« FreeBSDをアップグレード | トップページ | 「阿佐ヶ谷アニメストリート」、2019年2月で終了 »

2018年11月 6日 (火)

「それって本当にいいの?」な健康習慣

誰もが自分の健康のことを人一倍考えているかと思いますが、体に良かれと思ってやっていたことが、実は大したことなかった、それどころか悪影響を及ぼしかねないと言ったことはないでしょうか?
古今東西、健康に関しては色々な説が出て、誰もがチャレンジしたりしますが、「それって、本当にいいの?」と思うものもあったりします。また、昔は「体に良い」と思われていたことが、近年の研究で変わってきてたりしています。
lifehackerのこの記事では、「体にいいと言われていたことが実は…」と言ったものを7つ挙げています。

まずは「油分を避ける」。確かに、昔は油分の摂り過ぎは肥満の元と言われてましたね。しかし、今では摂る量や種類によっては健康に繋がることがわかっています。例えば、動物性脂肪は1日100g以内、植物性脂肪も20~30gも摂れば十分だそうです。動物性脂肪でも、肉だけに偏らず、魚も食べてバランスをとることが重要とされています。
続いて「プロテインバーを食べる」。サプリなどでもプロテイン(タンパク質)があるので、健康によさそうに感じますね。実際、タンパク質は重要な栄養素でありますので、それを摂ること自体は間違いなのではないのですが、問題は摂り方です。プロテインバーのほとんどが、高カロリーで砂糖も多め、さらに添加物も豊富なので、逆に健康に良くないそうです。プロテインバーを選ぶ場合は、少ない材料で、砂糖も5g以下のものを選ぶのが良いそうです。
続いて「抗菌作用のある石鹸を使う」。これはどうでしょうねぇ。ただ、使いすぎると言うか、常用するのはどうかとは思います。例えば、細菌による感染性の高い病気が流行っている時などはそれでもいいかなと思いますが、そうではない時は普通の石鹸でいいのではと思っています。そもそも、こうした外用薬に頼ってしまって、体に本来備わっている免疫機能が弱まるというのもありますからね。

続けて「直射日光を避ける」。そんなのありましたっけ?確かに、その昔、オゾン層が破壊されてオゾンホールができて、そこから強い紫外線が差し込んできて、皮膚がんを引き起こすと言われてた時期がありましたね。そこから来てるのかな?まあ、過度に浴びるのは確かに体に良くないのですが、日光を浴びることで、体内のビタミンD合成の促進、一部の癌の予防、規則正しい睡眠、気分を明るくするといった効果を得ることができます。また、少ない時間でも自然の中で過ごすと集中力が高まり、より生産的になれるとの調査結果が出ています。なので、適度に日光を浴びることは健康にとってプラスになると言えます。
続けて「ジュースやスムージーを飲む」。スムージーはまさにブームですね。手軽にビタミン類などを摂ることができるので、多くの人がやっていることではないでしょうか。しかし、そこに落とし穴が…。例えば糖分。ジュースやスムージーに入っている糖分って、ほとんどが砂糖の糖分だったりします。つまり、それが落とし穴。この糖分が果物が本来持ってる「果糖」ならば問題ないのですが、砂糖の糖分は摂り過ぎると肥満に繋がります。また、ジュースにすることで食物繊維が摂れなくなってしまいます。これは結構大きな損失になるのではないかと思います。
続けて「お酒を一滴も飲まない」。全く飲めない下戸の人はともかくとして、普段から飲んでる人が無理にお酒を断ったりする必要はないということです(アルコール依存症の人は逆に飲む量を抑えなければなりませんが)。例えば、ビールに含まれている豊富なビタミンB6含有量が、心臓発作を引き起こすアミノ酸であるホモシステインの蓄積を防ぐとも言われていますし、ワインに含まれるポリフェノールが健康に良いというのは周知の通りですね。
最後に「体重をこまめに量り、変化に敏感になる」。健康管理の一目安として体重の変化に気を配るのは良いことだと思います。ただ、あまりにも敏感に反応するのはどうかということですね(まあ、肥満の人の場合は人一倍気にかけてほしいですが)。それに、体重計は脂肪の重さと筋肉の重さを同一に扱ってしまいます。体重計の目盛りが変化するにしても、その内容は大きく異なります。例えば、体重が減った場合で言えば、脂肪が減ったことは喜ばしいことですが、筋肉が減ってしまうことは喜べませんよね。逆に体重が増えた場合も、筋肉が増えた分にはいいですが、脂肪が増えてしまってはがっかりしますよね。つまり、「重さ」の変化だけ見ても、その内容によって意味合いが大きく変わるのです。もし体重を気にするのなら、単純な体重計ではなく、体組成計を使って量るようにしましょう(体外の体組成計は履歴管理もしていて、前回の結果を残してくれたりします)。

と、7つの健康習慣について書きましたが、要は「バランス」ということです。適度に摂ることは体にいいのですが、「たくさん摂れば、もっと良くなる」と安易に考えて過剰に摂ってしまう(あるいは削ってしまう)とバランスを崩して、体に悪影響を及ぼすということです。
民間療法や伝承のようなものではなく、きちんと科学的根拠に則った方法で健康を手に入れるようにしましょう。

|

« FreeBSDをアップグレード | トップページ | 「阿佐ヶ谷アニメストリート」、2019年2月で終了 »

アフィリエイト」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126287/67351025

この記事へのトラックバック一覧です: 「それって本当にいいの?」な健康習慣:

« FreeBSDをアップグレード | トップページ | 「阿佐ヶ谷アニメストリート」、2019年2月で終了 »