ニュース

2017年11月17日 (金)

声優 鶴ひろみさん逝去

声優の鶴ひろみさんが急逝されました。57歳。

11/16夜に、高速道路の路肩に停車中のところを発見され、病院へ救急搬送されましたが、搬送先の病院にて亡くなられたそうです。
死因は大動脈解離と発表されています。この大動脈解離という病気、突発的に発するそうですが、全身を激痛が駆け巡るそうです。車を運転中にこの大動脈解離に見舞われたようなのですが、体中を激痛が走る中、車を路肩へ寄せ、ハザードまで炊いて、他の車を巻き込まないようにしていたことに、鶴さんの心配りといいますか、凄さを感じざるを得ません。

番組開始当初から、「アンパンマン」のドキンちゃんの声を担当しておりましたが、他にも「ドラゴンボール」のブルマや「らんま1/2」の久遠寺右京などの声を担当されておりました。数々の役を演じられておりますが、私的には「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかが一番に思い浮かびますね。一本気というか、芯の通った女性の役が多かったような気がします。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝、PC事業も売却か

共同通信が、東芝がPC事業売却の方針を固めていると報じました
売却の交渉相手は台湾のASUS。

先日、テレビ事業を中国のハイセンスに売却することが報じられましたが、それに続いての事になります。
東芝は今年になって暗雲が立ち込めていましたが、後半、年の瀬に近づいてから一気に整理を進めてきましたね。長く務めていた、「サザエさん」のスポンサーからも降りるようですし、いよいよもってどうなるかが気になるところです。

これで売却が決まれば、かつては国内のPCの製造・販売を担っていた電機メーカーは軒並み撤退(しかも、海外メーカーに売却という形で)ということになります(コンシューマー向けに限って言えば)。
やむなしのところがあるとは言え、海外資本に持っていかれるというのが何とも言えないところですね。

続きを読む "東芝、PC事業も売却か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

Twitter、「名前」の文字数を50文字に拡張

Twitterのネタが続きますが、この程Twitterでは、1投稿の文字数拡張の仕様変更に続いて、ユーザー名の文字数をこれまでの20文字から50文字へと拡張しました。
#元記事はこちら

ここでいう「名前」というのは、"@"で始まるユーザーIDのことではなく、投稿時やユーザーページで表示される個々の利用者を識別するための名称のこと(私の場合だと「あ~かいば」がそれになります)。
どういった経緯で今回の仕様変更がされたのかが不明ですが、これにより、法人の公式アカウントなどで組織名が長い場合でも対応できるようになります。それと、芸能人辺りはイベントやCDやDVDのリリースなどの告知でもより明確な説明が書けるようになるかと。
なお、今回の変更は日本でも適用されます(というか、既にされています)。

Twitterを使ってブランディングや宣伝をしている人にとっては、今回の仕様変更は、かなり有益なことではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

Twitter、文字数制限を280文字に拡張

以前この記事でお伝えしたTwitterの文字数制限緩和テストですが、無事テストも終わり、正式に制限文字数を280文字に拡張したそうです。
#元記事はこちら
ただし、テストと同様、日本語、中国語、韓国語圏ではこの仕様は適用されないとのこと。

英語圏においては、全投稿における9%が140文字という文字数制限に引っかかっていたとのことですが、9月に行っていた緩和テストの結果、制限文字数を280文字にしたところ、制限に引っかかってしまった投稿は全体の1%までに低下したそうです。
制限文字数が増えたことで、1投稿当たりの文字数が増え、タイムラインが見辛くなるのではという懸念もあったそうですが、蓋を開けてみれば、1投稿当たりの文字数はテスト実施前と殆ど変わらず、こうした心配は杞憂に終わったということです。その結果を踏まえて、今回の文字数制限拡張の実装に踏み切ったそうです。
ただし、先にも述べた通り、日本語、中国語、韓国語については、従来通りの140文字が制限となります。

ただ、表向きでの文字数制限は140文字なのですが、ちょっとトリッキーな仕様となっておりまして、昔の表現を使うならば、全角文字では1字とカウントするのですが、半角文字を使うと0.5字というカウントになるそうです。まさか、UNICODE全盛となったこのご時世に、全角/半角の概念が再び出るとは思いませんでしたね。

続きを読む "Twitter、文字数制限を280文字に拡張"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

Yahoo!ツールバー、サービス終了

ヤフーはInternet Explorer用ツールバーアドイン「Yahoo!ツールバー」のサービス提供を、本日、10/31に終了しました。
#元記事はこちら

「Yahoo!ツールバー」は、各種“Yahoo!”サービスへのアクセスを提供するWebブラウザー向けのツールバーアドインで、フィッシング警告や個人情報の送信をチェックするセキュリティ機能も備えていました。
しかし、2014年に「Google Chrome」版、2015年に「Firefox」版の提供を終了しており、今回の「Internet Explorer」版が最後まで残っていましたが、この提供終了をもって、すべてのブラウザから撤退することとなりました。
サービスの終了後は「Yahoo!ツールバー」の品質・動作保証が行われなくなるほか、セキュリティ機能のサポートも停止されるため、アンインストールが推奨されているそうです。なお、アンインストールは、「Yahoo!ツールバー」の鉛筆アイコンをクリックすると現れるメニューで[ツールバーを削除]コマンドを選択することで行われます。

そう言えば、ツールバーアドイン、ありましたね。この「Yahoo!ツールバー」の他、「Googleツールバー」もありますね。こちらはまだInternet Explorer向けに提供はしているようです。でも、Googleは独自のWebブラウザ「Google Chrome」を発表したことで、「Googleツールバー」にはあまり力を入れてないかも(Internet Explorer向け「Googleツールバー」のダウンロードサイトでも「Google Chrome」を勧めてますし)。
他にも「楽天ツールバー」など、いくつかありますが、使っている人っているのかな?私も「Googleツールバー」は使ったことありますが、あまり使わなかったですね。便利とも思わなかったですし。基本的に、ツールバーアドインはその提供元をサイトをポータルとして利用するための道具となるのがほとんどだと思うのですが、ポータルとしての利用をしたことがないんですよね。
(と言いながら、Googleは結構使ってるかな。と言うか、ゴチャゴチャしてるよりも、Googleのようにシンプルでスッキリとしていた方が私は好きですが)

まあ、これも一つの時代の終焉かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

「Rails 5ブロンズ試験」発表

一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会は「Rails 5技術者認定ブロンズ試験」を実施すると発表しました。
#元記事はこちら

Rails 5技術者認定ブロンズ試験は、その名の通り、Ruby on Rails 5.0の基本知識を問うエントリークラスの試験。Ruby on Railsの専門知識の習得を評価することで、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的としています。
本試験は、2018年春から全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場(CBT)で実施予定で、受験料金は1万円(税別)。試験時間は1時間で、7割以上の正解を合格とするそうです。
また、本実施に先立って、ベータ試験を東京・茅場町のコワーキングスペース茅場町 Co-Edo(コエド)で11月12日に実施するそうです。

今ではWebアプリ開発の代表的なフレームワークの一つとなったRuby on Railsですが、バージョンを重ねて、最新版はRails5となっております。今回の試験の創設は、Rails5登場に合わせたものですね。まあ、基本的にはRails4とあまり差がないのではないかと思ったりします。
(多分、バージョンアップに合わせての更新的な感じでしょう)

まあ、Webアプリ開発を目指している方は勉強がてら、資格取得を目指してみるのもいいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

Microsoft、EdgeをAndroid/iOSへ提供

Microsoftは、Windows 10の標準ブラウザである「Edge」をiOSとAndroid向けに開発しました。
iOS版はApple TestFlight経由でプレビュー版の提供が開始されており、Android版はプレビューがまもなく提供される模様。
#元記事はこちら

「Edge」のiOS版、Android版はPCでEdgeを利用しているユーザーが、スマートフォンでも同じ体験をできるよう開発。今見ているページをほかのでデバイスですぐに開くといった動作もできる。なお、プレビュー版は当初、米国英語のみに対応し、順次対応言語が拡大されるとのこと。

Microsoftもクロスプラットフォームでの提供を本格化してきましたね。さて、Microsoftが「Edge」をスマートフォン向けに提供を開始したことで、PCで利用される主要なWebブラウザー(Edge、Safari、Chrome、Firefox)がPC、スマートフォン/タブレットで利用できるようになったことになりますね。

続きを読む "Microsoft、EdgeをAndroid/iOSへ提供"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

Microsoft、「ストア」における楽曲の新規購入・ダウンロードのサービスを年内で終了

Microsoftは、「ストア」における楽曲の新規購入・ダウンロードサービスと、同社が提供する音楽ストリーミングサービス“Groove Music Pass”の提供を12月31日で終了することを明らかにしました。
#元記事はこちら
なお、「Grooveミュージック」アプリの開発は継続されるそうです。

とは言え、"Groove Music Pass"は日本では提供されていないため、日本のユーザーに影響があるのは、楽曲の新規購入と購入済み楽曲のダウンロードが行えなくなる点のみだそうです。「ストア」を使って楽曲の購入をしたことのあるユーザーは、12月31日までに楽曲をダウンロードしておいた方が良さそうです。
これまた日本のユーザーには影響しないことですが、"Groove Music Pass"のサービスは、大手音楽配信サービスであるSpotifyに引き継がれるとのことで、直接Spotifyへ移行する手段を提供するそうです。

まあ、日本のユーザーにはあまり影響がないニュースですかね。「ストア」で配信してたのって、MP3形式だったのかぁ。MP3も今となってはというところもありますかね。まあ、エンコード時の設定にもよりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

ハロ、AI搭載で2018年に発売!

アニメ「機動戦士ガンダム」に登場し、以後、ガンダムシリーズに登場するマスコットロボットの「ハロ」。このハロが、2018年に、AI(人工知能)を搭載して、ついに発売されることになりました。
#元記事はこちら

バンダイは「ハロ」をコミュニケーションロボットとして製品化。AI対話機能やBluetoothスピーカー機能を搭載した「ガンシェルジュ ハロ」として、2018年に発売することを発表しました。3日から幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2017のバンダイナムコグループブースで参考展示するそうです。
バンダイナムコグループが取り組むITエンターテインメントサービスブランド「BN・Bot PROJECT」の第1弾商品となるそうで、「ハロがもし現代に存在していたら」をコンセプトに、ガンダムの知識を豊富に持ったAI搭載の対話型コミュニケーションロボットになるそうです。音声認識が可能で、ユーザーの質問やガンダムのキーワードに反応し、データベースから最適な会話をハロの声で返してくれるそうです。ハロから出される作品に関するクイズも楽しめ、わからなかったり不正解でも答えを教えてくれるそうです。
日本アイ・ビー・エム(IBM)が会話AIを開発、ハロ本体の機構や回路設計、生産はVAIOが協力しているとのこと。
また、無線LAN機能を内蔵し、ネットワークに接続することで会話が可能となるそうです。さらに、Bluetooth機能も内蔵し、スピーカーとして使ったり、スマートフォンと連携して目覚まし機能などが利用可能となるそうです。目と口にはLEDを内蔵し、色や点滅で状態や表情を演出。前後左右に揺れたり、話をしている人の方に向きを変えるなどの動作もできるそうです。筐体は直径19cmで、内蔵充電池で動作し、付属の充電用アダプタで充電可能。重量は未定。

ついに、ようやく「ハロ」がリアルに世の中に現れる時代が来ましたよ。手足が伸びる、歩き回る、飛び回るは出来ないにしても、会話ができるようなものはできそうだよねとかねてより思っていましたが、それがようやく実現する時が来ました。
まさに「頭脳」とも言えるAI部分は「Watson」で実績のある日本IBMが担当、本体部分も「AIBO」のノウハウを継承しているVAIOが担当するという事で、結構期待が高まります。

続きを読む "ハロ、AI搭載で2018年に発売!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

Twitter、文字数制限を280文字にするテスト実施

Twitterは、投稿時の文字数制限を現在の140文字から倍の280文字へ拡張するテストを行うことを発表しました。
#元記事はこちら
ただし、日本語、中国語、韓国語は対象外

Twitterによると、各言語の“密度”の違いにより、英語など140文字で情報を詰め込むことが難しい言語ではツイート回数が少ない傾向にあり、また一方、文字数に余裕がある言語ではツイート回数が多い傾向が見られるそうです。
例えば、日本語ツイートのうち140文字に達しているのは全体の0.4%程度であるのに対し、英語は9%と大きな差がついているそうです。また、日本語ツイートの大半が15文字程度であることに比べ、英語では34文字と多い傾向になっているそうです。

日本語、中国語の場合は「漢字」という表意文字がありますからね、その為少ない文字数でも伝わるというのはありますね。一方、英語圏と言った表意文字が無いところはどうしても多くの文字数を使うことになりますね。そのため、英語圏では色々と工夫をこらして投稿したりしてます。有名なところでは"to"を"2"、"for"を"4"にするとかですかね。まあ、これはUNIXで古くから使われている手法ですけど(変換系のコマンドで「~2…」みたいな名前のコマンドなんかで使われてますね)。

さて、テストは4~6週間かけて行われるそうですが、この結果を踏まえて文字数を拡張する場合は、言語圏に関わらず拡張するんでしょうかね?まあ、あまりローカライゼーションするようなものでもないしなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧