« ランニング前に重要なダイナミックストレッチ | トップページ | 「東映まんがまつり」、29年ぶりに復活 »

2018年12月15日 (土)

wsltty

WindowsでLinux環境を構築・活用する方法は前からありましたが、マイクロソフトが「WSL(Windows Subsystem for Linux)」を提供してから、以前よりも構築しやすいようになりました。
WSLはコマンド投入・実行によるCUI環境ですが、ベースがコマンドプロンプトとなっており、あまり使い勝手が良いものとは言えません(スクロールバッファが9999行までとか、高度な端末エミュレーション機能が使えるわけでもない)。そんなWSLの端末環境を快適にするのが「wlstty」。
#元記事はこちら

wlsttyは標準のコンソールと比べると、次のような特徴があります。

  • より高速で高機能、高度な端末エミュレーション(xterm/VT-100など)の実現
  • ズーム機能(マウスホイールによるや拡大/縮小)
  • キーボードによるスクロール([Shift]+[Page Up]/[Page Down])
  • 1万行を超えるバッファリング
  • 容易なウィンドウの新規オープン([Alt]+[F2])
  • 切り替え([Ctrl]+[Shift]+[Tab])
  • Windows OSのエクスプローラーからドラッグ&ドロップしたファイルやフォルダのパス名を、自動的にWSL向けのパスに変換して貼り付けることが可能

かなり高機能になりますね。これだけでも、導入する価値はあると思います。上記には挙がっていませんが、マウスのホイールによる画面スクロールが可能になるのも便利です。
(WSLのコンソールだと、ホイールによるスクロールができなかったんですよね)
また、ウィンドウの透明度も設定できるようになっており、半透明化することもできます。半透明化って、何気に便利だったりするんですよね。
また、webブラウザを使ってカラースキームを編集することができるので、簡単に独自のカラーテーマを作成することもできます。

正直、WSLを利用している方は、これを導入すべきですね。格段に使い勝手が向上します。

| |

« ランニング前に重要なダイナミックストレッチ | トップページ | 「東映まんがまつり」、29年ぶりに復活 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: wsltty:

« ランニング前に重要なダイナミックストレッチ | トップページ | 「東映まんがまつり」、29年ぶりに復活 »