デジカメ

2020年9月15日 (火)

ソニー、α7C発表

ソニーは、ミラーレス一眼カメラ「α7」シリーズに、新しいコンセプトモデルとなる「α7C」を発表しました。
#詳細はこちら

名前にある「C」はコンセプトでもある「Compact」(小型・軽量)の「C」。これまでの「α7」シリーズの「一眼カメラ然」とした形ではなく、APS-Cサイズモデルである「α6000」シリーズのような「コンパクトカメラ」のようなスタイル。しかし、それでも35mmフルサイズセンサーを搭載した、れっきとした「α7」シリーズの1機種です。
実際、従来の「α7」シリーズよりコンパクトな設計になっており、質量で78%、体積で81%のサイズダウンを実現しています。またそのスタイルから、各種操作系のレイアウトも一新。まずファインダーを左側に配置。これに伴い、ダイヤル系を右側に集約。動画録画用のボタンも新設。背面モニターもバリアングルモニターを採用し、様々なアングルからの撮影を可能としています。小型化に伴い、端子類にも変更があります。最大の変更はUSB端子がType-Cになったことでしょう。
基本スペックは「α7」シリーズを踏襲。連射速度は約10コマ/秒。ISO感度も常用で100~51200、拡張で50~204800。αシリーズの最大の特徴である「瞳AF」も当然搭載されています。

今日の午前10時に発表会が配信され、私も少し見ていたのですが、フルサイズセンサーをよくぞこのサイズにと思いました。でも、既存の「α7」シリーズで「でかい、重い」と感じたことは無いですけどね。とはいえ、小さくなることで荷物が軽量化できますし、もしくはレンズを1本多く用意することができますね。
これは確かに新しい「感覚」のカメラになるかもしれません。

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

ソニーもデジカメをWebカメラ化するソフトを提供

ソニーは、同社のデジタルカメラをWebカメラとして利用できるソフト「Imaging Edge Webcam」を公開しました。
#元記事はこちら

対応機種はミラーレス一眼、一眼レフ、コンパクトタイプの各種デジタルカメラに対応で、35機種に対応します(詳細は元記事参照)。
コロナ禍の影響で、在宅でのオンラインミーティングをする機会が増えましたが、急激な需要増でWebカメラの供給が追い付かない状況となっております(それでも、最近は入手しやすくなってきましたかね)。それを鑑みて、デジタルカメラを製造しているメーカーは挙って自社のデジタルカメラをWebカメラに転用できるユーティリティを開発・提供を始めました。ソニーの今回の提供もその流れを受けてのことで、主だったメーカーからは出揃ったところでしょうかね。
しかし、ソニーの場合は一気に35機種も対応と、他のメーカーとは比べ物にならないサポート数ですね。これだけの機種に対応させるために開発に時間がかかったということでしょうか。結構嬉しいのが、Aマウント(=一眼レフ)デジカメであるα99Ⅱ/α77Ⅱもサポートになっているところですかね。今では主力をEマウント方式の一桁番台のモデルに譲ってしまい、最近では関連ニュースにも出てこない状態ですからね。その中でサポート対象となっているということは、まだソニーもAマウントを捨てたというわけではないということでしょうか(まあ、実際にソニーウェブストアでは取り扱いがありますからね)。

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

パナソニックもデジカメをWebカメラにするソフトを発表

パナソニックは、同社のデジタルカメラ「LUMIX」シリーズをWebカメラとして利用可能にするソフトウェア「LUMIX Webcam Software」を、本日7/14に発表しました。
#元記事はこちら

ソフトウェアはWindows版、MacOS版が用意され、Windows版が9月末、MacOS版が10月末にリリース予定。
このソフトは、USBケーブルでパソコンと繋がれたカメラから得られた映像をWeb会議などで利用できるようにするもの。なお、このソフトウェアに対応するカメラはLUMIX S1/S1H/S1R、LUMIX G9 PRO/GH5S/G100となっています。

一眼デジタルカメラをWebカメラにするソフトウェアは、すでにキャノン、富士フィルムで発表しておりますが、この記事で予想した通り、パナソニックも出してきましたね。まあ、流れからして出してくるとは思っていましたけど。後はソニーですかね。
(オリンパスは出さないだろうな。カメラ事業を切り離すから)

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

オリンパス、映像事業を分社化し、譲渡へ

オリンパスはカメラを含む映像事業を新会社として分社化し、日本産業パートナーズ(JIP)が管理・運営その他関与するファンドに対して譲渡する意向確認書を締結しました。
#元記事はこちら

JIPへの譲渡後も、分社化した新会社での研究開発・製造体制を維持するそうで、「引き続き高品質かつ信頼性の高い製品を提供し続ける」としています。また、分社後もオリンパス製品のカスタマーサポートは継続するそうです。
近年では「オリンパス・ペン」の投入で「カメラ女子」を増やしたりと、カメラを「より身近な道具」として提案していましたが、映像事業は2020年3月期まで3期連続で営業損失を計上する結果となり、今後、継続的な発展ができるようにするためにも映像事業を分社化し、オリンパス製品を愛好するお客様への価値提供と、そのために働く従業員にとって最適と判断したようです。

写真用レンズ「ズイコー」を運用するための写真機の開発・販売を起点に、1936年から映像事業部は始まったそうで、中には特徴的なものもありましたね。私もオリンパスのカメラを持っていたことがあり、上面から見るとアルファベットの「L」字に見えるモデル「L-1」を持っていました。思えば、あれから撮影会に出るようになったんだよな(故障した後にミノルタの「α-9」に乗り換えますが)。

続きを読む "オリンパス、映像事業を分社化し、譲渡へ"

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

富士フィルムもデジカメをWebカメラにするソフト公開

前にこちらの記事で米キャノンが、キャノン製デジタルカメラをWebカメラ化するソフトを開発・公開したことを書きましたが、富士フィルムもデジタルカメラをWebカメラ化するソフト「FUJIFILM X Webcam」を公開しました。
#元記事はこちら

対象となるデジタルカメラはGFX100、GFX 50S、GFX 50R、X-H1、X-Pro2、X-Pro3、X-T2、X-T3、X-T4。同社デジタルカメラの絵作り機能「フィルムシミュレーション」も使用できるというもの。

キャノンに引き続き、富士フィルムも出してきましたね。コロナ禍の中、Webカメラの入手が難しくなった今、単に写真を撮る、動画を撮るだけでは勿体ないですからね。
この後も他のメーカーからも出てきますかね。なんとなく、パナソニック、ソニー辺りは出してきそうな気がします。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

月刊カメラマン休刊

カメラ情報誌の老舗雑誌である「月刊カメラマン」が休刊となっていました。

先の土日に本屋に6月号を見に行ったところ、店頭に置かれてなく、他のカメラ雑誌の最新号はあるので「欠品かな?」と思ったのですが、他の書店にも置かれておらず。おもむろにネットで調べたところ、4/21に同誌のFacebookで告知されたようです。
#元記事はこちら

カメラ雑誌のほとんどは毎月20日の発刊で、「月刊カメラマン」もご多分に漏れずでした。なので、5月号は4/20に通常通りに発刊され、その翌日に休刊が告知と、まさに「風雲急を告げる」休刊の告知でした。
(何せ、5月号には6月号掲載予定の記事が告知されていましたからね)

なお、デジタルコンテンツ化は前々から行われており、Twitter(こちらはあまり投稿が無いですね)、Instagram(こちらも投稿があまりありませんね)、FacebookといったSNSを始め、YouTubeチャンネルがあり、また、「Webカメラマン」というサイトもあります。今後は「Webカメラマン」で展開する感じなんですかね。

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

米キャノン、一眼レフカメラをWebカメラにするソフト公開

米キャノンは、キャノンが販売する一眼レフカメラをWebカメラとして活用できるユーティリティソフト「EOS Webcam Utility Beta」を公開しました。
#元記事はこちら

名前に「EOS」とありますが、その名の通り、同社の「EOS」シリーズはもちろんのこと、「Powershot」シリーズの一部にも対応しているそうです。ソフトは現在のところWindows版しか開発されていませんが、他のOSについては開発の可能性があるとしています。
使い方は簡単で、ソフトをインストールしたPCに「EOS」(もしくは「Powershot」)をUSBケーブルで接続するだけ。これだけでカメラをWebカメラとして認識します。カメラ専用機で撮影するだけあって、ビデオ会議ツールなどでは高画質の画像を送信することができます。

今回このソフトを公開したのには、新型コロナウィルスの影響があってのこと。これにより、全世界的に在宅勤務を行う企業が増えていることで、Webカメラのニーズが高まってのこと。
キャノンは、今回のソフト公開はアメリカ法人が独自に開発したものであるため、日本を含む、他の地域での動作については保証していないそうです。ただ「人柱」になってくれた人はいたようで、Twitter上では日本モデルでも動作したとの報告が上がっています。なお、ソフトが対応する機種については元記事に一覧としてまとめられていますので、興味のある方はそちらでご確認ください。

続きを読む "米キャノン、一眼レフカメラをWebカメラにするソフト公開"

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

結局Photoshopにしました

新PCに移行して1か月が経ち、環境もかなり揃ってきました。
この記事にも書いた通り、写真周りは後回しにしつつ、色々と試してみました。フリーのRAW現像ソフトを2本ばかり試したのですが、いまいちと言うか、どうにもしっくり来ない。スナップショット的に途中経過の保存をしようかと思ったら、それらしい操作が無いですし(もしかすると、操作の度に自動保存かもしれませんが)。しかも不安定なんですよね。と言うことで、写真周りはPhotoshopにしまして、本日インストールしています。

まあ、「慣れ」の部分もあるかとは思います。プロダクトソフトだけに、そこはやはり洗練されているということでしょうね。フリーのRAW現像ソフトは直感的でもないし、ガイダンスもこなれてないしで、ある程度RAW現像をやってことがある人間でも、使いこなすには手間がかかるかなぁと。
それと情報量もそうですね。まあ、こればかりはもうしょうがないと言えば、しょうがないんですけど。ネット上にしろ、書籍にしろ、手に入る情報量の違いはいかんともしがたいですね。
後、最大の決め手は「印刷」。一応、紙やCDレーベルに印刷することもあるので、この辺の出来も重要視してたんですよ。そうなると、途端に駄目ですね。モニターからプリンタまでのデバイスのカラーマネージメントをするのはPhotoshopだけですし、やはりそれができるのとできないのとでは大違いになるので。なので、Photoshop CCに乗り換えて使うことにしました。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

「Snapmart」アプリの評価

さて、この記事でスマホで撮影した写真を販売できる「Snapmart」というアプリとサービスについて紹介しました。その記事を書いた直後、実際にアプリをインストールして、サービスにも登録してみました。サービスには登録してあまり日が経ってないので、まずはアプリの評価をしようと思います。

アプリの画面構成は5つ。画面下部に各機能のボタンがアイコンとして配置されています。左から順に「コンテスト」、「検索」、「出品」、「お知らせ」、「管理画面」となっています。
まずは「コンテスト」から。「Snapmart」では定期的にコンテストを開催していることは、前回紹介の記事にも書きましたが、この画面では現在募集しているコンテストや過去に開催したコンテストが紹介されています。コンテストに参加することでも収入を得ることができますので、めぼしいテーマのコンテストを見つけて、参加することができます。
続いて「検索」(アイコンが★なので、「お気に入り」と勘違いしそうですが)。検索はフリーワード検索と、運営が設定したカテゴリによる検索ができるようになっています。カテゴリ検索では、運営がピックアップした「売れ筋」のカテゴリがリストアップされ、「どういったテーマの写真が今求められているか」と「どのような写真が求められているか」がわかるようになっています。
続いて「出品」。ある意味、このアプリのメイン機能でもあります。スマホ内の画像フォルダを「カメラロール」として一元化し、その中から写真を選んで投稿することができます。投稿の際には、キーワードや写真タイトル、コメントを設定することができます。また出品に関しては細かいルールがあるので、それらの確認も行なうことになります。なお、写真の投稿はアプリからでしかできません。
「お知らせ」は運営からのお知らせがリストとして表示されます。お知らせ内容は様々で、開催予定のコンテストの概要とか、購入者が実際に検索しているキーワードのランキング、月毎の人気ユーザーのランキングなどが通知されます。また、写真を出品した場合は、出品した写真に関する通知(「いいね」された等)が通知されます。
最後に「管理画面」。各種管理のための画面になります。例えば、自分のステータスとか、出品した写真とか、設定などがこの画面から行なうようになっています。

続きを読む "「Snapmart」アプリの評価"

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

スマホの写真を販売できるアプリ「Snapmart」

写真で副収入を得ることを考えたことがある人っていますか?フォトストックサービスはいくつかありますが、どこも飽和状態に近く、また、「売れる写真」をアップし続けて高収入を得られる人というのも一握りとなっており、初心者やこれから始めようと思っている人には「狭き門」となりつつあります。また、最近はスマホで撮影した写真もOKとしているところが出てきていたりしますが、やはり、デジタルカメラ、最低でもコンデジで撮影したものでないと受け付けないところもあったりします。
そんな中、誰もが持っているスマートフォンで撮影した写真を販売できるアプリとして「Snapmart」があります。このアプリ、2016年にiPhone向けにリリースされているのですが、この度、Android版がリリースされました。
#元記事はこちら

このアプリでは、SNSアカウントを運営している企業のマーケティング担当者やWebメディア担当者へ向け、スマートフォンで撮影した写真を販売することができ、販売価格の30~60%が報酬となります。また、受賞すると500~1000円の賞金がもらえるフォトコンテストも毎日開催しており、収入を増やすチャンスが増えます。
クライアント企業に選ばれたユーザーはアンバサダーとなり、毎月開催されるアンバサダーフォトコンテストへの参加できる他、企業に優秀作品として選ばれると5000~1万円の賞金を受け取ることができます。また、企業から贈与された商品の写真を撮影・納品、特定のハッシュタグをつけて使用感を発信することもできるようになります。コンテスト入賞回数が増えると、企業からの指名で商品・サービスの撮影依頼が入るチャンスが得られ、指名されたクリエイターは条件により、1万5000円~10万を撮影報酬として受け取ることも可能になります。

Androidユーザーで、Instagramなどで写真を公開している人には、「この写真、売れたらいいなぁ」と思われた方もいるかも知れません。これまでは、iPhoneだけでしたが、Android版もリリースされたことにより、こうしたチャンスにチャレンジすることができるようになりました。写真好きの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
(私はチャレンジしてみようと思います)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧