ニュース

2018年9月19日 (水)

プレイステーション・クラシック

ソニーの民生型ゲーム機「PlayStation」。今ではブルーレイディスクプレーヤーを搭載した「PlayStation 4」まで出ていますが、初代PlayStationを若干小さくした復刻版、「プレイステーション・クラシック」が発表されました。発売予定日は2018/12/3、販売予定価格は9,980円。
#元記事はこちら

初代プレイステーションを外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトにして復刻。寸法は約149×105×33mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約170g。かなり小さくなってますね。奥行きがCDよりも小さくなってます。
ソフトは内蔵式で、「R4 RIDGE RACER TYPE 4」、「JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻」、「鉄拳3」、「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」、「ワイルドアームズ」などの人気タイトル20作品を収録する予定。
コントローラー2台、HDMIケーブル、USBケーブルなどを同梱。本体にHDMI出力を備え、720p/480p、音声はリニアPCMで出力。電源はUSB給電で、市販のUSB対応ACアダプタが使用できるようになるそうです。

任天堂が「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を出して以降、SNKも「ネオジオ・ミニ」を出したりと、家庭用ゲーム機のダウンサイジングされた復刻版が続々登場していますね。しかも、当時人気のあったタイトルを内蔵してのリリース。今のゲーム、おそらく携帯ゲーム機版のゲームよりも完成度が低いであろうゲームがまた受け入れられるというのは、懐古主義というか、「時代は巡る」というか。
#「ハイスコア・ガール」が作られたから再燃してるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

Googe Inbox、2019年3月で終了

Googleが2014年から提供してきたメールサービス並びにアプリである「Inbox」が、来年2019年3月にサービスを終了することが発表されました。
#元記事はこちら

GoogleにはGmailというメールサービスとアプリがありますが、Eメールの改善・進化について、さまざまな試みを為すために、新たなサービスや機能を積極的に実験する場として、Inboxを作りました。実際、Inboxで培われた技術やサービス、機能などは、後に、Gmailへとフィードバックされたりしています。
(例えば、メールのスヌーズ、自動提案、カーソルキー操作、スマートリプライなど一部の機能)
これからは、より重点的なアプローチをとるためとして、Inboxを廃止して、Gmailへ一本化するとのことです。

これに伴い、GoogleではInboxからGmailへ戻れるよう、移行ガイドの提供も開始しました。終了まで半年を切っていますので、Inboxを利用されている方は、余裕を持ってGmailへ移行するようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

漫画家さくらももこさん、逝去

人気アニメ、漫画の「ちびまる子ちゃん」の作者であられる、漫画家さくらももこさんが、去る8/15にお亡くなりになられました。享年53歳。

死因は乳ガンだそうです。
ご自身の幼少期の体験を題材に描かれた「ちびまる子ちゃん」や「メルヘンの国」を舞台にシュールな世界観を描いた「コジコジ」といった作品がありました。1984年に漫画家デビューして、今年で34年目だったんですね。
しかし、あまりにも早すぎる死ではないでしょうか。まだ53歳、作家としても、これからまだまだ活躍されてもおかしくない年齢での死は、あまりにも無慈悲なものに感じます。

さて、ここで気になるのがTVアニメの「ちびまる子ちゃん」の行く末。現在でも、「サザエさん」や「ドラえもん」、「クレヨンしんちゃん」、「アンパンマン」と、作者不在となった今でも、制作を続けている作品はありますが、「ちびまる子ちゃん」もこうした作品のように続けていくのでしょうか。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

Amazon、分割払いが可能に

Amazon.co.jpは、購入時などの支払いにおいて、分割払いやリボ払いを選ぶことができるようになったと発表しました。利用できるカードは、Visa、Mastercard、JCB。国内で発行されたカードに限られるそうです。
#元記事はこちら
#Amazon.co.jpのヘルプでの該当ページはこちら

分割払いやリボ払いが適用できる商品は、

  1. Amazon.co.jpが販売・発送する商品
  2. 出品者が販売してAmazon.co.jpが発送する商品
  3. 出品者が販売・発送する商品

いずれでも可能となっています。分割可能回数は、3、5、6、10、12、15、18、20、24回になります。また、リボ払いを利用する場合は、予め使用するカードのリボ払い時の支払額を設定しておく必要があります。
分割払いやリボ払いで確定した注文の支払いが完了する前に商品をキャンセルまたは返品した場合は支払い済みの金額がカード発行会社より返金されます。

どの商品でも分割払い、リボ払いが適用できるのですが、下記のケースの場合は分割払い、リボ払いのどちらも適用できません。

  • ご注文金額がご自身の限度額を上回っている場合
  • カート内の商品に37円未満の商品が1点でも含まれている場合
  • American Express, Diners Club, 銀聯カードでのお支払いの場合
  • 海外で発行されたクレジットカードを利用する場合
  • デジタルコンテンツ(Kindleコンテンツ、デジタルミュージックなど)
  • デジタルコンテンツの定期購入(Kindle Unlimited、Amazon Driveのストレージプランなど)
  • Amazonプライム会費のお支払い
  • Prime Nowご注文のお支払い
  • Amazonフレッシュご注文のお支払い
  • Prime Student年会費のお支払い
  • Amazon Pay利用のお支払い
  • 定期おトク便ご注文のお支払い
  • 1-Clickを利用したご注文のお支払い

これまで分割払い、リボ払い(まあ、リボ払いはカード会社に申し込めば後から変更ができますが)が用意されていなかったAmazon.co.jpですが、これで買い物の幅が広がるかなと。特に高額商品の買い物に対しては分割払いができるようになったことは大きいんじゃないですかね。何せ、今までは一括払いしかできなかったわけですから。特に家電製品の購入がやりやすくなったんじゃないですかね。こうなると、家電量販店にとっては驚異になるかもしれませんね。

続きを読む "Amazon、分割払いが可能に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

ペヤングのソース、単品売り開始

「ペヤング ソースやきそば」で有名なまるか食品は、同製品に同梱されているソースのボトル売りを開始しました。
#元記事はこちら

商品名は「ペヤングソースボトル」で、内容量は200ml。気になる味は「ソースやきそば」に入っているソースと同じ味になるとのことで、まさにあの小袋のソースが大量に手に入ると言った感じです。
小袋のソースと同じ味ですので、例えば、普通にソースやきそばを作って、ちょっとソースが足りないなと思ったときに足したりすることができます。また、ソースやきそばに限らず、普通のソース同様にいろいろな料理への調味料としても使うことができます。言わば、どんな料理でも「ペヤング ソースやきそば」の味で楽しむことができるということですね。
ちなみに8/6から関東地方の一部で限定的に販売が開始されていますが、8/27からは全国的に販売するとのこと。全国のペヤングファンの皆様はもう少しお待ち下さい(笑)。

続きを読む "ペヤングのソース、単品売り開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

ゆりかもめ、「船の科学館」駅と「国際展示場正門前」駅の駅名を改称

株式会社ゆりかもめは、路線内にある「船の科学館」駅と「国際展示場正門前」駅、2駅の駅名を改称することを発表しました。
#元記事はこちら。ゆりかもめの発表はこちら

改称する時期は2019年の3月頃で、改称後の駅名は「船の科学館」駅が「東京国際クルーズターミナル」駅、「国際展示場正門前」駅が「東京ビッグサイト」駅となります。
「国際展示場正門前」から「東京ビッグサイト」への変更は、首都圏外の方が来たときにわかりやすくなりますかね。でも、「船の科学館」が「東京国際クルーズターミナル」というのは、いまいちピンとこないな。何せ、この駅から「船の科学館」は目と鼻の先なので、今のままが通りがいいように思うのだが。先々、このあたりの港湾を、文字通り、国際的な海路の中継点とするのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

「機動戦士ガンダム」、ハリウッドで実写化

1979年に日本でTV放送を開始し、来年で40周年を迎える「機動戦士ガンダム」。1994年からは宇宙世紀を離れ、様々な時間軸での作品が展開され、今もなお人気の高いコンテンツとなっていますが、制作会社のサンライズは、6日、米国の映画会社LEGENDARYと「機動戦士ガンダム」シリーズの実写映画を共同開発することで契約を締結しました。
#元記事はこちら

詳細についてはまだ決まっていないようですが、2018年になって、LEGENDARY制作の「パシフィック・リム: アップライジング」や、スティーブン・スピルバーグ監督作品「レディ・プレイヤー1」にも登場しているので、こうした動きがあってもおかしくはありませんね。
とはいえ、かつて、2000年に「G-SAVIOUR」という作品で実写化されたことがあったのですが、惨憺たる結果となってしまいましたね。モビルスーツはこの時にもCGで描かれていたので、まあ良かったのですが、キャラクターがオール外国人(当たり前のことですが…)ということでかなり違和感がありましたね。それが受け入れられない一番の原因でした(いまだに笑い話のネタにされていますし)。

さて、この「G-SAVIOURの悪夢」を乗り越えることができますかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

桂歌丸師匠、逝去

落語家の桂歌丸さんが7月2日午前11時43分に慢性閉塞性肺疾患のため、お亡くなりになりました。81歳。

日本テレビの「笑点」に50年間出演し続け、平成18年から10年間、第5代目司会者も務めました。

平成元年には文化庁芸術祭賞、平成19年には旭日小綬章を受賞。平成16年からは、落語芸術協会会長を務められました。
晩年は、肺炎などで入退院を繰り返しながら高座に上がられ、今年4月19日の国立演芸場定席が最後の高座となりました。最後の演目となったのは「小間物屋政談」。
7月11日にお別れ会を執り行うそうです。

やはり「笑点の顔」でしたね。大喜利においては、他の噺家さんとの罵り合いのような掛け合いが印象に残ってますね。古くは故四代目三遊亭小圓遊さんと、近年では三遊亭楽太郎(現六代目三遊亭円楽)さんとの掛け合いは面白かったですね。単なる悪口ではなく、そこは噺家、ウィットに富んだ痛烈な返しが面白かったです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

「しんちゃん」の新しい声に小林由美子さん

今月1日に、急遽「クレヨンしんちゃん」の降板を発表した矢島晶子さん。その申し出を受けて、後継者が誰になるのかが気になっていたところですが、新たな「しんちゃん」の声に小林由美子さんが当てられることが発表されました。
#元記事はこちら
テレビ朝日は小林さんを起用した理由について、
これまでさまざまな男の子を演じてきた実績を踏まえ「明るく、真っすぐ、素直に、そして自然に演じて頂ける」
と述べております。
小林さんは少年役から女性の役まで幅広く演じられていますが、少年役でいくと、近年では、「エリアの騎士」の逢沢傑(幼少期)、スーパーロボット大戦OGのリョウト・ヒカワ、イナズマイレブンの霧隠才次などを演じておられます。
小林さんのしんちゃんが活躍するのは7月6日放送分からとなります。新「しんちゃん」がどの様になるのかが楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

富士通、小学生向けに14型ノート

富士通クライアントコンピューティング株式会社は、MVブランドより、子供向け14型ノートPC/2in1「LIFEBOOK LH」シリーズ2製品を、7月26日より発売すると発表しました。
#元記事はこちら
発表されたのは、クラムシェルノートの「LH35/C2」とタッチ対応パネル/アクティブペン対応の「LH55/C2」の2モデル。店頭予想価格はそれぞれ7万円強、9万円強。商品コンセプトとしては「安心」、「育てる」、「楽しい」を掲げています。
「安心」面では手前に教材が置かれることを想定した14型という大きさ(視認性確保)、タッチパネルへの旭硝子製強化ガラス「Dragontralil」の採用(LH55のみ)、落下時の衝撃を緩和するラバー素材を天板外周に配置、天板前面加圧200kgfの耐圧性能、シールなどが貼られることを考慮した塗装レス仕様、いつもアシスト「ふくまろ」による見守りユーティリティ、マカフィーリブセーフによるWebフィルタなどのペアレンタルコントロールの提供となっています。
「育てる」面では、ローマ字表や子供向けマニュアルの添付、ペン対応(LH55のみ)、課題学習などに使える背面カメラの搭載、子供向け教育サイト「FMVキッズ」などを用意。
「楽しい」面では、道具箱をコンセプトとした専用キャリングケースの同梱、遊びながら学習できる「プログラミングナビ」を標準搭載します。
共通仕様は、Celeron 3865U(2コア/1.8GHz)、DDR4-2133メモリ4GB、128GB SATA SSD、OSはWindows 10 Homeを搭載。インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0、HDMI、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、Gigabit Ethernet、SDカードリーダ、約92万画素前面/約500万画素背面Webカメラ、音声入出力を備えます。
また、タッチ対応パネル/アクティブペン対応の「LH55/C2」は360度回転式ヒンジを採用することで2in1として利用でき、タッチ操作と付属のアクティブペン(Microsoft Pen Protocol、1,024段階筆圧検知)でのペン入力に対応します。
本体サイズは338×247×24.7mm(幅×奥行き×高さ)。重量はLH35が約1.75kg、LH55が約1.93kg。

続きを読む "富士通、小学生向けに14型ノート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧