« ローソン、24時間営業の変更検討も視野に | トップページ | ホリエモン×100人のグラビア美女 »

2019年3月 8日 (金)

Microsoft、電卓アプリのソースを公開

MicrosoftはWindows 10に付属の電卓アプリをオープンソース化し、そのソースをGitHubに公開しました。

GitHubで公開されているのは、ソースコードは当然のことながら、ビルドシステム、ユニットテスト、製品ロードマップ。開発者は、Windows 電卓アプリの各部の仕組みを知ることや、Windows 電卓のロジックやユーザーインターフェース(UI)を自分のアプリケーションに組み込むことが可能になったとMicrosoftは述べています。

Visual Studioのソリューションファイルも同梱されているので、ダウンロードすればすぐにビルドができます。また、ユニットテストのツールも同梱されているので、どのようにテストをすればよいかが勉強できると思います。
ちなみに、電卓アプリはVisual C++で書かれているようです。
プログラミングの初級から中級に移る段階で電卓プログラムを書こうとする人が多いですが、これを利用して、どのように開発すればよいかがわかるようになるのではないでしょうか。プログラミングに興味のある方は、一度お試しになられてはいかがでしょう。

|

« ローソン、24時間営業の変更検討も視野に | トップページ | ホリエモン×100人のグラビア美女 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft、電卓アプリのソースを公開:

« ローソン、24時間営業の変更検討も視野に | トップページ | ホリエモン×100人のグラビア美女 »