« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

キャノンのフィルム一眼レフカメラ「EOS-1v」販売終了

キャノンはフィルム一眼レフカメラ「EOS-1v」の販売終了をWebサイトでアナウンスしました。EOSシリーズの現行機種で唯一となっていたフィルムカメラだったそうです。
(流通在庫が売れたってことかな?)
EOS-1vはプロ向けの最高級AF一眼レフカメラとして2000年に登場してるんですね。あと2年ほどで販売されて20年になるところだったんですね。2000年といえば、まだ一眼レフタイプのデジカメは余り出ていない頃で、過渡期に当たる頃じゃなかったですかね。コンパクトタイプのものから出始め、徐々に一眼レフタイプも出してきた(出そうとしていた)時期だったと思います。
サービス規約上の修理期間は2020年10月31日までですが、2025年10月31日までは部品の在庫が続く範囲で修理対応を行う予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

国体でeスポーツ

ゲームをスポーツ競技としてとらえる「eスポーツ」の大会が、国体(国民体育大会)の「文化プログラム」として来年(2019年)の秋に開催されるようです。
#元記事はこちら
2019年秋に、茨城県で開催される「いきいき茨城ゆめ国体」において、コナミのサッカーゲーム「ウィニングイレブン」を使用して開催する予定のようです。国体という舞台だけあって、各都道府県を代表するチームがeスポーツサッカーの全国制覇をかけて勝負を繰り広げることになるようです。
日程としては、来年2月から各都道府県内で予選会が開催され、秋に茨城県内で決勝が行われます。
海外ほどではないですが、日本国内でも徐々に人気が高まりつつあるeスポーツ。当然のことながら、全国規模の大会は初の開催となります。この国体での開催を機にどんどん裾野を広めていってほしいですね。
(そして、これもまた「スポーツ」であることを広く認識されるようになるといいですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

子供の靴をIoT化「MONKEY KID SENSOR」

小さいお子様を連れ立って人通りが多いところを歩く時、子供が迷子にならないかと心配になったりしますよね。ずっと手を繋いでいればそうでもないですが、繋ぎっぱなしというのも難しいですし、子供はどんどん離れてあっちこっち行きたがります。最近は服に括り付けるような「紐」もあったりしますが、これもちょっと取り回しにくことがあります。
そんな親御さんに朗報。アメリカのTwinTech社が開発した「MONKEY KID SENSOR」がそんな心配を軽減してくれるかもしれません。
元記事はこちら

子どもの位置をトラッキングするアイテムにはGPSを搭載したものが主流ですが、

  • 屋外と比べて屋内では正確な位置情報をタイムリーに得るのが難しい
  • モバイル通信のためにSIMカードが必要で月々の利用料金がかかる

といったデメリットがあります。この「MONKEY KID SENSOR」はGPSの代わりにBluetoothを利用することで、このデメリットを解消しています。

さて使い方ですが、対応アプリ(現在iOS版のみ)をインストール。子どもが自分から離れたらアラートを出す距離を設定。設定レベルには「Loose」、「Tight」、「Manual」の3段階があり、以下のようになっています。

Loose
大きな公園や大きい子ども向けに約50メートル離れたらアラートを出す設定
Tight
ショッピングセンターやテーマパークや人が多いところでの使用を想定し、約5メートルでアラートを出す設定
Manual
ユーザーの任意設定

そして、「MONKEY KID SENSOR」をお子さんの靴に装着(紐というか、ベルトを通す穴があるので、ちょっとやそっとじゃ外れないようになっています)。

どのようにモニタリングするかというと、モニタリングしている端末との距離が離れてくると、アプリ上でその端末が黄色に色づけされます。設定距離よりも離れると端末の色が赤になり、見失ってから何秒経過したかカウントを開始します。
2017年5月現在、アメリカ国内だけでしか販売されていませんが、イギリスやヨーロッパでの販売も予定しているほか、日本での販売も視野に入れ、販売に必要なTELEC認証(技適)を取得している最中とのことです。これは是非とも国内でも販売されてほしいですね。

続きを読む "子供の靴をIoT化「MONKEY KID SENSOR」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

ガーネット撮影会

今やゴールデンウィーク真っ只中ですが、そのゴールデンウィークの初めである4/29に、新たにとある撮影会に行ってきました。それがお題にあるガーネット撮影会

場所はJR総武線の秋葉原と浅草橋のほぼ中間(まあ、浅草橋よりかな)。秋葉原駅から徒歩でおよそ8分といったところで開催しています。
撮影会のスタイルは複数人のモデルを同時出し。参加者は気に入ったモデルさんの所に並んで撮影するというスタイル。Fresh撮影会FOTO-JO撮影会と同様のスタイルになります。撮影時間ですが、1枠30分としており、30分経ったら、別のブースに移って撮影を続けるか、モデルさんが休憩に入るようになっています。その30分の中を、私が行った時は1人45秒で回していました。撮影する時間は任意で、好きな時間に入って、好きな時間に抜けることができます(最小は30分ですかね)。
1日で団体と個人撮影を開催しているようで、この日は団体撮影枠は10:00~16:00で開催し、その後に個人撮影の枠が用意されていました。

行ってみた感想ですが、まったりとした空気の中での撮影ですね。立地が悪いのか、日曜日のお昼だというのに、そんなに混んでいなかったんですよね。私含めて10人をちょっと超えるぐらいでしたかね。モデルさん毎のだいたい均一化していて、2,3人待てば撮れるという状況でした。

続きを読む "ガーネット撮影会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »