« 柘植美咲、ミス湘南撮影会 in 大磯(2017/7/2)(その1) | トップページ | Adobe、Flashの提供を2020年に打ち切り »

2017年7月25日 (火)

「Windows 10 Fall Creators Update」で廃止・非推奨となる機能

この秋に予定されている、Windows 10の大型アップデートである「Fall Creators Update」ですが、このアップデートにおいて、廃止・非推奨となる機能が発表されました。
#元記事はこちら

今後、予定が変更される可能性もありますが、現在のところ、下記の機能が廃止・非推奨となるようです。

廃止となる機能

  • 「3D Builder」アプリ
  • Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)
  • 「リーダー」および「Windows リーディングリスト」アプリ

「3D Builder」は3Dグラフィックを作成するアプリ。これはデフォルトではインストールされなくなるそうです。代わりに、先のCreators Updateで追加された「ペイント3D」を使用することが推奨されます。なお、「3D Builder」アプリはWindowsストアから別途インストールすることができるので、使用はできるとのこと。
脆弱性緩和ツールである「EMET」は利用がブロックされるようになるそうです。代わりに、Fall Creators Updateで追加予定の「Exploit Guard」を使用することが推奨されるようです。
PDF/XPS/TIFFファイルを閲覧する「リーダー」と気になった記事をストックして“あとで読む”ためのアプリである「リーディングリスト」は、Windows 10から搭載されているブラウザ「Microsoft Edge」に同等の機能が搭載されているため、そちらを使用することが推奨されるそうです。
「3D Builder」以外は完全に使えなくなるようですね。

非推奨となる機能

  • Windows PowerShell 2.0
  • ペイント

基本的にはWindows 10にはPowerShell 5.0が入っているはずなので、あまり影響はないと思うのですが、PowerShell 2.0は非推奨となるそうです。
そして、Windows 3.1からずっとインストールされていた「ペイント」が非推奨となりました。先のCreators Updateで後継となる「ペイント3D」が登場しましたので、今後はそちらを使うことが推奨されるようです。

2017/7/26追記:
「ペイント」ですが、Windowsストアで配布されることが決まったようです(無料)。OSには同梱されなくなりますが、ストアからインストールすれば利用は可能となるようです。

直接ユーザーが起動して使うようなプログラムで、主だった所が以上となります。他には「Outlook Express」の古いコードやら「IIS」の古い機能などが廃止・非推奨となるようです。
Windows 10で今回挙げられた機能を使われている方は代替手段を探しておいた方が良さそうですね。

|

« 柘植美咲、ミス湘南撮影会 in 大磯(2017/7/2)(その1) | トップページ | Adobe、Flashの提供を2020年に打ち切り »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/65576908

この記事へのトラックバック一覧です: 「Windows 10 Fall Creators Update」で廃止・非推奨となる機能:

« 柘植美咲、ミス湘南撮影会 in 大磯(2017/7/2)(その1) | トップページ | Adobe、Flashの提供を2020年に打ち切り »