« フレッシュ大撮影会 in Booty東京 | トップページ | スイッチで切り替わるLED電球 »

2018年4月27日 (金)

車に変形できる人型ロボット「J-deite RIDE」公開

21世紀に入ってそろそろ1/5世紀が経とうとしていますが、ついに「夢のような」ロボットが登場しました。その名は「J-deite RIDE」。何と!自動車⇔人型ロボットと相互に変形することができるロボットです!
#元記事はこちら

開発したのはジェイダイト・ライド有限事業責任組合(LLP)と、その構成員であるソフトバンクグループのアスラテック株式会社、三精テクノロジーズ株式会社、株式会社BRAVE ROBOTICS。
この「J-deite RIDE」、変形するだけではありません。ロボットモードの時は2足歩行ができますし、自動車(ビークル)モードの時でもちゃんと走行することができます。しかも、人を乗せたまま変形することができるのです。まさに、アニメに登場するようなロボットが登場したわけです(巨大ロボットじゃないけど)。
ロボットモードの時は4.2×2.5×3.7m(幅×奥行き×高さ)という大きさ。ちょっとずんぐりむっくりとした体型。しかし、全身で49箇所の可動部分を持つため、結構細かい動きができるようです。時速100mで2足歩行もでき、その際の上げ足の高さは80mmとなるそうです。
ビークル(車)モードの時は1.9×4×1.4m(幅×奥行き×高さ)という大きさで、重量は1,695kg。2WDで走行し、理論上、最高時速60kmで走行することが可能だそうです。動力源はリチウム系バッテリーとなっています。
そして気になる変形部分。相互に変形するのにかかる時間は1分強と、思った以上に早く変形することができます。しかも、人が二人乗った状態で変形が可能ということで、コックピット部分はきっちり確保した状態で変形ができるようです。

デザインは「機動戦士ガンダム」などを手がけた大河原邦男氏。顔のデザインが「勇者ロボ」っぽいです(ってか、「SD勇者ロボ」と言ってもいいような)。
今後はアミューズメントパークやイベントなどにも登場する予定で、近々では5/6に「ツインリンクもてぎ」にお目見えするそうです。

いやぁ、急速に「夢の世界」が近づいた感じがしますね。これで対話できるAIが搭載されれば、まさに「勇者シリーズ」。その時は、声は速水奨さんにお願いしたいですね(笑)。

|

« フレッシュ大撮影会 in Booty東京 | トップページ | スイッチで切り替わるLED電球 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/66654458

この記事へのトラックバック一覧です: 車に変形できる人型ロボット「J-deite RIDE」公開:

« フレッシュ大撮影会 in Booty東京 | トップページ | スイッチで切り替わるLED電球 »