アニメ・コミック

2022年6月23日 (木)

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」見てきました

昨日、業務が終わってちょっとTOHOシネマズ上野のスケジュールと見たところ、いい感じの枠があったので、「思い立ったが吉日」とばかり、見に行ってきました。見たのはお題にある通り、「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」です。

19:30からの回でしたが、平日だからか、混んではいなかったですね。座席はいつもの如く、前部側の最後列の中央。中央寄りの座席で後方の方は埋まっていたので、この位置なんですね(さすがに最前列は首が疲れるので)。

本作はTVシリーズの第15話「ククルス・ドアンの島」をベースにしたストーリー。そこに第25話「オデッサの激戦」のエピソードが加わっています。とは言え、元は30分弱のストーリーを2時間近くに膨らませるので、かなり肉付けして、なおかつ綺麗にまとまっていました。「THE ORIGIN」の世界観に合わせてストーリーをアップデート。劇場版ではジャブロー攻防戦後、ベルファストへ合流する前にとある島での事件が気がかりとなるため、ホワイトベース隊に調査に向かわせるという流れになっています。ククルス・ドアンが育てている子供たちの数も増え、島での生活がより緻密に描かれています。モビルスーツ戦の描写も「U.C.」以来のCGによる描写で、動きがよりダイナミックなものとなっています。

TVシリーズの話を元にしていますが、「THE ORIGIN」と同様、全くの別のストーリーとして楽しめる構成になっています。

続きを読む "「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」見てきました"

| | | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

鈴村健一、坂本真綾夫妻に第一子誕生

お互いに声優、歌手として活躍する、鈴村健一、坂本真綾夫妻に第一子が誕生したことが、それぞれの公式サイトを通じて公表されました。
#元記事はこちら

母子ともに健康だそうで、SNS上ではこのニュースに祝福のコメントが数多く寄せられていました。
2011年の8月にご結婚。結婚してから10年経った、去年の12月に真綾さんの妊娠が発表され、「私たち夫婦にとって待ち望んでいたことが叶いとてもうれしいです」と喜びをつづっておられました。また、この知らせに多くのファンが無事なご出産を待ち望んでいました。

実際のご出産はいつなのかはわかりませんが、「良い夫婦の日」である本日、4/22に二人の愛の結晶であるお子様の誕生を発表されたのが微笑ましいですね。

| | | コメント (0)

2022年4月 7日 (木)

漫画家 藤子不二雄A氏 逝去

漫画家の藤子不二雄A氏(Aの実際の表記は〇囲みのA)が、本日、川崎市内のご自宅でお亡くなりになりました。88歳。

共同執筆者だった藤子・F・不二雄氏と共に「オバケのQ太郎」の執筆をはじめ、「忍者ハットリくん」、「怪物くん」、「プロゴルファー猿」等の執筆をされていました。また、「魔太郎が来る」、「ブラック商会変奇郎」、「笑ゥせぇるすまん」といったブラック調の作品も手掛けておりました。
また社交的な性格で、バラエティ番組にも多数出演されたりと、八面六臂なご活躍をされていました。
「ジャンプスクエア」に連載されていた「PARマンの情熱的な日々」(2015年12月に救済)が遺作となるそうです。

数々の作品を残されており、多くの作品がアニメや実写作品として映像化されているんですよね。そういった意味では、やはり藤子不二雄(あえて、こう言わせていただきます)のお二方は偉大な漫画家であったなと、つくづく思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

| | | コメント (0)

2022年3月30日 (水)

F.S.S.カラーコレクション K.O.G.

ボークスは、塗料「F.S.S.カラーコレクション K.O.G.」の予約受付を4月2日の0時から開始します。受付期間は4月26日の23時59分まで。
#元記事はこちら

この商品は、トアミルが販売するラッカー系ホビー塗料「BORN PAINT」とのコラボ商品。ボークスが販売するプラモデル「K.O.G.」シリーズ専用カラーで、「ゴールド」と「カッパー」の2色が登場。各色とも660円。
ボークスのフィニッシャーによる彩色見本を再現するため、色合いや「輝き」を調整。難易度の高いメタリックカラーを混色、調色不要で、彩色見本と同じ色を塗ることができます。また、高い溶剤耐性を持ち、メッキ塗料が苦手としている「塗り重ね」や「クリアコート」にも対応しています。

「K.O.G.」ということで、「Knight of Gold」専用カラーですね。シリーズとあるので、「デスティニーミラージュ」(俗にナイト・オブ・ゴールドと呼ばれる騎体)、「パトラクシェミラージュ」は当然のことながら、「シュペルター」にも使えるということですかね。しかし、「K.O.G.」でカッパー(銅色)って、どこに使われてたっけ?「パトラクシェミラージュ」のマスクとかかな?
同じ永野護氏デザインということで、「機動戦士Ζガンダム」に出てきた「百式」にも使ってもいいかもしれませんね(やっぱりメッキ加工は違うんだよなぁ)。

| | | コメント (0)

2022年3月17日 (木)

「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」、6月に移転

秋葉原のツクモeX.パソコン館の隣にある「TAMASHII NATIONS TOKYO」。こちらが6月に移転して、店名も「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」と改めて再オープンするそうです。
#元記事はこちら

移転先となるのは、JR秋葉原駅前、かつて、「GUNDAM Café TOKYO BRAND CORE」があった場所。今回の移転により、店舗規模が3倍に拡大。様々なコンセプトのフィギュアや試作品の展示を行う他、ここでしか手に入らない限定商品の販売も予定しているそうです。
なお、現店舗の「TAMASHII NATIONS TOKYO」は、移転に伴い、5月29日に閉店となるそうです。

一度だけ「TAMASHII NATIONS TOKYO」には入ったことがあるのですが、結構コアな作品の展示をしていますよね。まあ、元々、秋葉原駅の電気街口から中央口への自由通路内でスペースを構えたところから始まっているのですが(この頃は展示しかありませんでしたが)、確かに、店舗規模はどんどん大きくなっていますね。

続きを読む "「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」、6月に移転"

| | | コメント (0)

2022年2月 8日 (火)

サンライズ、4月から「バンダイナムコフィルムワークス」へ

「機動戦士ガンダム」シリーズ、「ラブライブ」シリーズのアニメーション制作会社「サンライズ」が、2022年4月1日より社名を「バンダイナムコフィルムワークス」へ変更することを発表しました。
#元記事はこちら

「バンダイナムコフィルムワークス」はサンライズとバンダイナムコアーツの映像部門、バンダイナムコライツマーケティングを統合した会社となります。また、サンライズの子会社で音楽事業を手掛けるサンライズミュージックもバンダイナムコアーツの音楽部門、バンダイナムコライブクリエイティブと統合し、同日に「バンダイナムコミュージックライブ」へと社名を変更します。

サンライズは今回の統合、社名変更について

「サンライズ」という40年以上かけて磨き上げてきた個性はこれからも最重要ブランドとして成長させる。それだけではなく、これまでとは違う別の色を持った新たな個性も生み出していきたい

とコメントしています。ブランド名として「サンライズ」は残し、新たに事業展開を図るようです。

サンライズがバンダイナムコ(と言うか、バンダイ)の傘下に入ったころからいずれこうした日が来るかとは思っていました。むしろサンライズのままで、「機動戦士ガンダム」に代表されるロボットアニメだけにとどまらず、「ラブライブ」のようなゲームも含めた新たなビッグコンテンツを出させてもらったと言ったところですかね。

| | | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

劇場版「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」

去年、劇場版公開が発表された「機動戦士ガンダム」の1エビソードである「ククルス・ドアンの島」。公開日と主要キャラクターのキャストが発表されました。
#公式サイトはこちら

まず公開日ですが、2022年6月3日となりました。監督を務めるのは安彦良和氏。「機動戦士ガンダム」においてはキャラクターデザイン、作画監督を手掛け、この「機動戦士ガンダム」(ファーストガンダム)を再構築した「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の作者でもあります。本作においても、キャラクターデザインも手掛けます(もしかすると、「原案」の形かもしれませんが)。
そして、主要キャラクター(とは言っても、今のところ、ホワイトベースクルーだけですが)のキャストも発表されました。そのキャストは

キャラクター キャスト
アムロ・レイ 古谷徹
カイ・シデン 古川登志夫
ブライト・ノア 成田剣
ハヤト・コバヤシ 中西英樹
ミライ・ヤシマ 新井里美
フラウ・ボゥ 福圓美里
セイラ・マス 潘めぐみ
スレッガー・ロウ 池添朋文

となっております。

続きを読む "劇場版「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」"

| | | コメント (0)

2022年1月29日 (土)

横浜の「動くガンダム」、展示期間を1年延長

神奈川県は横浜市にある「GUNDAM FACTORY YOKHAMA」は、今年3月までの予定だった「動くガンダム」の展示期間を1年延長し、2023年3月31日まで展示することを発表しました。
#元記事はこちら

新型コロナ感染予防対策で緊急事態宣言が出されたりと、昨今の情勢で訪れられない中、国内外の多くの人達からの熱い要望を受け、横浜市を始めとした関係各所の同意を得て、期間の延長を決定したそうです。
期間延長にあたり、今年の5月中旬から7月中旬にかけて、メンテナンスを含めた休業期間を設け、7月中旬から再開する予定だそうです。
またこれに合わせ、2月23日から横浜駅東口から横浜ハンマーヘッドや横浜赤レンガ倉庫、元町、中華街などベイエリアの観光施設と山下ふ頭を結ぶ連節バス「BAYSIDE BLUE」と、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」がコラボした特別デザインのラッピングバスが運行開始。今回の延長に花を添える形となりますかね。

何はともあれ、展示期間の延長は喜ばしいことですね(ガンダムカフェも営業終了しますし)。元々予約が必要なのですが、新型コロナの影響で、行くに行けない事情もあった方もいらっしゃると思います。まだ予断を許さないコロナの情勢ですが、この期間延長を機に見に行くことができるといいですね。

| | | コメント (0)

2022年1月17日 (月)

漫画家 水島新司氏 逝去

漫画家の水島新司さんが、10日に肺炎のためお亡くなりになりました。82歳。

水島新司さんと言えば、野球漫画の第一人者。「ドカベン」や「野球狂の詩」、「あぶさん」等の野球漫画の名作を世に出しました。「ドカベン」と「野球狂の詩」はアニメと実車で映像化されましたね。「あぶさん」は1973年から2014年まで連載され、日本で最も長く連載されたスポーツ漫画となっています。

日本の漫画家さんが亡くなられた場合、作品が未完となるケースが多いのですが、水島新司さんは2020年に漫画家生活から引退されておりましたので、未完となる作品はありませんでした。漫画家としても63年も活動されていたんですね。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

声優 八奈見乗児氏 逝去

声優の八奈見乗児さんが12月3日に、老衰のため、お亡くなりになりました。90歳。

2015年に休業宣言をされてから療養されていたそうです。公式な発表はされていませんが、仕事については「勇退」とするスタンスを取られていたようです。
数多くの役を演じられてきましたが、やはり「タイムボカン」シリーズの「三悪トリオ」の科学者(グロッキーやボヤッキー等)キャラや「ゲゲゲの鬼太郎」(3作目)の一反木綿といったとぼけた口調のキャラクターが有名ですね。かと思えば、「巨人の星」の伴忠太のような熱いキャラや、「マジンガーZ」の弓教授、「サイボーグ009」のギルモア博士といった科学者役を演じられたりしました。

死因が老衰、90歳というご高齢でしたので、大往生でしょうか。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧