« 永六輔氏、逝去 | トップページ | Surface Pro 4/Surface Book値下げ »

2016年7月14日 (木)

ウィンクでシャッターを切る小型カメラ「BLINCAM」

Blincamは7月14日、クラウドファンディングサイト「Makuake」でメガネに装着するカメラ「BLINCAM」(ブリンカム)の先行予約販売を開始したそうです。
#元記事はこちら
希望小売価格は税込1万9,800円、発送は12月を予定しているそうです。

クラウドファンディングで9/29まで出資を募っていますが、既に目標額(100万円)は達成しており、支援額によっては、15~20%の割引などが適用される見込み。

メガネに装着し、ウィンクすることでシャッターを切ることができるウェアラブルカメラ。カラーはスカイブルー、ファッションピンク、ボールドブラック、ライムグリーン、スリムホワイトの5色を用意するようです。
サイクリング、料理、スポーツ、建設現場など両手が塞がっているシーンで活躍する。また、子どもなどカメラを向けると恥ずかしがったりしてうまく撮れないといった場合にも活用できるとしています。
意識的な強いウインク(または両目のまばたき)にのみに反応する独自センサーを搭載。撮像素子は500万画素のCMOSセンサー。リチウムポリマー電池を内蔵し、待機時間は8時間。充電はmicro USB端子で行うようになっています。
本体は25gと軽量で、メガネに合わせたアタッチメントを3種類用意する。外形寸法は85×17×10mmと超小型。

撮影時に音が鳴り、写真が撮れたことが確認できるようになっており、撮影した写真はBluetooth経由ですぐにスマートフォンに転送される仕組み。スマートフォンとは自動でペアリングできるようになっています。対応するスマートフォン等のモバイル機器は、iPhone 5以降、iPod touch 5th generation、iOS 8以降、Android 4.3以降となっています。つまり、記録メディアは搭載しないということですね。まあ、サイズがサイズですから当然ですが。

これは結構面白いガジェットになるような気がします。でも、建設現場で突然ウィンクされたら…(笑)。

|

« 永六輔氏、逝去 | トップページ | Surface Pro 4/Surface Book値下げ »

デジカメ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/63916251

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンクでシャッターを切る小型カメラ「BLINCAM」:

« 永六輔氏、逝去 | トップページ | Surface Pro 4/Surface Book値下げ »