ニュース

2022年6月29日 (水)

Vim、約6年振りにメジャーバージョンアップ

Unix/Linux環境で幅広く使われているテキストエディタ「Vim」。そのVimが、2016年の9月以来、約6年の年月を経て、最新バージョン「Vim 9.0」をリリースしました。
#元記事はこちら

今回のバージョンアップの大きな「目玉」は、Vim内で実行されるスクリプト言語「Vim9 Script」の実装でしょう。
Vimには機能を拡張するための独自言語「Vim Script」が内蔵されています。数多くのライブラリが公開され、これもまた、Unix/Linux環境で幅広く使われている要因でもあります。この「Vim Script」、バージョンを重ねるたびに機能を追加されているのですが、後方完全互換(前のバージョンの機能をそのまま使えるようにする)で進化してきました。しかし、現在の観点では望ましくない実装も含まれており、それがスクリプト機能の発展を阻んでいるとされていました。特に、パフォーマンスの面では深刻で、スクリプトを1行1行、逐次翻訳して実行するので、実行速度に「難」がありました。また、構文や文法が、現在主流のプログラミング言語と大きく異なるため、最近プログラミングを始めたばかりの人(特にWindows、Macといったビジュアル環境が整った環境から始めた人)がVimを使うにあたり、「壁」となるという事態も出てきました。
そこで、「Vim9 Script」では、100%の後方互換を諦め、性能向上と文法のモダナイズに焦点を当てて一から作り直しました。まずパフォーマンスの面での改善ですが、これまで1行ずつの逐次翻訳実行であったものを、バイトコードにコンパイルしてから実行するように変更されました。これにより、逐次翻訳実行ではなくなったため、大幅にパフォーマンスを上げることが可能となりました。
文法面においては、モダンなスクリプト言語の文法に沿うような形となり、Vim初心者でも学習コストがあまりかからないようになりました。例えば、関数の定義は、以前は"function"で定義していましたが、"def"で定義するようになりました。また、引数や戻り値に「型」を規定することにより、コードミスを早期に見つけることを可能としました。また、関数定義が複数行に渡って書かれる場合、以前は行末に行継続文字(半角の園マークまたはバックスラッシュ)を付ける必要がありましたが、これを無くしました。加えて、コメントの文法を、他のスクリプト言語で馴染みのある"#"以降をコメントとする文法に改めました。
なお、「Vim9 Script」は後方完全互換ではなくなりましたが、以前のバージョンで書かれたスクリプトは「Vim 9.0」でも実行可能とのこと。数多くの「資産」がありますので、それが活かせるのは喜ばしい限りです。

歴史あるテキストエディターが、ここに来てまた「進化」しました。Vimも慣れれば、かなり使い勝手のあるテキストエディタなんですよね。何せ、フルキー側から手を離すことなく、色々な操作ができるので(あまりにも洗練されたキーバインドなので、他のテキストエディタでもviモードを持つくらいですから)。これを機に、今までVimを使ったことが無いプログラマも、Vimに触ってみるのもいいかもしれませんね。

続きを読む "Vim、約6年振りにメジャーバージョンアップ"

| | | コメント (0)

2022年6月27日 (月)

音楽業界に訃報

本日は音楽業界で2つの訃報が届きました。

1人目は歌手の葛城ユキさん、2人目は作曲家の渡辺宙明さん。

まずは葛城ユキさん。葛城さんは、本日6月27日の午後2時16分、腹膜がんのため都内の病院でお亡くなりになりました。73歳。
去年の4月にステージ4の腹膜がんが発見され、同年5月から治療を行なっていました。先月17日には、ユニットコンサートに出演し、ステージ復帰を果たしました。
先月にステージ復帰を果たされていたということで、今回の訃報は本当に「驚き」の一言に尽きます。

続けて渡辺宙明さん。渡辺さんは、6月23日の午前に心不全のためにお亡くなりになりました。96歳。
渡邊さんと言えば、数々の作品の劇伴やテーマ曲の作曲をされました。「マジンガーZ」、「人造人間キカイダー」、「宇宙刑事」シリーズに始まる「メタルヒーロー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズなど、数多くの作品の音楽に携わっておりました。90歳を過ぎてもなお、精力的に作曲活動をされ、昨年のスーパー戦隊作品「機界戦隊ゼンカイジャー」の劇伴を、1982年作品である「大戦隊ゴーグルファイブ」以来、39年振りに担当されました。

どちらも生涯の最後まで音楽業界に尽力されましたね。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | | コメント (0)

2022年6月22日 (水)

サントリー、「ビアボール」新発売

サントリーは、炭酸水で作る自由なビール「ビアボール」をこの秋に発売します。
#元記事はこちら

「新しいビールの文化を作りたい」という思いから創出された、新たなカテゴリーの飲料となります。「自分で作り出す」という、これまでのビールには無かったタイプの商品で、氷を入れたグラスに炭酸水、「ビアボール」の順に入れて作り出すビール。サントリーとしては、ビアボールと炭酸水の割合を「1:3」で作ることを推奨していますが、これをベースに個人の趣味や、その時の気分で割合を変えて作るということができる商品です。本当に飲み方は自由で、炭酸水で割ってもいいですし、「ビアボール」のロックでいくのもアリとしています。
発売日は、業務用の中瓶が10月4日、家庭用の小瓶が11月15日を予定しています。

最近の「ハイボール」人気にあやかってか、炭酸水で割るタイプの商品を開発したというところでしょうか。名前も「ハイボール」を連想させる「ビアボール」ですしね。
アルコール度数は、サントリーのビール商品の中では、過去最高となる16%。おそらく、原液の度数でしょうね(割って16%だったら、相当なものです)。何となく「ホッピー」的なところもありますかね。
新たなコンセプトのビール、楽しみではありますね。

| | | コメント (0)

2022年6月14日 (火)

日本最後の「アンナミラーズ」閉店

品川駅の高輪口前にある、日本最後の「アンナミラーズ」である「アンナミラーズ高輪店」が2022年8月31日に閉店することが発表されました。
#元記事はこちら

「アンナミラーズ」は1973年に青山店を第1号店として出店。アメリカ料理とホームメイドパイを提供するレストランチェーンとして、自由が丘、目黒、吉祥寺、下北沢などで、延べ25店舗を展開していました。今回閉店する「高輪店」は、1983年に11店舗目として、品川駅前の京急ショッピングセンター「ウィング高輪」の2階に開店。40年の長きに渡り、「アンナミラーズ」ブランドを世に広めるのに大きく貢献したとされています。
今回の閉店は、品川駅西口基盤整備事業の一環であり、「アンナミラーズ」のみならず、移転対象の店舗と共に退去に同意。それに伴う閉店となります。「アンナミラーズ」としては、「高輪店」と同等の収益が見込める場所を検討中とのこと。

「アンナミラーズ」は一時期ブームになりましたが、やはり「あの制服」がその名を広める一助になっていたでしょう。コスプレ衣装としても作られ、アニメーションでもモチーフにした制服が出たりもしましたね。
なお閉店後も、取り扱っているメニューについてはEC事業での販売も考えられているそうです。

| | | コメント (0)

2022年6月 9日 (木)

テキストエディタ「Atom」開発終了

GitHubは、同社が開発するプログラミング向けテキストエディタ「Atom」の開発を終了することを発表しました。
#元記事はこちら

2022年12月15日に全プロジェクトをアーカイブするそうです。開発を終了する理由としては、「Microsoft Visual Studio Code」と「GitHub Codespaces」による、クラウド環境でのソフトウェア開発の信頼性向上に集中するためとしています。
2015年にバージョン1.0がリリースされ、その後もアップデートが繰り返されてきました。しかし、ここ数年は大きな変更も無く、メンテナンスとセキュリティアップデートが主だった変更となっていました。また、クラウドベースのツールが新たに登場したこともあり、Webブラウザで動作する統合開発環境である「GitHub Codespaces」に注力する方針に替えたようです。

実は昨年末から「Atom」には大きな動きがありました。現在のElectronベースの開発ではパフォーマンスの限界にぶち当たるということで、開発スタッフが再設計をするという話がありました(この記事にも書いてあります)。おそらく、こうしたことも背景にあるのではないかなと思います。
「Atom」ユーザーには、廃止日となる12月15日までに代替案を提示するとのこと。後継エディタの登場が全くもって未定ですので、おそらく、アドビが「Brackets」終了時に「Visual Studio Code」への移行を促したのと同じようにするのではないかと思います(似た系統のテキストエディタですし)。
「Atom」のユーザーの方々は、移行の準備を始めた方が良いと思います。

| | | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

サンワサプライ、オートフィルムスキャナ「400-SCN061」

サンワサプライは、最高7,200dpiでフィルムを自動でスキャンできるフィルムスキャナ「オートフィルムスキャナ 400-SCN061」を発売しました。
#元記事はこちら

パソコンに接続して使用するタイプのフィルムスキャナ。CCDセンサー搭載で、最大7,200dpiの48ビットスキャンに対応します。
使用にはパソコンに専用のソフト「QuickScan Plus」をインストールし、パソコンと本体をUSBケーブルで接続。対応OSはWindows 11/10/8.1/8/7、またはmacOS 12/11/10.12~10.15。
使い方は、パソコンと接続したら本体の電源をON。ネガまたはポジの35mmフィルムのストリップまたはマウントをセットしたフィルムホルダーを本体に挿入。ソフト側でフィルムの種類などを設定し、本体の「スキャン」ボタンを押してスキャンを開始します。スキャン速度の目安は、カラー/傷補正機能を有効にした場合、600dpiで約52秒。3,600dpiで約6分、最大の7,200dpiで約25分でスキャンが完了します。同時スキャン数はフィルムストリップで6枚、マウントフィルムなら4枚までが可能となっています。
画像のファイル保存形式は、JPEG/TIFF/PNG/Windows Bitmap(BMP)から選択可能。階調は、カラーの場合は48ビットまたは24ビット。グレーの場合は16ビットまたは8ビット。
取り込みソフトである「QuickScan Plus」では画像補正が行なえ、自動補正で色味を調整できるほか、「傷ゴミの除去」を有効にすれば、ゴミやほこり、傷の補正機能も使用可能となっています。

デジタルカメラが隆盛の今、フィルムで撮影する機会が昔と比べるとグンと減っていますが、昨今、にわかにフィルムによる撮影も人気が高まりだしています。一度は製造が止まったフィルムも、復刻販売されてきていますね(値段は昔に比べれば倍近くになっていますが)。昔撮ったものもそうですが、昨今、フィルムで撮影した写真をデジタル化する上でも、持っていても損はないかなと。
このスキャナ、かつてキャノンが出していたフィルムスキャナとほぼ同等の機能とパッケージングなので、写真関連ではないメーカーが出している製品としては、かなり本格的な部類に入るかと思います(値段も59,800円と、スキャナの中では高額な設定ですし)。ただ、スキャン開始がソフト側でできないのかが気になるかな。

| | | コメント (0)

2022年5月25日 (水)

コクヨ、「6年未満保証ランドセル」を販売開始

コクヨは、ランドセルの保証期間を通常より短くすることで、リーズナブルな価格で購入できる「6年未満保証ランドセル」の販売を、公式オンラインショップ「コクヨショーケース」にて販売を開始しました。
#元記事はこちら

コクヨによると、ランドセルの主な原料である合成皮革は耐用年数が決まっており、6年の耐用年数を保証できないものは破棄していたそうです。言い方を変えれば、それだけコストがかかるので、それが価格に反映されていたということですね。逆の言い方をすれば、「6年」という保証期間を短くすることで、廃棄予定であった製品を活かすことができるわけでして、数を揃えることが可能となるため、価格を抑えることができるということです。実際、買い替えを検討していたが、1,2年程の使用のためには高価過ぎるとの声も消費者から届いていたそうです。そこで、海外からの転居や損傷したランドセルの買い替えといった、6年よりも短い期間での使用を前提としたニーズに応えるために、今回の商品が考案されたとのこと。
先述の「コクヨショーケース」では、豊富なカラーバリエーションの「6年未満保証ランドセル」を販売中で、商品には「2025年3月まで」とか、「2027年3月まで」といった保証期間を明記して販売しております。今回の取組みについて、コクヨは

さまざまなライフスタイルに寄り添い、選択の自由度を高めます。

としています。

続きを読む "コクヨ、「6年未満保証ランドセル」を販売開始"

| | | コメント (0)

2022年5月14日 (土)

オンキョー、自己破産を申請

オンキョーホームエンターテイメントは5/13、大阪地方裁判所に破産手続きを申し立て、開始が決定したと発表しました。
#元記事はこちら

負債総額は約31億円。事業売却等で回復を図ったようですが、いずれもタイミングが悪く、現状打開には繋がらなかったようです。米VOXX Internationalとの協議のうえ、2021年6月に売却が決定しましたが、コロナ禍の影響で手続きが遅延。同年9月に売却は完了したのですが、この3か月の遅延により固定費等で債務が発生。解決が見込めなかったため、オンキョーマーケティングやオンキョーサウンドなどの一部を除く子会社や事業を売却することで解決を図りました。しかし今度は半導体不足の影響で、残る2社も事業継続が困難となり、2022年2月に事業を停止。資金繰りが悪化し、債務の完済ができなくなったことから、今回の破産手続きへ繋がったようです。

オンキョーと言えば、その名の通り、日本では音響機器の老舗でしたので、音響事業の売却のニュースが出た時には驚きましたね。また、パソコン業界でも、PC向けスピーカーやサウンドカードも好評を得ていました(ゲーム向けならサウンドブラスター、音楽向きならオンキョーのWAVIOとも言われてましたね)。
どこか、国内の企業で引き取って継続してもらえたらねと思いますね。

| | | コメント (0)

2022年5月13日 (金)

Google、初のスマートウォッチを発表

Googleは米国時間の5/11、Google I/O 2022の基調講演において、自社ブランドのスマートウォッチ「Pixel Watch」を発表しました。
#元記事はこちら

最新のWear OSを搭載したモデルで、円形のドーム型デザインで、リサイクルされたステンレススチールによるケースとリューズを備えたデザインとなります。Fitbitによるフィットネス機能を統合し、アクティビティや心拍などの計測に対応します。その他、Googleマップ、アシスタント、Walletも備えます。

ついにGoogleもスマートウォッチのハードそのものを出します。搭載している「Wear OS」はGoogle製で、OSは他のメーカーに提供していたわけですが、それも含めたパッケージとしての販売は「初」となります。ライバルともいえるAppleがApple Watchでシェアを着実に伸ばしているところで、「本丸」が満を持しての参入となります。
あまりスペックが公表されていないので、どのようなモデルになるかがわかりませんが、まずは汎用的なモデルになるんでしょうかね。

| | | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

Twitter、「おとなの使い方マニュアル」公開

Twitter Japanは、近畿大学総合社会学部社会・マスメディア系専攻金井啓子ゼミと共同で、新成人や大学生に向けたTwitter活用の手引き「大学生と作るTwitterおとなの使い方マニュアル」を公開しました。
#元記事はこちら

これは、成人年齢がこの4月から18歳に引き下げられたことから、今春大学に入学した新1年生も成人となることから、

成年に達すると自分の意思で行動できる範囲が広がると同時に、社会への責任も伴うようになります。

との考えの下、現役の近大生のリアルな声を元に、今回のマニュアルを作成したそうです。

マニュアルは、

  1. コミュニケーションを楽しもう
  2. 信頼できる情報に出会おう
  3. 安心・安全は自分でも管理
  4. ほかのユーザーとトラブルになったら
  5. Twitterのことをもっと知ろう
  6. 大学生のリアルTwiiter生活

の6つの章からなり、実践的な情報をコンパクトにまとめられているそうです。

このマニュアルはTwitterの公式ブログの記事:大学生と考えた「Twitterおとなの使い方」マニュアルを発行しましたにアップされています。目を通してみましたが、「おとなの使い方」と題しているだけあって、新成人に限らず、今現在でもTwitterを利用している人も(成人、未成人問わず)読んでみた方が良いと思います。
このマニュアルをダウンロードして、ハンドブックとして活用されてみてはどうでしょうか。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧