« コクヨ、姿勢を改善する新型オフィス向けデスク「UPTIS」発表 | トップページ | 外国人の部下とうまくコミュニケーションを取るコツ »

2019年5月30日 (木)

紙巻タバコ、追いやられる

健康上の観点で、喫煙者は日々、肩身の狭い思いを強いられていますが、紙巻たばこを巡っては更に厳しくなりそうです。

まずは喫茶店のルノアールは、2020年4月1日からグループ全店舗での紙巻たばこの喫煙を禁止することを発表しました。2020年4月に施行される受動喫煙防止法に基づいたルール変更によるもので、現在は、一部の完全禁煙の店舗を除いて、喫煙席、禁煙席と分煙化されていますが、2020年4月以降は、喫煙席では加熱式タバコのみが利用可能となり、紙巻タバコは完全禁止となるそうです。
#元記事はこちら

もう一つは、まだ若干緩めな感じになりますが、串カツ居酒屋の「串かつでんがな」は喫煙席を細分化するそうです。こちらも改正健康増進法に対応するもの。
従来の喫煙室に加えて、加熱式タバコ専用の喫煙室・席を設けるようにするそうです。ただ、紙巻タバコを吸うことはできるのですが、サービスに制限がつくそうです。具体的には喫煙室に入った際は一切の飲食のサービスが提供されないこと。オーダーを出しても喫煙席には給仕されないそうです。一方の加熱式タバコ専用の喫煙室では、飲食のサービスは受けられるそうです。
「串かつでんがな」では、2018年6月から立呑店舗を除く全店舗で、完全禁煙としているそうですが、たばこを吸う人も吸わない人も、安心して快適に過ごせる店舗作りを目指すという理念から、若干緩めて、喫煙ができるようにするそうです。
元記事はこちら

紙巻タバコの副流煙対策というのはわかりますが、完全禁煙としたルノアールと、規制は厳し目ですが、制限付きで喫煙が許可する串かつでんがなと、異なったアプローチが出てきました。他の飲食店でも、このような分煙ルールを設定してくるのでしょうかね。

|

« コクヨ、姿勢を改善する新型オフィス向けデスク「UPTIS」発表 | トップページ | 外国人の部下とうまくコミュニケーションを取るコツ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コクヨ、姿勢を改善する新型オフィス向けデスク「UPTIS」発表 | トップページ | 外国人の部下とうまくコミュニケーションを取るコツ »