« Microsft、開発環境製品を続々発表 | トップページ | 「Snapmart」アプリの評価 »

2019年5月 8日 (水)

スマホの写真を販売できるアプリ「Snapmart」

写真で副収入を得ることを考えたことがある人っていますか?フォトストックサービスはいくつかありますが、どこも飽和状態に近く、また、「売れる写真」をアップし続けて高収入を得られる人というのも一握りとなっており、初心者やこれから始めようと思っている人には「狭き門」となりつつあります。また、最近はスマホで撮影した写真もOKとしているところが出てきていたりしますが、やはり、デジタルカメラ、最低でもコンデジで撮影したものでないと受け付けないところもあったりします。
そんな中、誰もが持っているスマートフォンで撮影した写真を販売できるアプリとして「Snapmart」があります。このアプリ、2016年にiPhone向けにリリースされているのですが、この度、Android版がリリースされました。
#元記事はこちら

このアプリでは、SNSアカウントを運営している企業のマーケティング担当者やWebメディア担当者へ向け、スマートフォンで撮影した写真を販売することができ、販売価格の30~60%が報酬となります。また、受賞すると500~1000円の賞金がもらえるフォトコンテストも毎日開催しており、収入を増やすチャンスが増えます。
クライアント企業に選ばれたユーザーはアンバサダーとなり、毎月開催されるアンバサダーフォトコンテストへの参加できる他、企業に優秀作品として選ばれると5000~1万円の賞金を受け取ることができます。また、企業から贈与された商品の写真を撮影・納品、特定のハッシュタグをつけて使用感を発信することもできるようになります。コンテスト入賞回数が増えると、企業からの指名で商品・サービスの撮影依頼が入るチャンスが得られ、指名されたクリエイターは条件により、1万5000円~10万を撮影報酬として受け取ることも可能になります。

Androidユーザーで、Instagramなどで写真を公開している人には、「この写真、売れたらいいなぁ」と思われた方もいるかも知れません。これまでは、iPhoneだけでしたが、Android版もリリースされたことにより、こうしたチャンスにチャレンジすることができるようになりました。写真好きの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
(私はチャレンジしてみようと思います)

|

« Microsft、開発環境製品を続々発表 | トップページ | 「Snapmart」アプリの評価 »

デジカメ」カテゴリの記事

携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Microsft、開発環境製品を続々発表 | トップページ | 「Snapmart」アプリの評価 »