デジカメ

2021年12月27日 (月)

HVL-F60RM2購入

12月ということで、冬のボーナスが今年も出ました。それで何を買おうかと考えまして、単焦点レンズかストロボを買おうか迷ってたんですよね。レンズは今持ってるズームレンズで当面は何とかなると思いましたので、ストロボを買いました。それがソニーのクリップオンストロボ「HVL-F60RM2」。

このストロボ、去る12/17に発売されたばかりの最新モデル。ガイドナンバー「60」の大光量ストロボになります。さらには独自の「クイックバウンス」機構でストロボ光をポートレートや風景とで同セッティングで当てることができます。
使ってみたところ、これが扱いやすい。発光モードは「マニュアル」と「TTL」(オート)、「MULTI」(トランスミッタ受信)の3モードがあります。私はトランスミッタを持っていないので、基本は「マニュアル」と「TTL」を使っています。

まずは「TTL」から。純正品だけあり、カメラとの通信により大部分の設定をストロボとカメラ任せにできます。画角と被写体との距離、ISO感度に合わせて発光量も調整されます(マニュアルで自動発光量に対して調整を付けることも可)。画角も「AUTO」に合わせれば、ズームレンズの画角に合わせて自動で変更されます(これは「TTL」ではなく「マニュアル」でも同じ)。
「マニュアル」も基本的には設定項目は同じです。「TTL」との違いは被写体との距離は自分で設定することですかね。ISO感度に関する設定も無いので、それだけ「撮ることだけ」に集中することができます。

正直、去年にα7Cを買ったときに、ストロボもいつかは買い換えようと思っていました(実は買い替えです)。純正にするか、サードパーティ製にするか検討し、純正品を買うことに決めたんですよね。で、このモデルが発表される前は、前モデルの「HVL-F60RM」を買おうと思ったのですが、このモデルが発表され、スペックを見てみると、断然こちらの方が上。しかも価格も安かったので、こちらを選びました。

続きを読む "HVL-F60RM2購入"

| | | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

ついに国内でも発表「α7Ⅳ」

この記事で紹介の通り、10月に海外で発表されたソニーのフルサイズ一眼ミラーレスカメラの最新モデル「α7Ⅳ」。本日、日本国内でも発表となりました。
#ソニー「α7Ⅳ」のページ

やはり年内に発表になりましたね。発売は2021年12月17日。週明けの12月7日から予約が開始となります。スペックについては、先の記事に紹介してありますので、省略しますが、無印の「Ⅳ」が出るのを待ち望んだ人が多いでしょう。
価格はまだ「オープン価格」となっており、どれくらいの値段で出るのかはまだわかりませんが、12月7日にはわかることでしょう。あるところでは33万円としているところがありますが、あれだけのスペックを持つと30万越えもありそうです。一応、「R」や「S」、「α9」、「α1」の基本となるモデルの位置づけなので、先行して出ている各派生モデルからのフィードバックもあると思いますが、取っ掛かりとなるモデルでもあるので、30万は切るのでは(切って欲しいかな)と思います。
(まあ、それを踏まえて「次世代のベーシックモデル」と定義し直すならば、30万越えはあるかもしれませんね)

去年、「α7C」を買いましたが、やはりもう1年待つべきだったかなぁ。でも、前に使っていたコニカミノルタの「αー7 Digital」が限界でしたからね。今年あたりに出るのではと思いながら「C」を買いましたが。
値段次第のところもありますが、買うとしたら来年以降ですかね。結構値ごなれがしそうな気もしますが。そしたら、今の「C」はスナップ専用になるかなぁ。実際「C」のコンセプトは「気軽に持ち出せる」ところですからね。
ちょっと考えますね(笑)。

| | | コメント (0)

2021年11月28日 (日)

メンテナンスは大事

実は夏頃から、α7Cの調子が悪かったんですよね。シャッターが切れるまでにタイムラグがあったんですよ。半押しでフォーカスを合わせてから、シャッターを押し切るわけですが、押してからシャッターが切れるまでに妙な「間」が空くことがあったんですよ。ただ、必ずしも起こるわけではなかったので、設定を色々といじってみたりしたんですよね(フォーカスも、一旦合ったのに、押し込むと再度焦点を合わせるなんて動作もあったので)。
で、思い立ってメンテナンスをしてみました。とは言っても、簡単なものですけどね。ブロワーで埃を飛ばし、ブラシで細かいところを払ったりしましたね。特にシャッターの所は念入りに。驚いたのがマウント。本体もレンズもなのですが、意外と汚れるものですね。買ってから1年経ってはいないのですが、綿棒で乾拭きしたら黒くなったので、驚きました。マウントは端子部分も乾拭きしました。

このメンテがあったからか、その後に行った撮影会ではいい感じにシャッターが切れましたね。タイムラグが発生することはなかったです。とりあえずは、まめにメンテナンスをすることですかね。
(でも、コニカミノルタのα-7 Digitalの時はそんなこと無かったんですけどね)

| | | コメント (0)

2021年10月22日 (金)

まずは海外で発表「α7Ⅳ」

日本時間の10/21の23:00、ソニーはミラーレス一眼カメラの新モデル「α7Ⅳ」を海外で発表しました。
#元記事はこちら

詳細はまだわかりませんが、主だった変更点を挙げると、

  1. イメージセンサの画素数が約3300万画素へアップ
  2. ボディ内手振れ補正が5.0段から5.5段へとアップ
  3. EVFが約369万ピクセルへとアップ
  4. 背面モニターがバリアングル方式へと変更
  5. 露出補正ダイヤルが固定では無く、カスタマイズ可能ダイヤルへと変更
  6. 静止画・動画・S&Q(スロー&クイック)の切り替えレバーの追加
  7. メニューデザインを「α7S」以降のものに変更
  8. リアルタイム瞳AFに対応
  9. 4K60fpsの動画に対応
  10. 画像処理エンジンに「BIONZ XR」

といったところになります。

1~3については、「そりゃアップするでしょ」と言えるべき基本的な点なので、あえて触れませんが、4以降については、先に出ている「α1」、「α7S」、「α7C」で採用された機能をうまく取りまとめたといったところですかね。

発売は2021年12月を予定(海外での発売予定)。日本でも改めて発表する予定があるそうですが、発売日等については未定とのこと。

続きを読む "まずは海外で発表「α7Ⅳ」"

| | | コメント (0)

2021年8月 8日 (日)

夜間撮影

先日のフレッシュ屋外撮影会で夜間撮影をやってきたのですが、その際の設定等を備忘録代わりに書いておこうかと思います。
「月」の写真撮影をしたことがあるので、夜間撮影自体はやったことが無いわけでなはいのですが、ポートレート撮影は初めてのこと。事前にどう撮るかをこのページで調べて撮影してきました。

 

続きを読む "夜間撮影"

| | | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

ソニー、米国でAマウント機の販売を終了

ソニーは、米国サイトにおいて、αシリーズAマウント機の掲載をすべて削除しました。
#元記事はこちら
現在では、レンズなどしか参照できない状態になっているそうです。

実際のところ、米国において、αシリーズのAマウント機の販売は終了したそうです。ただし、ユーザーサポートは継続するとのこと。また、Aマウント機の販売終了は米国のみであり、日本を含む他国では販売は継続するとのこと。実際、日本のサイトではAマウント機(α99Ⅱ、α77Ⅱ)は掲載されてますね。ただし、α77Ⅱの方はソニーストアでの販売は終了していますが。

ただ、こうなると気になるのが、Aマウント機のこれから。ここ数年はEマウント製品を出しており、Aマウント製品に関してはレンズすらも新製品は出されていません。Eマウントを早くに熟成させようというのは分かりますが、完全に止まっていると、「もう作らないのでは」と思いますしね。ましてや、α77Ⅱは流通在庫分しかない状態ですし。

| | | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

ソニー、「α1」発表

ソニーはミラーレス一眼デジタルカメラ「α」シリーズに、新モデル「α1」を追加発表しました。
#元記事はこちら

有効画素数5,010万画素の35mmフルサイズメモリー内蔵積層型CMOSセンサー「Exmor RS」を搭載。感度は常用ISO100~32000、拡張で50~102400。画像処理エンジンはBIONZ XR。5軸・5.5段分のボディ内手ブレ補正機構を備えます。EVFはα7S IIIと同等の約944万ドット。ファインダー倍率は0.9倍。世界初という240fps駆動に対応する。背面モニターはチルト式の3型約144万ドット液晶。記録メディアスロットはSD UHS-IIとCFexpress Type A両対応のデュアル。Wi-Fi機能や1000BASE-T(有線LAN)端子、HDMI Type A端子を搭載。
バッテリーはα9から採用されている「NP-FZ100」。バッテリーグリップ「VG-C4EM」も使用可能。外装素材はマグネシウムで、防塵防滴に配慮した設計としている。撮影可能枚数はファインダー時で約430枚、液晶モニター時で約530枚。USB PDによる充電・給電に対応。

動画記録にも対応。8K 30p、4:2:0 10bit、4K 120p/60p 4:2:2 10bitに対応。α7R IV比で約5倍という放熱効果を持つ筐体設計で、8K 30pでも連続約30分の記録が可能。

「α」シリーズではおなじみのリアルタイム瞳AFも搭載。新たに鳥の瞳の自動検出・追尾に対応。動物の検出は、犬や猫のような動物の横顔や、寝転がって顔が逆さまになった状態でも瞳を追随するようになったそうです。

価格はオープンプライスで予価90万円前後。

続きを読む "ソニー、「α1」発表"

| | | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

α7C初陣

さて、新たにカメラを買いましたので、慣れる意味でも今日は撮影会に行ってきました。行ったのはフレッシュ撮影会の「フレッシュスペシャル大撮影会 in Booty東京」。ここ、シチュエーションやフロアによって光の加減が大きく変わるので、ベンチマークというか、撮影データを取るのに利用させてもらいました。

Bootyでのセッションは囲み撮りなので、ストロボは使えるには使えるのですが、自分に目線が来ている時以外は発光させてはならないので、ストロボは使わず、ISO感度をオートにして、絞り優先モードで撮影に参加。
まずはオートフォーカスの精度から。ソニーαシリーズと言えば「瞳AF」。そこそこいい精度ですね。撮り始めはなかなか合わなかったりしますが、学習しているのか、徐々に精度が上がっていきました。でも、モデルやシチュエーションなどが変わると、またガクンと下がりますね。とは言え、概ね良好な結果が得られました。でも、これは助かりますね。基本「構図を決めるだけ」に専念できるので、かなり楽になりました。
次に画像の画質。これまでは絞り優先モードで撮影に当たり、ISO感度を決める→F値を決める→撮影とプロセスを経ていました。昨今のデジタルカメラは光の具合に合わせてISO感度を自動で設定できるようになっていますので、これで一定度の明るさの写真を撮ることができるようになっています。使ってみたところ、かなり幅広くISO感度を設定して撮影していましたね。一番下でISO100。今回屋外(屋上)での撮影もあったので、ほとんどが屋外での撮影でのものですが、何故か屋内でも数カット撮影されました。一番上でISO10000。ISO感度も今では51200と、昔では考えられない程の感度を叩き出すことができるようになりました。ただし、ISO感度を高めにすると、画像にノイズが乗りやすくなります。昔のモデルだと、ISO800辺りからノイズが目立ち始めて、見るに堪えないものでした(ISO400でも、シチュエーションによってはノイズが乗りましたが)。しかし、今ではISO800でもそれほど目立たないですね。今回ですが、ISO2500辺りから、シャドウ部にちらほらとノイズが見えてくる感じになりました。とは言え、そんなに気にはならない程度です。ただ、流石にISO10000になるとノイズが目立ってきてザラっとした感じの画になります。
最後にリアルタイムトラッキング。フォーカス点を設定すると、位置が変わったり、寄ったり引いたりしてもフォーカス点を追っていくというものなのですが、これがやはり便利。ポージングや立ち位置などで顔位置が変わっても、きっちりと追って、フォーカスを合わせてくれます。本来は動画撮影での使用を想定しているのではないかと思うのですが、静止画でも十分にその威力を発揮してくれます。

撮った写真を見てみると、概ね良好な画が撮れましたね。後、保存した画像の「向き」を正してくれるのが嬉しかったです。コニカミノルタのαー7Digitalだと、撮った後に自分で向きを変えてあげなければならなかったんですよね。おかげで、撮影後の整理にかかる負担も減りました。
前まで使っていたαー7Digitalが2004年に発売されたモデルであり、16年という時間の流れで大きく進化したことを実感しました。本当に「撮りやすくなった」というのが実感できました。やはり新しくした方がいいですね。

| | | コメント (0)

α7C、開封の儀

この記事にも書きましたが、先週、ソニーのデジタルカメラ「α7C」を購入しました。昨夜ですが、購入して一週間経ったところで、「開封の儀」をいたしました。

まずは外装。外箱はこんな感じ。
20201219_184916
購入したのは「シルバー」モデルですが、パッケージデザインは「ブラック」のみのようですね。そこにソニーαシリーズのシンボルカラー「シナバーカラー」がアクセントカラーとして入っています。

箱を開けるとこんな感じに梱包されています。
20201219_185033
左の白い緩衝材に包まれているのが本体、右側とこの下にあるのが付属品になります。

 

続きを読む "α7C、開封の儀"

| | | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

「α7C」買いました

12月ということで、冬のボーナスが先週、出ました。このご時世ですが、例年通りの割合での支給となりました。

無事例年通りの額面で出ましたので、デジタルカメラを買い替えました(まだ買い足しかもしれないが)。購入したのは、10月に発売された、ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7C」です。9月に配信された発表会を見た時には「そっちに行ったか」くらいで、さほど興味が湧かなかったのですが、店頭展示品を触ってみたところ、かなりの「優れモノ」であること気付き、それから「α7Ⅲ」と比較検討してきました。
基本的には、フルサイズミラーレス一眼の「α7Ⅲ」のスペックを小型筐体に落とし込んだコンセプトのモデルですので、大きな差はさほどないんですよね。小型化ゆえに各種ユニットの仕様変更で削られたもの(例えば、メカニカルシャッターでの最高シャッター速度が1/4000になったとか、メモリスロットがシングルになったとか)もありますが、それを補って余りある機能が盛り込まれてますからね。最大の特徴である「リアルタイムトラッキング」は、現状、「α7C」でしか使えませんし、タッチパネルによるフォーカシングも新しいハードとなったことで得られた機能ですからね。

購入の際、ズームレンズも1本購入。レンズキットでは購入せず、別途購入しました。購入したのは、タムロンの「28-200mm F/2.8-5.6 Di Ⅲ RXD」。広角28mmから望遠200mmの標準ズームレンズで、広角側では最大開放で2.8まで使える、比較的明るいレンズです(望遠側だと5.6までしか開放できませんが)。本当はマウントアダプターも買って、既存のレンズを利用することを考えていたのですが、どの道これからはEマウントに移行することになるでしょうから、まずは1本は持っておこうと思い、このタムロンのレンズを選びました。実際、かなり人気の高い製品らしく、レンズ単体、本体との同時購入でも選んで購入する人が多いそうです。まあ、28~200mmのズームレンズでF値の最大開放値が2.8のレンズはそうないですからね(しかも、10万を切る値段では)。しかも、屋内屋外の撮影会もこのレンズ1本で済みますし。とは言え、ミノルタレンズもそこそこ良かったりするので、マウントアダプターは買うだろうな。
その他には、レンズ保護用のフィルターと、液晶パネルの保護用ガラス、SDカードを64GBで1枚購入。

しかし、買ったとは言え、まだ開封してないんだよね(買ったのはこの間の土曜日なんですが)。今週末に開封して、セットアップかなぁ。初陣もいつにするかもありますが。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧