« 文科省、小学校のプログラミング教育の研修教材を公開 | トップページ | 決めたことを毎日の習慣にするコツ »

2019年5月25日 (土)

バイクのサブスクリプションサービス「月極ライダー」

ヤマハ発動機は、5月22日に埼玉県でオートバイの月額制の貸し出しサービス「月極ライダー」の実証実験を開始しました。リーズナブルな価格でバイクに乗れる機会を設け、免許を取ったばかりの人や“休眠ライダー”の需要を掘り起こすことを目指すようです。
#元記事はこちら

月額料金は、該当バイクの購入時にかかる総額(保険料や税金、メンテナンス費用などを含む)の5%の価格。そのため、車種によって料金が変わります。30日単位でレンタルすることができ、2ヶ月目以降は好きなタイミングで返却することができます。最長で6ヶ月間のレンタル機関ですが、気に入れば購入することも可能となるそうです。
実証実験は2020年5月末で実施(約1年の実施期間になりますね)。反響を踏まえ、同年以降にサービスエリアを拡大する予定だそうです。

レンタルの申込みは公式サイトで行なうことができます。

さて、ヤマハ発動機が始めるサービスですが、取り合う買う車種はヤマハに限らず、ホンダ、スズキ、カワサキと言った国内メーカーはもちろんのこと、ハーレーダビッドソンやトライアンフと言った海外メーカーの車種も取り扱っており、バイク好きの方は自分が気に入っているメーカーのバイクに乗ることができるようになっています。
30日間乗り放題となることで、利用額はかなり高めとなりますが、月替りで違うバイクに乗るといった使い方もできますし、これまでにない楽しみ方ができるのではないでしょうか。私もバイクは好きなので、もし来年以降にサービスが拡大されれば使ってみたいと思います。

|

« 文科省、小学校のプログラミング教育の研修教材を公開 | トップページ | 決めたことを毎日の習慣にするコツ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文科省、小学校のプログラミング教育の研修教材を公開 | トップページ | 決めたことを毎日の習慣にするコツ »