« 色々とサービス終了が告げられる | トップページ | 水筒を清潔に保つ洗い方 »

2019年8月 5日 (月)

PasocomMini PC-8001

さて皆さんは、「PC-8001」というパーソナルコンピュータをご存知でしょうか?NECが1979年9月に発表した「8ビットコンピュータ」で、日本初の本格的なパーソナルコンピュータと呼ばれました。
今年で生誕40周年を迎えた「PC-8001」ですが、それを記念してハル研究所が記念用にミニチュアモデル版として「PasocomMini PC-8001」を開発し、NECパーソナルコンピュータが発表しました。
#元記事はこちら

大きさは横109.5×奥行き67×高さ21(mm)と、オリジナルと比べるとかなりコンパクト(ちなみに、オリジナルは横430×奥行き260×高さ80(mm)というサイズ)。「手のひらサイズ」といってもいいでしょう(こちらを見ると、その小ささがわかると思います)。カラーリングはオリジナルを忠実に再現してますね。本体背面に各種インタフェースを備えるのですが、そこは現代版らしく、電源とキーボード用にマイクロUSBポート、モニター用にHDMIが装備されています。また、電源スイッチもオリジナルを再現してシーソースイッチになっています。でかいリセットボタンも再現してますね。
また、N-BASIC互換のBASICも内蔵。さらに、このミニチュア「PC-8001」で遊べるゲームが16タイトル用意され、SDカードで提供されます。

さて、この「PasocomMini PC-8001」ですが、単体での販売はありません。入手するには、同時期に発売されたNEC PCのノートパソコン「PC-PM750NAA PC 40 th Anniversary Edition Premium Package」を購入するか、LAVIEシリーズを購入したユーザーが参加できる抽選に参加することになります。それぞれ500台、2000台用意されるようです。
最新のNECのパソコンを買って、その原点である「PC-8001」(のミニチュア)を手に入れることができるというのは面白いですね。

前に、今年はPC-8001が発表されてから40周年に当たるので、記念的な何かがあるみたいなニュースが流れましたが、まさか「これ」とは。しかし、アラフォー、アラフィフ以上の人にとっては涙が出るほど懐かしいでしょうね。大きさはともかくとして、当時のスタイルを見事に再現した筐体。さらには標準実装されたプログラミング言語N-BASICも再現してますからね。
ちなみに、1980年代のパーソナルコンピュータは、プログラムを書くとなるとBASICで書くのが基本でした。しかも、メーカーやモデルによっても搭載されるBASICが異なり、中身も互換性は無かったんですよね。例えば、NECだけでもN-BASIC、N80-BASIC、N88-BASIC、N60-BASIC、N60m-BASIC、N66-BASICとあったんですね(さらに、マイナーチェンジバージョンも存在)。そして、このBASICをROMに収め、買ったその日からBASICによるプログラミングができるようになる、というのが当時の主流でした。そうした中で、ちょっと毛色が違ったのがシャープの「MZシリーズ」。「クリーンコンピュータ」の思想で設計され、BASICをROMで内蔵していなかったんですね。その代わり、メディア(当時の主流はカセットテープ)で提供され、メディアからロードすることで使えるようになっていました(そういう意味では、現在のようなインストールするのと同じような感じになりますかね)。MZシリーズ向けにもいくつかのBASIC言語が用意され、1つのマシンで好みに合わせてBASICを使い分けると言ったこともできました。

ただ、マイクロソフトが「MSX」という規格を打ち出したことにより、各社とも「MSX」に準じたパソコンを作るようになったことで、BASICは統合されていった感がありましたね(そんな中、NECとシャープだけはMSXマシンを作らなかったんですが)。

しかし、PC-8001とガンダムって、同じ年だったんだな。

|

« 色々とサービス終了が告げられる | トップページ | 水筒を清潔に保つ洗い方 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色々とサービス終了が告げられる | トップページ | 水筒を清潔に保つ洗い方 »