アニメ・コミック

2024年3月25日 (月)

サウジアラビアに「ドラゴンボール」テーマパーク

世界初となる「ドラゴンボール」のテーマパークがサウジアラビアに建設されることになりました。
#元記事はこちら

去る3月22日、東映アニメーションとサウジアラビアの「Qiddiya Investment Company」がサウジアラビアのギガプロジェクト「Qiddiya」(キディヤ)に関する調印式を都内のホテルで行われました。建設が発表された「ドラゴンボール」のテーマパークは50万平米を超える広さを誇り、7つのエリアで構成された敷地には「カメハウス」、「カプセルコーポレーション」、「ビルスの星」等の作品を象徴する様々な建物を再現する予定。
アトラクションには5つのライドを含めた30種以上を用意。また、ランドマークとして、作品のシンボルでもある「神龍」を設置。その大きさも70mと巨大なものとなります。また、その「神龍」もその内部を通り抜ける大型ジェットコースターを設置する予定。加えてパーク内にはホテルやレストランも完備。1日中、ドラゴンボールの世界に浸ることができる空間を提供するとのこと。

場所が場所だけに、規模がすごいですね。世界のあちこちを飛び回っていた作品なので、それを集約して表現できるところがすごい。しかし、やはり日本でやって欲しかったですよね。規模は敵わないにしても、「ガンダム」と並ぶ世界的コンテンツなので、日本に作って欲しかったです。カジノ作らないで、こういうのを作ればいいのにね。

| | | コメント (0)

2024年1月13日 (土)

「魔神創造伝ワタル」制作決定

1988年に第1作が制作され、人気を博したサンライズのアニメーション作品「魔神英雄伝ワタル」。何度となく映像化されてきましたが、この度、この作品の正統後継となる作品「魔神創造伝ワタル」が制作されることが発表されました。
#サンライズ(現バンダイナムコフィルムワークス)からの発表はこちら

現在発表されている内容は、「魔神英雄伝ワタル」の主人公、戦部ワタルの活躍が伝説となったあたりの年代が舞台。そのワタルの伝説を引き継ぐ新たな主人公が設定されるようです。また、主役メカ「龍神丸」のデザインも公開され、YouTubeの速報動画でその姿を現しています。

先にも述べた通り、「魔神英雄伝ワタル」シリーズはTVアニメ、OVA、配信を含めると6作制作された人気シリーズ。連続していないとはいえ、1988年の第1作から2020年の「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」(Web配信版)まで32年間も衰えぬ人気を誇る作品であります。また、主要登場キャラクターも一貫しており、そのため、担当声優もそのまま各作品で変わることない作品となっています。ちなみに主要キャラクターを演じる声優は

  • 田中真弓(戦部ワタル)
  • 林原めぐみ(忍部ヒミコ)
  • 山寺宏一(渡部クラマ)
  • 西村知道(剣部シバラク)
  • 伊倉一恵(虎王)
  • 玄田哲章(龍神丸)

と、今となっては、すごい顔ぶれです。田中さん、西村さん、伊倉さん、玄田さんは当時でもベテラン声優でしたが、林原さんと山寺さんは新人・若手だったんですよね。

さて、「新章」として始まる「魔神創造伝ワタル」ですが、どういった作品となるのか、楽しみですね。

続きを読む "「魔神創造伝ワタル」制作決定"

| | | コメント (0)

2023年11月 1日 (水)

「ハローキティ」、50周年

サンリオの代表的なキャラクター(というか、キーキャラクター)である「ハローキティ」。本日、11/1は、そのキティちゃんの誕生日だそうです。そして、今年はキティちゃんが誕生して50周年と、記念となる年になるそうです。それに合わせ、今日から様々なイベントの開催や記念グッズの販売が開始しています。

さて、そんな「お祝いムード」の中、悲しいお知らせも。これまでキティちゃんの「声」を当てていらした声優の林原めぐみさんが、キティちゃんの声を「卒業」されることになりました。今回の件につきましては林原さんの公式ブログの記事にまとめられております。なお、今回の卒業は林原さんだけではなく、キティちゃんの双子の妹、ミミィちゃんの声を担当していた冨永みーなさん、ボーイフレンドのダニエル君を演じていたたかはしごうさんが揃って卒業となりました。
林原さんのブログにも書かれていますが、林原さん、33年もキティちゃんを演じてたんですね。キティちゃん自身が50周年なので、半分以上が林原さんなんですね。前任者には、初代が、今は亡き、白石冬美さん、2代目が小山茉美さんで、林原さんは3代目となります。しかし、歴が長いだけに、「キティちゃん=林原さん」のイメージが強いですね。
林原さん、33年もの期間のキティちゃん、お疲れ様でした。

続きを読む "「ハローキティ」、50周年"

| | | コメント (0)

2023年9月22日 (金)

「HG 1/72 ダンバイン」、プレバンで今日から予約開始

BANDAI SPIRITSは、通販サイト「プレミアムバンダイ」において、「HG 1/72 ダンバイン」の予約を開始しました。
#元記事はこちら

ガンプラではあまり見ないスケールである1/72ですが、これがガンプラにおける1/144に相当するスケールになります。
オーラバトラーの生物的な意匠の特徴を現代の技術で再現。翅にはパール入りの集光樹脂を採用し、有機的なデザインに加え、見る角度によって反射・透過・光り方が変化する表現が採り入れられています。また、胸部キャノピーには新技術「ハーフミラーメッキ」が導入されており、アニメ設定通り、内側からは外側の景色が見えるようになり、外側からは内側の様子が見えなくなるという特殊加工が施されています。

元記事にある写真を見ましたが、40年前の旧キットと比べると雲泥の差ですね。まずプロポーションが全然違う。旧キットは「下半身デブ」というか、腰の部分が「ポンッ!」っと太ましかったんですよね。というか、大腿部のパーツが太かったんですよ。しかし、今回のキットはそこが改善されており、全体的にシャープな感じになっています。
やはり一番の驚きは胸部キャノピーに採用された「ハーフミラーメッキ」加工でしょう。旧キットでは、1/72ではキャノピー開閉自体がオミットされ、その上の1/48スケールでは透明パーツで再現されていました。透明パーツなので、閉じても中が見えるんですよね。しかし、今回の「ハーフミラーメッキ」は内側からは外側が見え、外側からは内側が見なくなるという、アニメ設定通りの挙動を再現。これはすごいです。
また、翅も昆虫の翅のような様を再現。旧キットでは半透明パーツにシボ加工(梨地加工)が施されたものでしたが、再現度としては、断然、今回のキットの方が上です。
旧キットでは生物感を出す(オーラバトラーの装甲はバイストン・ウェルにいる怪獣の皮膚を加工したものという設定なので)ために、先述のシボ加工を施していたのですが、今回のはどうなんだろ?ただ、シボ加工はヤスリをかけるととれちゃうんですよね。

続きを読む "「HG 1/72 ダンバイン」、プレバンで今日から予約開始"

| | | コメント (0)

2023年9月21日 (木)

日本テレビ、スタジオジブリを子会社化

日本テレビホールディングスは、連結子会社である日本テレビ放送網が、アニメ制作会社「スタジオジブリ」を子会社化することを発表しました。
#元記事はこちら
「スタジオジブリ」の社長には日本テレビの福田博之専務が就任する予定。

日本テレビは、スタジオジブリの株式を複数の個人株主から譲り受け、議決権ベースで42.3%の株式を10月6日付で取得する。これにより、新社長として前述の福田氏が、スタジオジブリの現社長である鈴木敏夫プロデューサーは代表取締役議長、宮崎駿監督は名誉会長に就任しての新体制となるそうです。

今回の話の経緯ですが、スタジオジブリは長らく後継者問題に悩まされていたとのこと。後継者として、宮崎駿監督の実子である宮崎悟朗氏が、過去何度となく候補に挙がったのですが、「一人でジブリを背負っていくのは難しい」と固辞してきたそうです。
スタジオジブリとしては、経営を任せられるところを探しており、古くから付き合いのある日本テレビに相談し、協議の上、今回の子会社化に繋がったそうです。
今後の経営について、

日本テレビはスタジオジブリの自主性を尊重し、スタジオジブリは今後ともアニメーション映画の制作、ならびにジブリ美術館、ジブリパークの運営に専念する。

としています。

お互いの強みを活かした縁組と言ったところですかね。クリエイター集団であるスタジオジブリは映像制作に注力でき、日本テレビはスタジオジブリが映像制作に専念できるように経営面でバックアップする形になりますね。
日本テレビも、アニメ制作会社を子会社化するのは2社目ですかね。実は、日本テレビは、2014年にタツノコプロを子会社化しているんですよね(この記事で紹介しています)。株式取得の話があるので「子会社化」という表現になっていますが、いいパートナーシップの関係にあるといった感じですね。
しかし、元記事にはありませんでしたが、宮崎悟朗氏も社長に就くことを固辞していましたが、父親である宮崎駿監督も悟朗氏を社長に据えるのは反対だったそうです。親族経営になることを嫌っていたようですね。

| | | コメント (0)

2023年2月28日 (火)

アニメ界に訃報相次ぐ

今日はアニメ関係で訃報が相次ぎました。大御所の声優がお二方、女性シンガーがお一人、鬼籍に入られました。

午前中に、声優の千田光男さんの訃報が入りました。2月25日に虚血性心不全でお亡くなりになりました。82歳。
夕方には、これまた声優の飯塚昭三さんの訃報が入りました。2月15日に急性心不全でお亡くなりになりました。89歳。
そして夜に、アニソンシンガーの黒崎真音さんの訃報が入りました。2月16日に持病の悪化によりお亡くなりになりました。35歳。

正直、これだけ矢継ぎ早に訃報が入ってきたことに、驚きを禁じえません。
心よりご冥福をお祈りいたします。

続きを読む "アニメ界に訃報相次ぐ"

| | | コメント (0)

2023年2月20日 (月)

漫画家、松本零士氏 逝去

漫画家の松本零士さんが、去る2月13日、急性心不全のためにお亡くなりになりました。85歳。

告別式はすでに執り行われており、喪主は奥様でもある、漫画家の牧美也子さんが務められたとのこと。また、所属する「零時社」の代表取締役であり、松本零士さんのご息女でもある松本摩紀子さんが下記のコメントを寄せております。

漫画家として物語を描き続けることに思いを馳せ駆け抜けた幸せな人生だったと思います
「遠く時の輪の接する処で、また巡り会える」と松本は常々申しておりました
私たちもその言葉を信じその日を楽しみにしています

これまで応援くださいましたファンの皆様 作品を世に送り出してくださいました関係各社の皆様 お世話になりました各自治体ならびに各団体の皆様 若かりし頃から共に切磋琢磨してくださった漫画家の先生方 そして旅立ちにあたりサポートしてくださいました病院の皆様 心より深く感謝申し上げます 本当にありがとうございました

日本を代表するクリエイターが星の海へと旅立たれました。たくさんの名作、名キャラクターを生み出してくれましたね。「銀河鉄道999」においては、メインキャラクターのメーテル、星野鉄郎はもちろんのこと、車掌さんも人気のあるキャラクターではないでしょうか。

心よりご冥福をお祈りいたします。

続きを読む "漫画家、松本零士氏 逝去"

| | | コメント (0)

2022年12月12日 (月)

水木一郎氏 逝去

歌手の水木一郎さんが、去る12月6日、肺がんのためにお亡くなりになりました。74歳。

昨年の4月に肺がんであることが発覚し、入退院を繰り返しておりました。そして、今年7月に肺がんであることを公表し、闘病生活を送っておりました。しかし、11月には日本歌手協会が開催した「第49回歌謡祭」に登壇。

生涯現役を目指しているから。やりますから

と、高らかに「生涯現役」を宣言し、「マジンガーZ」を熱唱しました。同ステージにて「1日も早く元気になって戻ってきます」と仰っていましたが、叶わぬ願いとなってしまいました。
2018年に歌手デビュー50周年を迎えておりましたので、今年で歌手生活54年であったわけですね。1971年で歌唱した「原子少年リュウ」のオープニングテーマ「原子少年リュウが行く」を皮切りに、アニメ、特撮作品の楽曲を中心に歌唱するようになりました。アニソン、特撮ソングを中心に50年、半世紀も歌い続けられたわけですね。現在に至る、アニソン、特撮ソングの地位の「礎」を築いたと言っても過言ではないでしょう。
また、声優、俳優としても活躍されました。ご自身が主題歌を担当された作品の内、「時空戦士スピルバン」では主人公であるスピルバンの父、「ベン博士」を演じ、OVA「破邪大星ダンガイオー」の第1巻では敵キャラの一人である「ヨルド」を演じました。
2000年には影山ヒロノブ、遠藤正明らと共に「JAM Project」を結成し、アニメ、特撮ファンを大いに沸かせました。

続きを読む "水木一郎氏 逝去"

| | | コメント (0)

2022年11月11日 (金)

上坂すみれ2nd写真集「すみれのゆめ」

本日11月11日は、声優、上坂すみれ(以下、すみぺ)のセカンド写真集「すみれのゆめ」の発売日。アマゾンで予約しており、今朝、届きました。

セルフプロデュース写真集ということで、すみぺが『今』やってみたいシチュエーションをギュッと詰めた写真集となっております。
すみぺのファッションと言えば、これまではロリータファッションやガーリーがメインでしたが、今回は色々とやっております。その中でも特筆すべきは「水着」。昨今、声優が表舞台にも顔を出すようになり、他の芸能人と大差ない活動内容となってきています。若手女性声優もグラビアを展開しており、水着姿の披露も普通となりつつあります。そんな中、すみぺは頑なに水着姿だけは固辞しておりました。しかし、今回は水着にもチャレンジしたかったということで、この写真集で解禁(それもビキニ!)。しかも、写真集のトップを飾っています。ビキニは2パターンで、1つはチェック柄、もう一つはネットニュースなどでも発表されていた白ビキニです。それぞれに異なった「色」があって、白ビキニのすみぺはすごい透明感があります。
他はと言いますと、チャイナ服。「声優と夜あそび」等でも「ガチな」チャイナ服姿は披露していますが、今回はターコイズカラーのインナーの上にレースのチャイナドレスを纏った姿を披露しています。ちゃんとシニヨンも結っており、かなり可愛い感じに仕上がっています。
水着なりに驚きなのが、バニー服。こちらも本格的なバニー服です。下も網タイツであまり見たことのない、セクシーさが溢れる感じになっております。
続けて浴衣姿。「女子旅」をテーマにしているので、温泉宿での撮影のようですね。後半には浴衣のままでお風呂に入る(とは言っても湯船に浸かってはいませんが)と楽しんでいる様子がうかがえるカットが揃っています。

あまり細かく書くとあれなので、これ以上は書きませんが、これまでのすみぺのイメージを覆すほどの内容ではないかと思います(最後にはやっぱりメイド服が出てきますが)。
構成的にはグラビアアイドルの写真集と同等かなと思います。「胸部装甲」こと「お胸」もこれでもかと言う位に披露しているカットが多いですしね(グラビアアイドルの写真集を買ってる人から見れば、「これくらいは普通」なんですけど)。

女性声優の写真集としては、「買い」ではないかと思います。

| | | コメント (0)

2022年9月 7日 (水)

「ベルサイユのばら」、50周年記念で劇場版アニメ制作決定

池田理代子先生原作の不朽の名作「ベルサイユのばら」。宝塚歌劇団の演目にも挙げられ、老若男女問わず人気のある作品です。
この「ベルサイユのばら」が、1972年にコミック連載が始まった時から、今年で50周年を迎えました。コミック連載も1973年に終了しているのですが、それでも長く愛されている作品ではないかと思います。
その「ベルサイユのばら」が連載開始50周年を迎え、この度、新作劇場版アニメが制作されることが発表されました。
#元記事はこちら

先にも述べた通り、宝塚歌劇団での代表的な演目として長きに渡って演じられ、数多くのスターを輩出しています。また、映像化も何度かされております。

  • 1979年3月に上映された、外国人キャスト、スタッフによる実写劇場版。
  • 1979年10月~1980年9月にかけて放映されたテレビアニメ版。
  • テレビアニメ版を再編集、キャストも一新した劇場版。
  • 原作無視でカロリーメイトとのコラボで制作されたWebアニメ版。

現時点で4作の映像作品が制作されています。

誕生から半世紀を迎えた本作品の「記念碑」的な作品になるのでしょうね。「新作」とはいえ、ストーリーは大幅に変わることは無いでしょう。「昭和」に生まれた作品が「令和」の表現方法で描かれることになりますが、どのようになるかが楽しみですね。

続きを読む "「ベルサイユのばら」、50周年記念で劇場版アニメ制作決定"

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧