« ドコモ、iモード携帯の出荷を今期モデルで終了 | トップページ | 立冬 »

2016年11月 4日 (金)

ドコモ、Android7.0アップ予定のモデルを発表

NTTドコモは同社で取り扱うスマートフォン、タブレット端末について、OSをAndroid 7.0にアップグレードする予定のモデルを発表しました。
#元記事はこちら

スマートフォンで17モデル、タブレットで2モデルが対象となっており、準備が整い次第、順次案内する予定だそうです。
ちなみにアップグレード先となるAndroid 7.0(通称、ヌガー)がどういったOSであるかはこちらのページでまとめられています。最大の特徴となるのが、「画面を2分割してのマルチタスク機能」ですかね。同時に2つのアプリを画面上で動作させることができるようになります。この機能、実は現行のAndroid 6.0(通称、マシュマロ)にも搭載されているのですが、デフォルトで機能がオフになっており、オンにするにも、ちょっと面倒な操作が必要となっているというもの。とは言え、同時に2つのアプリを操作できるというのはiPhoneにはできない芸当ではあります。
それと、「データ通信節約機能」もなかなか嬉しい機能ではないかと。

ちなみに対象となるモデルは下記の通り。

スマートフォン

  • AQUOS ZETA SH-03G
  • AQUOS ZETA SH-01H
  • AQUOS Compact SH-02H
  • AQUOS ZETA SH-04H
  • AQUOS EVER SH-02J
  • arrows SV F-03H
  • arrows NX F-01J(2016年12月上旬発売予定)
  • Galaxy S6 edge SC-04G
  • Galaxy S6 SC-05G
  • Galaxy S7 edge SC-02H
  • Xperia Z4 SO-03G
  • Xperia Z5 SO-01H
  • Xperia Z5 Compact SO-02H
  • Xperia Z5 Premium SO-03H
  • Xperia X Performance SO-04H
  • Xperia XZ SO-01J
  • Xperia X Compact SO-02J

タブレット

  • arrows Tab F-04H
  • Xperia Z4 Tablet SO-05G

しかし、AQUOS CompactやXperia Compactのような小型のスマートフォンで2画面マルチって使いやすいのかな?そこが気になるところですね。

|

« ドコモ、iモード携帯の出荷を今期モデルで終了 | トップページ | 立冬 »

ニュース」カテゴリの記事

携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/64445054

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモ、Android7.0アップ予定のモデルを発表:

« ドコモ、iモード携帯の出荷を今期モデルで終了 | トップページ | 立冬 »