。

でも、タマネギ部隊は見てみたい気がする。なんか、かぶりものとか使っても面白そうだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

資生堂が「笑顔力」測定アプリ開発

資生堂はタブレット端末に自分の顔を映すだけで「笑顔」のレベルを客観的に判定するアプリを開発した、と発表しました。
#元記事はこちら

笑顔のレベルを、無表情な0%から大笑いした120%までの数値で判定するようになっており、他人に与える印象を「信頼感」「気品」「親しみ」といった7項目の指標で分析し、状況に応じた笑顔の「使い分け」も学ぶことができるようになっているそうです。
日々の笑顔レベルを記録したり、顔の筋肉を動かすトレーニングができたりする機能も備えているとのこと。

なお、このアプリは日本航空のCAに、まずは試用してもらい、さらに改善したうえで、接客業など、法人向けにサービスを提供する考えだそうです。

資生堂らしいと言えばらしいアプリですね。でも、確かに「笑顔」は接客業の人には必須のものですが、これは一般にも公開してもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

音声による写真添削講座

写真のコミュニティサイト「Studio Graphics」は会員を対象とする音声による写真添削講座を6/15に開設しました。
#元記事はこちら

添削依頼時に教えてもらいたいポイントの記載ができ、講師はそれを参考に添削するため、依頼者のレベル・知りたいポイントに照準を合わせた添削結果が得られる内容になっている講座です。インターネットに接続できる環境であれば、PCだけでなく、スマートフォンやタブレットを使った再生も可能となっているそうです。こうしたスタイルの講座を開講したのには、

  • 従来型のプリントを送付して添削を受ける方式だと、文字を書くのに時間がかかり、情報量が少なくなっていた
  • 既に実施されているオンライン講 座であっても、個々の受講者のレベルを判定することはなく、講師(講座主催者)からの一方向になり、受講者のレベルに合わせた講義になりにくい

という状況であったためだそうです。

なお、各講師によって個別に料金が設定されており、添削単位あたり税込810~6,480円。添削対応枚数や返答期間なども各講師によって異なります。また、適時講師陣の充実を図るとしており、地方在住の写真家、海外在住の写真家も講師として視野に入れているそうです。

続きを読む "音声による写真添削講座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

「Bluetooth 5」、2016年末に登場か

Bluetooth SIGは、Bluetoothの次期バージョンの名称が「Bluetooth 5」になることを明らかにし、2016年末から2017年初めにかけて提供される予定と発表しました。
#元記事はこちら

次期バージョン「Bluetooth 5」では、低消費電力はそのままに、通信範囲が4倍、通信速度が2倍、データブロードキャスト容量が8倍に向上する予定で、通信範囲が拡大することで住宅全体や屋外での活用も現実になるとし、速度の高速化による応答性の最適化、データブロードキャスト容量の増加による次世代のコネクションレス型サービスが推進されるとしています。

Bluetooth機器は今では結構な数になっていますかね。スマホ、スピーカー、プリンターもありますかね。それとスマホやタブレット用のキーボードなどもそうですね。それとヘッドフォンですか。基本的にnear byでの使用だったわけですが、範囲が広がることで使い勝手が上がるものってなんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

「iOS 10」では純正アプリも削除可能に

まだベータ版での話になりますが、iPhone、iPad用の新OS、「iOS 10」ではプリインストールされているアップル純正アプリも削除することが可能になるようです。
#元記事はこちら

対象となるアプリは計算機、カレンダー、コンパス、連絡先、FaceTime、友達を探す、Home、iBooks、iCloud Drive、iTunes Store、メール、マップ、ミュージック、ニュース、Notes、Podcast、リマインダー、株価、ヒント、ビデオ、ボイスメモ、Watch App、天気の計23個。かなりの数の純正アプリが削除可能となります。
削除方法はサードパーティ製アプリと同じで、アイコンを長押しした時に出てくる×マークをタップするだけ。また、削除してもApp Storeで選択することでインストールできるようになるとのこと。

あくまでもベータ版での状況なので正式リリース時には変わっているかもしれませんが、これは画期的ではないでしょうか。「OSはOS、アプリはアプリ」と完全に切り離し、また、ユーザーの自由度を高めていますね。しかも、目玉とも言える「iCloud Drive」や「iTunes Store」までもが削除可能になっています。
(当然といえば当然ですが、ハードウェア制御が必要なアプリは対象ではないです)

このままリリースされたとして、アップルの今回の動きがスマホ業界に拡がることを期待します。

続きを読む "「iOS 10」では純正アプリも削除可能に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

石原佑里子、「ゆりりん」発売イベント

今日は5/20に発売された石原佑里子ちゃんの1st DVD「ゆりりん 」の発売イベントに行ってきました。場所は秋葉原にあるソフマップアミューズメント館。
昔はアイドルイベントといえば、石丸電気で開催されていましたが、石丸電気が無くなった今、それを受ける形でソフマップが今では開催しています。
そう言えば、ソフマップでのアイドルイベントが今回初めての参加だったんですよね。

#ちなみに、DVD「ゆりりん」の感想はこの記事 にまとめてあります。

続きを読む "石原佑里子、「ゆりりん」発売イベント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

メタフィスの消しゴム「ヴィス」

消しゴムで消す時、「ピンポイントで消したいなぁ」と思うことがあったりしませんか?こんな欲求に応える消しゴムはいくつかありますが、今回はちょっと変わった形のものを紹介します。それがメタフィスの「ヴィス」。

特徴的なのはその形状。ネジのように、軸に螺旋状に山が切られています。つまり、この山の部分でピンポイントに消すようになるんですね。ネジ山のように続いているので、ピンポイントに消せる部分が続くようになります。
また、両端は普通の消しゴムのように「面」になっていますので、ざっくりと広範囲に消すこともできます。

小さめで、ちょっと変わった形状なので、持っていても楽しくなるような消しゴムですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

「Unicode 9.0」、6月21日にリリース

Unicode Consortiumが6月21日にリリース予定の「Unicode 9.0」に、72種類の絵文字が追加されるそうです。
#元記事はこちら

「なんのこっちゃ?」と思われる人もいらっしゃるかと思います。いわゆる「絵文字」です。日本の携帯電話文化から生まれた、あの「絵文字」です。Unicode Consortiumは絵文字に適宜、文字コードを割り振り、PCでも使えるようにしております。Twitterは、PCサイトでも、絵文字を表示できるようにしていますね。その絵文字に、新たに72種類のパターンを追加するということです。
具体的には、、「Smileys & People」が22種、「Animals & Nature」14種、「Food & Drink」18種、「Travel & Places」4種、「Activities」12種、「Objects」2種が追加となります。元記事に追加される絵文字のパターンが掲載されていますが、「これって、いるの?」ってな感じのものも中には…。

しかし、増やすのはいいけど、携帯の方ってアップデートされるのかな?
(スマホは何らかのアップデート手段がありそうな気がするけど、フィーチャーフォンはどうするんだろ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

「Impress Watch」リニューアル

インプレス社のWebサイト「Impress Watch」が6/1にリニューアルしました。

これは1996年2月に電子メール新聞(今でいう、メールマガジン相当か)「INTERNET Watch」を創刊してから今年で20周年だそうで、これを機にサイトを全面リニューアルしたそうです。
なんか、スッキリとした(というか、スリムな)デザインですね。一応、3ペイン構造のデザインで、真ん中のペインがさらに2分(メインと広告)されているようなデザインです。「AKIBA Watch」を見ると、両端にも広告が入れられるようなデザインになっていますね。視線の横移動の量が少ない分、見やすくなったかなと。

でも、1996年創刊というと、Windows95でインターネットが一般的になった頃に創刊してることになるんだよね。見方、言い方を変えれば、インターネットが一般に定着してから20年の月日が経ったことになるのか。かなりの年月が経ったものだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

祝ウルトラマン50 乱入LIVE!怪獣大感謝祭

日本の国民的ヒーローの一つである「ウルトラマン」。その「ウルトラマン」も放送開始してから50年が経ちます。
NHKのBSプレミアムでは、それを記念して、来たる7/9に20:00~23:00の3時間にかけての生放送特番を企画しています。

この番組では、特設番組サイト”あなたが選ぶ「ウルトラ怪獣」・「名作」回大投票”を実施中(締め切りは6/15)で、7/9の放送時に、選ばれた怪獣や名作回を発表するそうです。

しかし、ウルトラマンも誕生して半世紀になるのか。これだけ長く愛される作品(というか、キャラクター)は珍しいですよね。今でも新作が作られているので、親子3代に渡って愛されているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

「はいからさんが通る」、劇場用アニメ新作制作

1975年から1977にかけて「週刊少女フレンド」に連載され、1978年にはテレビアニメ化された大和和紀原作の「はいからさんが通る」が劇場用新作アニメ作品として制作されることになりました。
#元記事はこちら
公開予定は2017年とのこと。

連載開始から40周年を迎えたことを記念しての制作ということ。「はいからさんが通る」は過去にテレビアニメ以外にも、テレビドラマ(スペシャル版)、実写映画と何度か映像化されたこともある作品。それでも、テレビアニメ版は今でも人気の高い作品となっています。しかし、放送が打ち切りとなっており、それを踏まえて、映像ソフト化されていない作品であったりします。
どういったスタッフ、キャストで制作されるのかが楽しみです。

続きを読む "「はいからさんが通る」、劇場用アニメ新作制作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »