« 人間ドック | トップページ | 富士フィルム、モノクロ写真商品を販売終了 »

2018年4月 2日 (月)

Google、短縮URLサービスを終了

Googleは、短縮URL変換サービス「Google URL Shortner」を廃止することを発表しました。
#元記事はこちら

廃止タイミングは、2018年4月13日をもって、匿名ユーザーおよび3月30日以前に利用したことのないユーザーはサービスを利用できなくなる。また、既存ユーザーは、2019年3月30日までgoo.glコンソールを引き続き利用できますが、2019年3月30日以降はコンソールを利用できなくなります。なお、既存の短縮URLは意図した転送先にリダイレクトされるとのこと。
今後はFirebase Dynamic Linksや、Bitly、Ow.ly等の他の短縮URLサービスへの移行を行なうよう勧めています。また、goo.glコンソールから手動でFirebase向けにエクスポートもできるようになっているそうです。

短縮URLと言えば、やはりTwitterでの利用でしょうかね。140文字という制限の中で、外部サイト(やページ)へのリンクをツイートする際に多く利用されていました。短縮URLと言えば、bit.lyが有名ですが、Googleも後を追うように同様のサービスを2009年から展開。Google提供ということで、こちらも広く利用されました。しかし、Twitterが独自に短縮URLの機能を実装したため、外部の短縮URLを使わなくても大丈夫となったため、以前ほどの必要性が無くなってきました。今回のGoogleのサービス終了はそういった事情を踏まえたものなんでしょうね。

@niftyユーザーにとっては便利なサービスが一つ減ってしまうことになりますね。会員向けサービスの中の機能に「つぶやき」というものがあるのですが、こちらはTwitterよりもシビアな文字数制限となっている上に、短縮URL機能は実装していないので、こうした短縮URLサービスはいまだに重宝しているんですよね。
まあ、ローカルなサービスでの話ですから、ここで不満を挙げても動かないでしょうけど。

|

« 人間ドック | トップページ | 富士フィルム、モノクロ写真商品を販売終了 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/66568627

この記事へのトラックバック一覧です: Google、短縮URLサービスを終了:

« 人間ドック | トップページ | 富士フィルム、モノクロ写真商品を販売終了 »