« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月30日 (木)

Gスタ「Pure Teen Event」

さて、思わず二日続けてGスタの撮影会に行ってきました。今回は「Pure Teen Event」と銘打ったセッション撮影会。
登場モデルは

の5名(敬称略)。3部構成での撮影会でした。

続きを読む "Gスタ「Pure Teen Event」"

| | | コメント (0)

2021年12月29日 (水)

Gスタ水着Day

今年も残り3日となりましたが、本日はGスタの「水着Day」セッションに行ってきました。タイトル通り、全員が通しで水着で登場するセッションです。

登場モデルは総勢11名。その中で今回撮ったのは、

の4名(敬称略)。

続きを読む "Gスタ水着Day"

| | | コメント (0)

2021年12月27日 (月)

HVL-F60RM2購入

12月ということで、冬のボーナスが今年も出ました。それで何を買おうかと考えまして、単焦点レンズかストロボを買おうか迷ってたんですよね。レンズは今持ってるズームレンズで当面は何とかなると思いましたので、ストロボを買いました。それがソニーのクリップオンストロボ「HVL-F60RM2」。

このストロボ、去る12/17に発売されたばかりの最新モデル。ガイドナンバー「60」の大光量ストロボになります。さらには独自の「クイックバウンス」機構でストロボ光をポートレートや風景とで同セッティングで当てることができます。
使ってみたところ、これが扱いやすい。発光モードは「マニュアル」と「TTL」(オート)、「MULTI」(トランスミッタ受信)の3モードがあります。私はトランスミッタを持っていないので、基本は「マニュアル」と「TTL」を使っています。

まずは「TTL」から。純正品だけあり、カメラとの通信により大部分の設定をストロボとカメラ任せにできます。画角と被写体との距離、ISO感度に合わせて発光量も調整されます(マニュアルで自動発光量に対して調整を付けることも可)。画角も「AUTO」に合わせれば、ズームレンズの画角に合わせて自動で変更されます(これは「TTL」ではなく「マニュアル」でも同じ)。
「マニュアル」も基本的には設定項目は同じです。「TTL」との違いは被写体との距離は自分で設定することですかね。ISO感度に関する設定も無いので、それだけ「撮ることだけ」に集中することができます。

正直、去年にα7Cを買ったときに、ストロボもいつかは買い換えようと思っていました(実は買い替えです)。純正にするか、サードパーティ製にするか検討し、純正品を買うことに決めたんですよね。で、このモデルが発表される前は、前モデルの「HVL-F60RM」を買おうと思ったのですが、このモデルが発表され、スペックを見てみると、断然こちらの方が上。しかも価格も安かったので、こちらを選びました。

続きを読む "HVL-F60RM2購入"

| | | コメント (0)

2021年12月26日 (日)

原つむぎ撮影会 in Grief撮影会(2021/12/26)

今日は原つむぎちゃんの撮影会に行ってきました。先週、フレッシュ撮影会のBooty東京撮影会でも撮りましたが、個別開催の撮影会には10月以来に行ってきました。
今回は新宿にあるスタジオ「バービーカーサ」での開催。今回も第1部で参加してきました。

衣装は前半が部屋着、後半が白と黒のハートパターンのビキニでした。
前半の部屋着は赤と白のタータンチェック。ちょっとモコモコとしていて、可愛らしい感じのものでした。出だしにクマのぬいぐるみを使いながらの撮影。本当に自宅でくつろいでるような感じのシチュエーションとなりました。また、小道具でぬいぐるみを使ったというのが無かったのですが、つぐみちゃんがいつもとは違う可愛らしさを出していたなと思いました(もしかすると「素」に近いかもしれない)。
後半の水着。面積はやはり小さめです。毎度のことながら、惚れ惚れとするナイスバディですね。

クリスマスの翌日ということもあって、開始前につむぎちゃんからクリスマスプレゼントをもらいました。中には手書きのトナカイのイラストを描いたクリスマスカードも添えられていました。

| | | コメント (0)

2021年12月22日 (水)

ミスFLASH2021定期撮影会(2021/12/21)

今年も残り10日となった昨日、ミスFLASH2021の定期撮影会に行ってきました。場所はFresh撮影会のアキスタ。そして、今回がミスFLASH2021の最後の撮影会でした。

10月にも行ったのですが、その時は3人で、今回は4人全員がそろっていました。ということで、登場したモデルは

の4名(敬称略)。

続きを読む "ミスFLASH2021定期撮影会(2021/12/21)"

| | | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

フレッシュ!スペシャル大撮影会 in Booty東京(2021/12/19)

暦も師走に入り、2021年も残り12日となりました。先週まではまだ暖かい日もありましたが、日を追うごとに寒気も増し、冬の様相を呈してきました(場所によっては雪も降ってますしね)。
そんな今日、フレッシュ撮影会が開催するスペシャル大撮影会に行ってきました。場所はお馴染「Booty東京」。昨日、今日の連続2日開催の2日目となります。本日は総勢42名のモデルが参加。年末だからか、結構な人数でしたね(6名の欠席が無ければ、48名だもんな)。

今回は前半、後半それぞれ1枠ずつ参加。参加したのは最初の枠です。で、撮影したのは、

前半

後半

の計8名(敬称略)。

続きを読む "フレッシュ!スペシャル大撮影会 in Booty東京(2021/12/19)"

| | | コメント (0)

2021年12月17日 (金)

「Atom」後継エディタ「Zed」開発始動

GitHubで開発され公開されていたコーディング向けエディタ「Atom」。GitHub社がMicrosoft社の傘下に入ってから開発が止まってしまっていますが、その人気は根強く、ユーザーも多数おります。
その「Atom」の開発者が後継となる新たなエディタの開発に着手したそうです。
#元記事はこちら

その名は「Zed」。「Atom」開発の基盤となる技術「Electron」の性能に限界を感じ、新たに再構築するようです。
「Electron」はWeb技術をベースとしたもので、それ故にマルチプラットフォーム(Windows、MacOS、Linux等)で動作するプログラムを簡単に開発できるものです。しかし「挙動」を司るJavaScript部分がシングルスレッドで動作するようになっているため、昨今のマルチコアCPU環境での動作には性能行には限界があったようです。
そこで、「Electron」の技術を捨て、新たに「Rust」言語による開発に切り替えたようです。
現在のところは、上記のようなアウトラインしか表されておらず、実際にどのような機能を実装していくのかは未知数です。ただ、「Atom」で培った技術は活かされ、現在着実にユーザーを増やしている「Visual Studio Code」が持つような機能は網羅されるのではないでしょうか。

新たなコードエディタの登場、期待が持てますね。

| | | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

声優 八奈見乗児氏 逝去

声優の八奈見乗児さんが12月3日に、老衰のため、お亡くなりになりました。90歳。

2015年に休業宣言をされてから療養されていたそうです。公式な発表はされていませんが、仕事については「勇退」とするスタンスを取られていたようです。
数多くの役を演じられてきましたが、やはり「タイムボカン」シリーズの「三悪トリオ」の科学者(グロッキーやボヤッキー等)キャラや「ゲゲゲの鬼太郎」(3作目)の一反木綿といったとぼけた口調のキャラクターが有名ですね。かと思えば、「巨人の星」の伴忠太のような熱いキャラや、「マジンガーZ」の弓教授、「サイボーグ009」のギルモア博士といった科学者役を演じられたりしました。

死因が老衰、90歳というご高齢でしたので、大往生でしょうか。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

| | | コメント (0)

2021年12月13日 (月)

ラッキー公園 in なみえまち

2021年12月12日、福島県浪江町に「ラッキー公園 in 浪江町」が開園しました。
#元記事はこちら

「ラッキー公園」はポケモンの「ラッキー」をモチーフにした公園。公園内の遊具に「ラッキー」を中心に、色々なポケモンがモチーフにされています。また、ポケモンをモチーフにした公園は全国初だそうです。
遊具の他にもポケモンに関連する仕掛けとして、「Pokemon GO」と連動し、「ポケストップ」の設置や野生の「ラッキー」に遭遇しやすくなるというサプライズも用意されています。
2022年春以降には郡山市、柳津町、昭和村にも公園が開園されるそうです。

ちなみになぜ「ラッキー」なのかですが、2019年にポケモン社と福島県とで連携協定を締結しておりまして、「ラッキー」が「ふくしま応援ポケモン」として選ばれたからです。
「ラッキー」に限らず、ポケモン好きの方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

| | | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

伊藤かずえさんのシーマ、レストア完了

この記事でも紹介しました、女優、伊藤かずえさんが30年間乗り続けたシーマを日産がレストアするというニュース。この程、レストアが完了し、生まれ変わったシーマが伊藤かずえさんに返されました。
#元記事はこちら

4月に引き取られてから8カ月の期間でレストアが完了。基本的なメカニックのレストアはもちろんのこと、内装も新調されたそうで、

あまりにもピカピカで新車みたい。最近免許を取った娘にも乗り継いで欲しいと思う。すごい、シートも変わっている! ハンドルのカバーも新しくなって。運転できないかも!

と感動されたようです。

ただ、30年前のモデルのレストアということもあり、レストア工程の記録が公開。また、2021/12/8から12/22の期間、「NISSAN CROSSING」において、レストアされた伊藤さんのシーマを展示するとのこと(と言うことは、まだしばらくは乗れないわけですね(笑))。車に興味のある方、ご近所の方は見に行かれてはいかがでしょうか。

続きを読む "伊藤かずえさんのシーマ、レストア完了"

| | | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

ついに国内でも発表「α7Ⅳ」

この記事で紹介の通り、10月に海外で発表されたソニーのフルサイズ一眼ミラーレスカメラの最新モデル「α7Ⅳ」。本日、日本国内でも発表となりました。
#ソニー「α7Ⅳ」のページ

やはり年内に発表になりましたね。発売は2021年12月17日。週明けの12月7日から予約が開始となります。スペックについては、先の記事に紹介してありますので、省略しますが、無印の「Ⅳ」が出るのを待ち望んだ人が多いでしょう。
価格はまだ「オープン価格」となっており、どれくらいの値段で出るのかはまだわかりませんが、12月7日にはわかることでしょう。あるところでは33万円としているところがありますが、あれだけのスペックを持つと30万越えもありそうです。一応、「R」や「S」、「α9」、「α1」の基本となるモデルの位置づけなので、先行して出ている各派生モデルからのフィードバックもあると思いますが、取っ掛かりとなるモデルでもあるので、30万は切るのでは(切って欲しいかな)と思います。
(まあ、それを踏まえて「次世代のベーシックモデル」と定義し直すならば、30万越えはあるかもしれませんね)

去年、「α7C」を買いましたが、やはりもう1年待つべきだったかなぁ。でも、前に使っていたコニカミノルタの「αー7 Digital」が限界でしたからね。今年あたりに出るのではと思いながら「C」を買いましたが。
値段次第のところもありますが、買うとしたら来年以降ですかね。結構値ごなれがしそうな気もしますが。そしたら、今の「C」はスナップ専用になるかなぁ。実際「C」のコンセプトは「気軽に持ち出せる」ところですからね。
ちょっと考えますね(笑)。

| | | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

歌舞伎俳優 中村吉右衛門氏 逝去

歌舞伎俳優の二代目中村吉右衛門さんが、去る11月28日にお亡くなりになられたことが発表されました。77歳。

今年の3月に心臓発作で救急搬送され、療養中でありました。
歌舞伎俳優が主でしたが、テレビなどにも出演。中でも、1989年から放映された「鬼平犯科帳」が有名ではないでしょうか。テレビシリーズは4作作られておりますが、最も演じた期間が長く、1989年から2016年と27年も演じられていました(テレビシリーズと単発のスペシャル番組で)。

77歳。役者としてもまだまだいけたと思うのですが残念です。

続きを読む "歌舞伎俳優 中村吉右衛門氏 逝去"

| | | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »