« au Wi-Fiアクセス開始 | トップページ | JR東日本、2021年3月から終電時間を繰り上げ »

2020年9月 2日 (水)

「COCOA」、ソースコードをGitHubへ公開

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として提供するスマートフォンアプリ「COCOA」のソースコードをGitHub上に公開しました。
#元記事はこちら

COCOAは元々オープンソースプロジェクト「Covid19Radar」で公開されたものをベースに作成されています。で、このベースとなった「Covid19Radar」がMPL(Mozilla Public License)で公開されているのですが、同ライセンスには改変内容の公開義務があります。今回の「COCOA」のソース公開は、このMPLの条項に則ったものであり、ライセンス違反の解消が図られたと見られています。

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のダウンロード数は、 9月1日の17時時点で約1557万件となったそうで、日々、順調にダウンロード数を伸ばしているようです。私もスマホにインストールしていますが、入れておくとひとまずは安心かなと。

|

« au Wi-Fiアクセス開始 | トップページ | JR東日本、2021年3月から終電時間を繰り上げ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« au Wi-Fiアクセス開始 | トップページ | JR東日本、2021年3月から終電時間を繰り上げ »